スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩手山

四年越し、念願の岩手山なんだ!

この頭痛をなんとか押さえねばっ。。


夜中出発の睡眠不足のくせに
早池峰山で調子をこいてしまったせいか、その夜に頭痛が激しくなる。

貧血かもしらんので鉄分補給をし、
頭痛薬を飲み、早々に休む。


翌朝、頭痛の種はなんとなくあるが、
これなら行けそう。

無理のないペースでゆっくり確実に
登ろうな、ほい。


今回は上坊コースから。



宮沢賢治が何度も何度も登ったという
岩手山、森がとても深く
そして、なかなかにデカいです。

きのこが朝露でキラキラ。。




きのこもケルンも、周りに存在する
何もかもを擬人化したくなります。





想像していた以上の緑深い森だ。



し、、、
シラネアオイ???
違う?



ええっと。。



あぐぅ。。



「花の名前も覚えないくせに、
写真を撮る資格が云々。。」
とクレームを受けるが、

花の名前など
何やってええんや、
わてはデザインに興味があるんや、
と中途半端な関西弁で思いながら
標準語で言い訳をする。

そのバチが当たったのか、
次の写真はカッパが乗り移ったかのような頭になっている。



カッパって、こうやって生まれたのかな。


1ミリくらいのカメムシのような形の虫を発見。
図鑑で調べたらアカケダニとの事。
かわいいダニだ。

これ、潰したら絶対赤いぞ。
試してみたいけど、可哀想だから
やめとく。



そして、残雪。

今回は日差しも強い季節なので、
さぞかし暑いだろうと予想していたのだが、意外に涼しい。
特に、こういった残雪のある場所などは
とても冷たくいい風が吹いてくる。
快適。



ここらはやっと春が来たようです。



判りにくいが、手前の木は桜。
やっと咲いたみたいです。



だんだんと森林限界に入り
岩手山の頭が見えてきた。







空が綺麗だ。



もうすぐで避難小屋。



避難小屋到着。
なかなかに立派で綺麗な避難小屋だが、
ハエちゃんがそこそこ発生していたので、中には入らず外で少し休憩。




山頂は見えているが、コースタイムは
あと40分。
しっかりエネルギー補給だ。

この季節、ほんとに山は華やかだ。



さて!行くぞっ!!




足下に見えるは御釜湖と御苗代湖。
山上湖萌えにはたまらん。



いかにも火山らしいザレた登山道を
登っていくと、間も無く山頂が
見えて来た。

あっ!御釜の中にカモシカっ!!
写真を撮る暇がなかった。。残念。



そして。。。到着!


岩手山、2038m。

賢さんーー!!!
私ねー、やっと来たよー!!!
やっとここで会えたねーっ!!!



あ、看板二つある。

もう一個いっとこ。



山頂はアブ?がわき始めているので、
休憩はさっき取ったしだな、
まずお鉢巡りをしよう。




石が赤い。




御釜の中に小山と神社有り。

なんだか厳かな雰囲気。



全然疲れてません。
小走りできます。
しかも、、頭痛が治ってる!!






トレランおじさんが御釜を四周しておりました。ナイス高所トレーニング!

あ、シーサーみたいだ。




そして、下りるのがもったいないのですが、そういう訳にもいきません。。

しぶしぶ下山。。

避難小屋まで戻り、焼走り登山口への
分岐点、ツルハシ別れからは
仲間と別れる。

ここからは単独に。

何故なら、、
コマクサを見たかったから。

上坊コースとはまた違った雰囲気の
道になり、比較的歩き易い印象。

砂の上を滑るようにズルズル歩けるので
楽チンです。

そして、コマクサの群生地。
見頃です!




展望もいい。
焼走り溶岩流と、
陸自の演習場の延長上には
美人の姫神山。

全て、賢治の作品に出てきます。

自分が岩手山になったつもりで、
姫神山、ヒームカさんに
見惚れております。

ひとりぼっちなもんで、
私、ファンタジーモード全開です。




とは言え、上坊コースよりも
焼走りコースの方が下りが長いので
あんまりのんびりもしていられません。

車を回して貰うので、急がねば。



途中、少しゴワゴワした道も出ましたが、後半は滑らかなハイキング仕様。

やはり確実にこっちの方が歩き易い。。

ああ、もうすぐで終わってしまうよぅ。。



いよいよ道が平らになってくれば
溶岩流がすぐ脇に見えてくる。




焼走り溶岩流から岩手山を眺める。
圧巻!!




そんなこんなであっという間に
焼走り登山口へ到着。

あぁー
終わってしまった。。

楽しかった!!!!
岩手山、ありがとう!!!




そして、、、
お腹空いたー!!!


岩手に来たらやっぱりここですわ。




安くて美味い!
まるやす食堂!

そして、震災以来、
久しぶりの、大沢温泉自炊部へ!
スポンサーサイト

早池峰山

梅雨時ですが、
三日間の休みは岩手三昧!

梅雨はやっぱり東北です。

夜中出発の為、
寝不足ですが、、、
テンション上がるわー!



岩手初日は宮沢賢治の童話、どんぐりと山猫の舞台となった、早池峰山。

麓のトイレ近くにこんなのがあります。



携帯トイレは河原坊駐車場の無料休憩所にて無人販売しております。
一個350円。





10時スタート。



渡渉有り、と聞かされビビる私。
ガイドブックには書いていないので
油断してました。。

が、水量が程よい感じだった為、
靴がびしょ濡れになる事は無く、
快適な沢沿い歩き。



この沢を何回か渡り返しつつ、
どんどん高度を上げていく。



うーん。。
山頂がガスの中だ。。

と、思いつつ頑張って登っていると、
だんだんガスから抜けてきた!
いい感じだっ!



沢がどんどん細くなるにつれ、
高山植物のお花畑が華やかになってきた。
大好きなハイマツもたくさん。

緯度が高いので標高が低い山でも
高山植物が見られます。






いやあー、いい山だぁ。
楽しいなぁ。。



うおっ!!
すごいロープ場だっ!!



と、見せかけて、




実は全然寝てる岩場。
しかも、右側の道を歩いた方が早いような。。
謎のロープ場でした。


うおっ!!

これが噂のハヤチネウスユキソウ!
早池峰山の固有種で、ここでしか見られない高山植物だそうです。




植物にうとい私が見てしまうのも
なかなかに申し訳ない。






うおっ!!
すごい鎖場だっ!
と、見せかけて、
その手にはひっかからないぜっ!

と、思いきや、まぁ、
普通にちゃんとした楽しい鎖場でした。



そんなこんなで少しがれ気味だったり、
岩場だったりを登り詰めると






ピークに到着。12時。

早池峰山、1913.6m。







山頂は広く、早池峰神社奥宮と
避難小屋があり、避難小屋の横に
携帯トイレを使えるトイレがあります。

山頂にも携帯トイレは売っており、
じゃ、ここで買えば良かったなぁ、
と、後悔しますが、
どのみち早池峰のネーム入りなので、
プレミアム感があるから許す。

というか、プレミアム感があるから
使うのがもったいないから
我慢する。

雲は多めですが、流れは早い。
いい青空!



20分の休憩を取る。
お土産で貰ったヨイトマケ、最高。

さてと、下りますか。

お田植場もお花畑。
空中庭園です。






小田越コースから下ります。

登りのコースよりも緩やかなので
こちらの方が膝に優しいです。



目の前の薬師岳が見えた。

こっちはなめらかでやにゃっこい
緑や茶色の蛇紋岩、
ツルツル滑りやすい岩質で、
あっちはフリクションのいい花崗岩。

お隣同士の山なのに
植生も岩質も全く違うそう。
あっちも楽しそうだなぁ。





そんなこんなで、やたらとお花の写真を
撮っているが、名前はわからん。

樹林帯に入れば間も無く小田越登山道入り口。



13時40分。




ここからは車道を歩き河原坊駐車場へ戻る。

いつもだと車道歩きはそんなに楽しいものではないのだが、早池峰山が見えるのと、どんぐりと山猫のお話をリンクさせて想像しながら歩いてみれば、
それもなかなかにおつなものでして。


早池峰山、また来たい。。








素敵な山でした!




賢治さんの旅2010 姫神山

9/21日は宮沢賢治の命日でした。

と、いう事で、賢治祭に参加すべく!!というガラではなく、
人が多い場所は苦手なので、
自分なりに賢治さんの命日を感じようと無計画に岩手に行く事に。

その前に、、、
寄り道をし、「ほんとうの空」の下にある滝の上流へ。

adatarataki.jpg adatara.jpg

この川自体に温泉が流れているので、入るつもりで来てみたが、
この日は気温の割にお湯がぬるく、、。
初日から風邪をひいている場合ではないのと、
もう少し上流だと温度はいいだろうけれど、
「有毒ガス発生、この付近立ち入り禁止」という看板が気になり断念。

予報は雨だったが、ギリギリセーフで青空と萩の眺めも美しい。




そして青空に気分をよくしつつ岩手に入るも、やはり降って来た。
雨女効果出てます。

そんな雨降らしな私の今回のメインイベント。
これをやるためにはるばるやって参りました。
初めての遠征登山。

himestart.jpg himekamituki.jpg

姫神山、賢治言うところの「ヒームカ」さん登頂。1124メートル。

岩手山との夫婦伝説があり、カンラン岩で出来た山。

賢治作品に岩手山、早池峰山と共によく名前が出て来ますが、
「楢ノ木大学士の野宿」の中では、他の山から
憧れのマドンナのような扱いを受けたりと、
とても気品あふれる美しい山です。


いざ、頂上を目指し歩き始める。
登り始めは天気も悪くなく、青空も見え隠れしていたが、
やっぱり降った。そりゃ、降るさ。

6合目辺りから傘を差しつつ歩く。
林の中はこのくらいの雨ならダメージは少ない。
が、、徐々に雨足が強くなり不安になってきた。
この雲が通り過ぎるまでの辛抱です。

八合目辺りから巨岩が現れ始め、この頃やっと雨が上がる。
山頂直下ではドデカい花崗岩の岩場になる。

実は元々、早池峰山に登るつもりだったが、天候不良のため危険と判断、
という事で、姫神山に変更。
時間も短くかなり楽な山ですが、岩場があるためちょっとした冒険気分を味わえた。

himetop.jpg

山頂に居た地元の方としばらく話す。
岩手訛りの言葉が気持ちいい。。。


そうこうしている間にガスの流れが早く時々途切れるので、
下界や岩手山が姿を現した。
賢治さんが見せてくれていると思う。

iwatesankumo.jpg

こわ坂コースで下山途中、夫の岩手山が見える。
立派な光の雲の帽子です。
姫神山と雲で繋がっているのが運命的で感動。

が、この時すでに、先ほどの雨で濡れた登山道で
ずるずる滑り転け、泥だらけになっています。

iwatesanatamakakure.jpg iwatesanatama.jpg

岩手山の表情は刻一刻と変わり、頭は見え隠れ。

ヒームカさん、とてもいい山でした。


翌日。

雪の無い岩手に来るのは初めてで、
八幡平が閉鎖されておらず、トレッキングのできる季節なので、
ちょっくら歩いてみたいわね、
と、八幡平に向かうもガスに包まれて何も見えず、
どうしていいか解らずとりあえず松川地熱発電所へ。
tinetu.jpg

偶然居合わせたスーツ姿のどこぞの視察団に囲まれ、地熱発電の資料映像を見る。
すごいぞ、火山。

それにしても気温12度。
松川温泉に入るも、湯冷め。。
花巻に向かう事に。

ちょいと足を伸ばし、釜石線の走るめがね橋へ。
偶然にも電車が通過。
meganetore.jpg

ジョ、、、ジョバンニー!!!と叫ぶ。心の中で。

市街に戻り、身照寺へお墓参りに。
夜の墓場はしんとしており、
よりいっそう粛々とした雰囲気です。


そして、賢治ゆかりの大沢温泉へ。

osawagenkan.jpg



いつか行きたい、できれば泊まりたいと思っていた大沢温泉。
聞くと自炊部の部屋に空きがあるという事。
宿も決まっていなかったので、ちょうどよかった。。
入部決定。
かなりの興奮を覚えながら、湯治客で賑わう自炊部の部屋へ。

初めて見る、ガスの自動販売機。
gasujihanki.jpg
10円で8分間ガスが使えます。
jisuibeya.jpg sentakuba.jpg
共同自炊室と洗濯室。
売店は食品や洗剤、いろんなものが揃うので、手ぶらでふらりと来ても
全く困りません。

賢治も入った露天風呂は混浴なので諦め半分でしたが、
週に一度の女性専用タイム20時~21時に当たり、かなりのラッキー!!
ここでまたテンションはマックスに。

とは言え、すぐ近くにある曲がり橋やら、真ん前の男風呂から丸見え。
まあ、旅の恥はかき捨てという事で、どうぞ、見て下さいってなもんです。


oosawaberanda.jpg


ベランダつたいにお隣さんの気配も感じられ、長屋気分。

築200年の建物を基本に、改築増築で迷路のようになった造りがまた、たまらず。
館内を歩き回る。
と言うか、迷う。

木の中に精霊が宿っていそうな雰囲気。
絶対、居ます。座敷童が。
居ます、、、座敷わらし、、座敷ぼっこ、、ぼっこ、、ぼ、、、。おやす、。



朝、土砂降り。寒い。

私にしては珍しく、朝風呂にも行く。
朝風呂3カ所を回り、お肌つるつる。

もう一泊したいよう、、もう一泊したいよう、、
と、じたばたしつつも、チェックアウト。

賢治の生家に行き、前回フラれた「蔵」へ。

kura.jpg

感じのいい店員さんとお話。
岩手訛りが心地いい。
賢治グッズを購入。


前線を引き連れて東京に戻る。
なので東京は土砂降り。
すごいな。妖怪あめふらしだな。


最後に岩手の山にあった道路標識を3つ。



横断注意ですが、すでにこれ、タヌキ、
轢かれてますので、横断できませんね。
tanuki.jpg


koara.jpg
コアラ、居ません。


このクマ、、足、完全に捻っちゃってるからね、
苦悶の表情が痛々しいから。
歩ける状態じゃないから。
のどちんこ、逆だし。

kumakanban.jpg

岩手最高。

nametoko.jpg
































プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。