スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花火大会

いや~、すごかった~。道行く人の多さったら。
せっかくの花火大会の日なので、私も浴衣でライブやる事にしたんですけど、浅草は浴衣の洪水でしたね.自分も含めてね。
浅草ビューホテルは、花火が見える絶好のポイントですので、随分前から予約でいっぱいでした。ちゃんと臨場感が出るように、スピーカーから花火の音も聞こえるようにセッティングがされていたし、お客さんは大喜びのようでした。
来年もこういった感じで営業されると思いますので、今年を逃してしまった方は、ぜひいらして下さい。
浴衣の話になりますが、自分で着付けしたんですが、1時間くらいかかって、汗だくになって、やっときれいにまとまりました。で、あわてて家を出たのですが、ふと、、、(あれ?襟の合わせ、逆じゃない、、?)と急に不安が、。もし、逆だとしたら、大変です。もはや、死装束ですから、、。すっごい、あせってだんだん手がワナワナしてきました。結局、道行く人の浴衣を確認したところ、正解だったので、ほっとしたんですけど、。
祭りの夜に、独りで死装束なんて、気味が悪いですから、、。あ~、よかった、、。ちゃんちゃん。
スポンサーサイト

あり得ない間違え方

私、よく歌詞を間違えます。
英語の歌詞ならいざしらず、日本語の誰でも知っているような曲の歌詞すら平気で間違えます。
昨日は『デスペラード』っていうイーグルスの曲を歌って3小説目でいきなり間違えてました。自分では気付いているんだけど、間違えたモノは仕方ないから、いちいち動揺もしませんが、1ステージ終わった時、カウンターに居た外国人の男性に、『握手してください』と言われいい気になって握手したところ、『素晴らしかったです、デスペラード。』って言われて、『からかってんのか?』と、瞬間、被害妄想にとりつかれました。
そして、その後、沖縄の面白ろユニット『パニパニ』が昨日でラストだったので、『涙そうそう』をジョイントしてお別れしましょうって場面で、私が2番の歌詞を歌ったのですが、、『あなたの~場所~からわーたしがー、想うあの~えが~お~、想い出~とおくあせ~て~も~、寂しくて~恋しくて~、蘇る日は涙そーそー』、。
パニパニの二人も、お客さんも(キョトーン??)としていっせいにこっちを見ました。
文字にすると伝わりにくいかもしてませんが、明らかにあり得ない間違え方をしています。歌詞の文章も、何を言っているのやらさっぱりわかりません。
それでも、私、そういう時だけは度胸がすわっているから堂々と歌いちぎりました。
でも、、もうちょっと違う場面でこんくらいの度胸が欲しいな~

台風一過

東京に居ると、台風の実感ってあんまりないのよね。
たまたま休みで、家に居たせいもあるんだけど、電車がちゃんと動いてなかったりするくらいしか、(台風なんだな)って雰囲気が出ない。
こんな事言ってる私は、根っからの田舎者なのです。だいたい高知県出身だから、台風のはんぱじゃないすごさっていうのは体験済みなワケです。
私が子供の頃は台風が近付いてくると、前日に連絡網が回ってきて、学校が休みになるのです。大人になった今となっては、台風によって家を無くしたり、命を落としたりする人が居るって事もわかっているので、(何事もなければいいが)って思うけど、子供の頃なんかはそんな事気がつかないもんだから、無邪気にはしゃいでいました。
いつもは友達と遊びに行ってしまい相手にしてくれない2つ上の兄と、家の中でおふとんを被って潜水艦ごっこをしたり、強風と共にバタバタと窓に叩きつけられる大粒の雨を興奮しながら眺めたり、。子供の頃の私にとって台風っていうのはある種のイベント事だったんですね。
台風の目に入った時に雨が小降りになった時なんか、父と一緒に荒れ狂う四万十川や増水した川の水が流れ込んで大きな一つの湖みたいになった田んぼを偵察に行くのですが、川の鯉が田んぼを泳いでいたり、県道が川のようになって、いつもは車で通る道を川舟が通っていたり、非現実的な光景にワクワクしたものでした。(不謹慎な子供ですみません)
すっかり台風が過ぎ去ってしまうと、大急ぎで流れ去る雨雲の向こうに、夜なら満点の星空が、昼なら眩しいくらいの青空が広がり、私を喜ばせてくれたモノです。
翌日の水門のあたりは水深6メートルほどのプールみたいで、ちょっと恐いんだけど、めったにある事じゃないから、飛び込んで泳いだり、、。
本当台風の想い出ってキラキラした事しかなかったんですよね。
ウチの裏がガケなので、ガケ崩れでも起きてたら、そんな事はなかったんでしょうけど、。
そうやって考えると、都会の暮らしって自然の中での体験って制限されてんだな~、と味気ない気もします。
自然の恐さとか、生々しい感覚って、コンクリートで固められた東京ではなかなか体験しづらいもんね。それが安全だという事なんでしょうけど、。
しつこいようですが、子供の頃に感じた事ですから、不謹慎な事をお許し下さい、。

地震すごかったねー

震度5~4、けっこう揺れたね。
揺れもそうだけど、その後の交通機関の混乱がすごかった。昨日はパーティの仕事で赤坂見附まで行かなきゃいけなかったんだけど、
何事も無かったかのように、西武線は動いてたからまさか都内があんなに混乱してるなんて思いもよらなかった。新宿まではスムーズに行けて、新宿から見附まで辿り着くために、あっちこっち歩き回って、いろんな方法考えて、1時間かかったからね。
埼京線と銀座線は動いてたから、なんとかその経路でって思ったら、、とんでもない、、。
そこに人が殺到してて、駅のホームに行く事すらロープで規制されてんの。ずっと前にテレビで同じ光景を見た。タクシーもだめだし、『もういいや~、知~らね~、なんとかなるでしょ~』って開き直ったんだけどね。
そしたらなんとかなっちゃた。遠回りだったけど、たいした混乱もなく、時間もかかったけど、たどり着けて、リハもできて、結果オーライさ。
開き直るっていい事だ。
しかし、出掛け先で大地震きたら、本当に通勤難民になるのね~と実感した。いつも非常用リュックをしょって出かける訳にもいかないし、、そんな場合どうなるんでしょうね?

あぁ、、

いつにも増して、下の文章↓↓↓がひどいね~、、。眠いと言う事で勘弁して下さいです。

2丁目の神様

新宿2丁目に行って来ました。
ジャンルで言うとなんて言うんだろうね?『ホモバー』??何て言うのかは未だに解ってないんだけど、てっきり『女装した人』がホステスさんみたいに横に座るのかな~と思ってたら、あら、違ったのね?普通に男の人の服装でカウンターの中で立ってお話してました。女装してるのは『おかまバー』なのかな~?
勉強不足なので、そのヘンの境界線がよく解りません。
で、何がまず新鮮だったかって言うと、普通のバーなら『マスター』って呼ぶところを、『ママ』って呼ぶのね。なるほど。そうだよね、そりゃ、ママだよ。
なんだかんだで、私の常識をはるかに超えたお話をたくさんしてもらって、なんだか元気をもらえました。人間ってほんと奥が深いです。
で、こんな話をルーク竹内にしたところ、『ボクも一度行ってみたいんですよね~』って。いや~、一度と言わず何度でも行ってみてよ。少なくとも私には、そんな少数派の人達の存在が愛おしく思えたよ(^ο^)

『都はるみ』と『涙』と『歌手魂』

私がまだ小学生の頃、家族でテレビを見ていたら、都はるみが何かの賞を取って、泣きながら歌っていました。
初めはそれでも歌えてたのが、途中からもう嬉しさとこれまでの苦労を思い出してか、溢れる涙に歌えなくなってしまい、それがまた感動的なシーンに見えていたのです。しかし、それを見ていた父タテオが、『泣いても最後まで歌わなぁイカン。途中で歌えんなるらぁ、歌手失格じゃ』と、言いだしたのです。
それを聞いていた私は子供心に(そうか、私が歌手になったら、泣きたくなってもこらえて歌わなぁいかん)と、その時は妙に納得しました。
でもね、、、歌の仕事をするようになって初めて、今日は泣いて歌えなくなりました。
まさか自分が涙があふれてきて、しかも、歌えなくなるなんて、、。
歌っている途中からもう我慢ができなくなって、とうとう号泣してしまい、2番は歌えませんでした。

『少公女セーラ』の主題歌。みなさんは最後まで歌えますか?
この曲を最後まで涙無しに歌える人は、きっと居ないと思います。
さぁ、あなたもカラオケにレッツゴー!

早起き

珍しく朝早く起きたら、まだこんな時間。
お掃除したり、料理したり、いろいろやった上に曲のコピーまでして、まだこんな時間。
『一日3時間しか寝ないよ』って人は、どんなにか有意義な時間の使い方をしてるんでしょうね。
でも、ちょっとしか寝ないのはお肌には悪いから、マネはしないけどね。ふふ。

先っちょつんつんと、Calling you

今日も竹内君でジパングでした。『コーリングユー弾いて~』って言って弾いてもらって聴いてたら、かっこいいからすっごい羨ましくなってきた。ず~っと(歌ってみたいな~)って思ってたのを、バンドのメンバーから、(コード感が変わってて難しいんだよね~)って理由で却下され続けてた『憧れの曲』だったから、。で、休憩中に『いいなあ~、私もコーリングユー歌いたいな~』って言ったら、『歌えばいいじゃ~ん』って事になって、3回目のステージに挑戦してみました。気持ちいいね~、こ~りんゆ~。って思って歌ってたら、構成2小節間違えた。
とっさに合わせてくれたルーク竹内。瞬間、堂々としてるフリして内心おたおたした私はぐだぐだのじゃんかじゃんか。ルークのおかげで持ち直したけど。私と一緒にやる人は反射神経が重要なポイントになってきます。ありがと、ルーク。よろしくね、ルーク。あたち、がんばる。
そして、今日の発見は、ルークはピアノを弾く時、左足のつま先を、つんちょっ、と立てている事、。ちょっと面白かった、、。

ボンネットバスのお話 4

 おじいさんがハンドルをするするっとなでると、驚いた事にさっきまでガチャガチャした街の中に居たバスはいつの間にか真っ暗な山道を走っているのでした。
真っ黒い腕をどこまでも広げて覆い被さる木々、どこからか聞こえるフクロウや野犬の声、月の無い空には雲が広がりにぎやかな星たちも今日はしんみりとしています。バスはおっかなびっくりでその山道を登っていきました。
いったいどれくらい高く登ったのでしょう。だんだん細くなっていった道は、とうとう人間の子供が一人通れるか通れないかくらいになってきました。けれど不思議な事にそれでもバスはその道を進む事ができたのです。そしてしまいには、どこが上だか下だかもわからなくなり、ぐるぐるぐるぐる目も回り、針の先ほどの道に吸い込まれるように進んでいきました。
 夢を見ているような気持ちで走っているとふいに『さあ、着いた』と、おじいさんの声が聞こえました。
 くらくらする頭をしっかりさせようと身体をぶるるんっとさせ、パッとライトで照らした先を見るとそこには石畳が螺旋状にきっちり並べられた広場がありました。広場の真ん中に白い時計塔が立っていて、おかしな事にはその時計の針は時間を戻すかのように、反対に回っているのでした。その時計を取り囲むようにして、いろいろな形の笛やおもちゃを置いているテント、飲み物を置いているテント、わたあめやりんごあめが置いてあるテント、他にもわくわくするようなモノがたくさん並んでいました。
 おじいさんはバスを同じように並べ、なにやら準備を始めました。どこから取り出したのかまず、看板を立てました。そこには、クロスと、丸をみっつ合わせて、大きな三角形の中にはめこんである不思議なマークが書かれていました。
それから大きな土の鍋を出して、その横に木でできた長テーブルを置きました。テーブルの上に分厚いビンが並べられ、その中には赤、青、ピンク、オレンジ、、いろいろな色の細い棒が入っていました。
 『さて、、』と言って、そのビンの中からピンクの棒を取り出したおじいさんは、それを土のナベの中に入れてぐるぐるっと5回ほどかき混ぜました。すると、持ち上げた棒の先にピンポン玉くらいのまん丸なキャンディーが付いてきました。透き通っていて透明なようですが、よく見ると虹のようにいろんな色が見えてきて、時どき銀色に光るようにも見えました。
そんなふうにしてあっというまにいくつも出来上がったキャンディーを、長テーブルの上に次々と並べていきました。
 バスは何が起こっているのかよく解りませんでしたが、出来上がっていく不思議なキャンディーを見ていると、本当に幸せなような気分になってきて、疲れていた身体が軽くなってくるのでした。
 おじいさんはたくさんのキャンディーを並べ終えると、今度はバスの中に入って来ました。そしてイスに座ってじっと外を見つめ、優しい声で『さあ、どうぞ』と言いました。すると、今まで誰も居なかった広場にたくさんの子供達が突然姿を現しました。

野口五郎か、西城英樹か

どっちもかっこいいから迷うとこですが、、野口五郎派です。

今日の占い

私は、って言うか、女の人は占いが大好き。今日の私、100点満点中、96点。かなりのハイスコアです。
『男の人にはモテモテで、お金はがっぽがっぽ懐に入ってきて、仕事も今までの努力が実を結び』な、順調な一日だそうです。
でも、今日、私、休みなんだよね~。お布団干したり、お掃除、洗濯で、『モテモテで、がっぽがっぽで』なんて言葉とはほど遠い気がするんだけど。運気だけ一人歩き?運気だけ一人相撲?まあ、運がいいのはいい事か。気を良くして、新しい曲でも練習しようかな~。

同級生

3月に結婚した高校の同級生のお祝いを、忙しい状況が続いて延期になってたのが、やっと昨日できました。
彼が結婚するまでに、いろいろなドラマがあって、まさかこんな結果になるなんて誰も期待してなかったから、私をはじめ、仲間みんなが本当に嬉しかったんですね~。
幹事のガンポン君(日本人)がケーキカットをしましょう~!ってケーキを持ってきた時は本当に感動しました。そういえば派手な結婚式もしてないから、ケーキカットはしてなかったのよね~。ちっちゃいナイフを二人で持って、照れくさそうにケーキカットをした瞬間、奥さんがうるうる泣いちゃって、それを見て私の隣に座ってたスター尾崎(先輩)がもらい泣き。それを見て、私がもらい泣き。幸せバカ全員もらい泣き。
こっちに居る人がほとんどだったんだけど、わざわざ大阪から駆け付けたり、宇都宮から仕事後なのに駆け付けたり、みんな本当に温かくていい仲間だと思う。
仲間が幸せそうにしてる顔って、本当に幸せ。(この人達と付き合えて本当に良かったな)、と感じた夜でした。
に、しても幹事のガンポン君、頭痛の具合はどうですか?本当にいいお祝いだったね。ガンポンのおかげです。私は朝起きてみると、正体不明の青アザがいくつか増えてました。いったい何があったんでしょう、、。

体内時計

一日は24時間、でも、実は人間の体内時間って25時間に設定されてるんだって。
私は寝るのが大好きだから、さっくり寝付きたいし、ぐっすり眠りたい。それは誰でもそうか?うん。
とにかくですね~、最近寝付きが悪いのよ~。9~12時まではすっごい眠いのに(ライブの時間真っ最中ですね、これ)家に帰って、さぁ寝ましょって2時くらいにベッドに入ったら、さぁ、眠れません。
だいたい、特別なライブの前後1週間くらいの期間は興奮して眠れないタチだから、今、その時期かな~。
さすがにレギュラーのライブの時までそれだと身がもたないから寝ちゃうけど。
で、どんどん寝る時間が遅くなってきて、ここんとこ多分5時くらい。暗いウチに寝たいよ~。
って事で、体内時計修正計画。まずは午前中に起きる事!!と思って今日挑戦しましたが、、起きたら1:30、、。ドロドロの昼ドラが始まってる時間、、。
あぁ、、今日もタモさんを見れなかった、、。
『寝ちゃっていいかな~、いいとも~』だぁ、、。

CAFE BAR COOライブ

昨日は忙しい中、みなさん集まってくれてどうもありがとうございました!雨も降ってたし、みんな遅くまで仕事があるだろうからって思ってたのに、来てくれて本当に嬉しかったです。なんだかこんなに近所だと、本当に親戚の前で歌ってるみたいな気がして、なんだか照れ臭い感じもしました、へへっ
そして、COOのきょうこさん、誠さん、スタッフのみなさん、常連の方々、大変素敵な時間を与えて下さってありがとうございました。また、お伺いしたいと思いますので、今後共よろしくお願いします!
竹内君~、未熟者の姉さんですがですがこれからも一緒に遊んで下さい~。
しかし、車で来た人が多いから、ほとんどがソフトドリンクで我慢してくれてたのに、ステ-ジ側の二人は生ビ-ル飲んでやってました。ぷぷ。あべこべだ。
昨日のライブの写真は今夜にでもアップしようかな。まずは竹内大輔君をどうぞ。ほろ酔いです。
05-07-03_21-47s.jpg

写真が消えちゃった~ん

アホの子全開でサムネイルをガシガシ消したら写真がなくなった、。
アホすぎる、、アホすぎるぞ、、私、。  明日直そうっと、。
面倒が臭いよ~~~

ボンネットバスのお話 3

 (兄弟達はどこに行ってしまったんだろう、、)と、私達のボンネットバスはだんだん不安になってきました。今でもまだまだ元気に走っているのに、仲間が少ないと感じれば、それは不安にもなりましょう。
 そして、ある日の早朝『その時』は突然にやってきました。いつもの運転手さんが、例の新しいバスに乗って、そのままどこかへ行ってしまったのです。その代わりにボンネットバスの所へやってきたのは、グレーの作業服を着た大きな男でした。
 男と所長の話によると、昼間のうちに『スクラップ工場』という所に連れて行かれ、『スクラップ』にされるということでした。
 バスは『スクラップ』という言葉の意味など解りませんでしたが、なんとなく(いい話ではないのだろうな)という風に感じました。それでも、自分の意思ではどうにもならない事も解っていたので、男に運転されるがままスクラップ工場に向かいました。
 工場についた途端、バスは恐ろしい光景を目にしました。
なんと、顔なじみのたくさんの車や、機械がゴミのように潰され山積みになっていて、意地の悪そうなクレーン車が『まだ積めるぞ!もっともっと積めるぞ!』と言いながら、死んでしまった車達を積み上げていくのでした。
もうバスは怖いやらかなしいやら何だかよく解らなくなって、ぶるるんぶるるんと震えて、何もできないまま立ちつくしていたのでした。
 ガッチャーン バリバリ ギューン!、、、。連れてこられた車や機械達の最後の叫びの中で、いよいよ私達のバスの順番近づいてきました。
バスは神様に祈る事すら忘れて、ぼうぜんとただその時を待っていました。
 すると、そこに白髪の少し混ざった頭に上品そうなハンチング帽を被り、ピンと背筋の伸びた優しそうなおじいさんが現れ、どうやら工場長と何か相談事しているようでした。
そのうちにおじいさんは胸のポケットからいくらかのお札を出し、工場長に渡したようでした。工場長はいやらしそうにそのお札を数え、そして鼻で『ふんっ』と言ったかと思うと、おじいさんにカギを渡し、トタンでできた事務所に入って行きました。
 おじいさんは渡されたカギを大事そうに眺めてにっこり笑いました。そして私達のバスを見て『ほほぅ』と嬉しそうに声をあげました。
 そしてバスの方に近づいてきたかと思うと、バスの鼻先を嬉しそうになでて、すぐに運転席に乗り込みました。おじいさんは一言『さぁ、行こうか』と、言いました。

サヨナラぼっさぼさ~

今日は、3ヶ月ぶり(よく我慢できたなぁ)にいつも行ってる近所の美容院へ行きました。
『ゴージャス系で』と、きれいにブロ~してもらったので、記念にパシャッ。しかし、いつも帰る時には帽子を被る私。
ごめんね、マスター、ありがと、マスター。
m.jpg

おもしろ美容室『CUBE』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~cubecube/
プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。