スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ごん助』

青梅にある、「全室個室の離れ家で炭火焼きを楽しむ」お店『ごん助』に行ってきました。
こんな所にまさかこんな場所があったなんて!っていう感じの場所でしたが、どうやら有名なお店らしく、けっこうお客さんは入ってました。
しかも、私自身、何度も車で通ってるトコだったので、ちょっとびっくり。だって、『ごん助』って看板見て、『あっ!ここ良さそうじゃない?入ろうっと~』って思わないもん。『ごん助』ってね~、。
今回は友人に連れられて入ったのですが、やはり彼女も同じ意見だったらしく、『こんないいお店だからあんまり飛び込みでお客さん入ると大変だろうし、この名前が隠れみのになってるんだろ~ね~』って話したものでした。
いろりを囲んで炭火で焼いた鮎は、鮎にうるさいこの私を十分満足させてくれました。
いや~、ほんとおいしかった、。

05-08-28_20-01.jpg

ごん助のHPは無いようですが、参考になるHPがありました。
http://www.kimuhiro.net/gonsuke.htm
ね、看板だけ見て『わ~、洒落た感じで素敵ね~』とはならないでしょ、、。これが隠れみのの看板です。
スポンサーサイト

9月のスケジュール

9/2  赤坂エクセル東急ホテル14階『ZIPANGU』(P.黒岩典英)
 /7 『ZIPANGU』(P.黒岩典英)
 /9 『ZIPANGU』(P.黒岩典英)
 /14 『ZIPANGU』(P.黒岩典英)
 /16 『ZIPANGU』(P.黒岩典英)
 /17  浅草ビューホテル28階『ベルベデール』
       (P.黒岩 B.土屋孝之 G.杉原英樹)
 /21 『ZIPANGU』(P.黒岩典英)
 /25 『カフェバー空COO』(P.竹内大輔)
 /28 『ZIPANGU』(P.黒岩典英)
 /30 『ZIPANGU』(P.黒岩典英)

『ジパング』http://www.nadaman.co.jp/shop/zipangu/tenpo/map.jpg
『ベルベデール』http://bian.jalan.net/bian/libs/0000/010/417.gif
『カフェバー空COO』http://www.cafebar-coo.com/
なお、いつもの通り、パーティやイベントなど一般入場できないものは記載しておりません。
その他急遽スケジュールの入った場合は、その都度掲載いたします。よろしくっ

どっぷり!

05-08-25_20-11.jpg

05-08-25_05-08.jpg


およそ4日の間、何も手につかず、これにはまってました。
『オルフェウスの窓』。
1970年代の少女マンガです。と、言っても、日本漫画家協会優秀賞をとった作品らしく、作者はあの、『ベルサイユのばら』の池田理代子さん。
もちろん、ベルばらは何度も読み返してます。
『オルフェウス~』は、ドイツ、ロシア、オーストリアを主な舞台にした作品なのですが、時代背景がロシア革命や世界大戦の暗雲の時代です。マンガなのですが、きちんとした時代研究や、文化、建築物の研究がされていて、いわゆるただの『恋愛物』にとどまっていないのがまた魅力的です。
かつて、高校なんかで古典の授業があったと思いますが、私、古典は成績がとても良かったんです。と、言うのも、その情報ネタは、、マンガ、。『源氏物語』に関しては『あさきゆめみし』って漫画を何度も読み返して、すっかり人物相関図やストーリーを覚えてしまい、なんとテストは満点をとって、先生がびっくりしてました。これ、自慢ね。
マンガって、あんまり社会的に認められてない部分もあるようですが、『マンガばっかり読んでたら、バカになるぞ!』って言われた事もあったし、、でも、こういった作者の作品に対するこだわりや、妥協のなさがかいま見られるマンガってのは、小説を読んだり、哲学書を読んだりするのと同じくらい、人によってはそれ以上にいろんな勉強になるんです。
あーー!世界史を選択してたあの頃にこの漫画に出会っていれば、成績にいい影響があっただろうにっ!
身近に学生がいたら教えてあげたい、。
に、しても、7年間にもおよぶ連載マンガだったため、4巻と言っても、一冊につき、約1000ページくらいあるから、、、寝不足です、。
寝れないんだもん、気になって~。『あしたのジョー』と、『エースをねらえ!』、『釣りキチ三平』、『SWAN』(あれ?全部古いぞ!)の時もそうだった、。何回読み返しても同じくらい感動して夢中になって、、眠れない、、。
いつまで、乙女気分が抜けないんだろ、、。ははっ、。

当たり~

当たっちゃたよ!ホームランバーアイス!!
20050822212605.jpg


今日のナレーションは『贈賄罪』とか、『談合』とか、『指定暴力団』なんて言葉が次々と出てきて、なんだか物々しい、ニュースやドラマでしか見た事のない、ドラマチックな法律なんかのお話でした。
で、まるでニュースを読んでる気分になったところで、お昼ご飯。
で、そのあと買ってもらったアイスが、、、大当たり~~。
帰りに宝くじ買おうと思ってたのに、すっかり忘れてた、、。
絶対、今日なら当たってたのに~~。
2.jpg

残暑厳しいざん、、しょ、、。

メール復活しましたので、御用のある方はどうぞ心置きなくメール下さい~。

今日はお布団を干しました。
でも、すごい風ね。お布団がバッサバッサと暴れてました。(これ、飛んで落ちたらやっぱり拾いにいかなきゃいけないのかな~)と、不安になるくらい。多分、今日は地震もあったと思う。風と地震で揺れてたんだと思う。絶対そうに違いない。
こんなささやかな話題しかない私はきっと、高知帰りで気が抜けてるんだと思う。でも明日からまた忙しいから、思う存分フヌケとこう~っと。へっへ~ん。
せっかくなので、涼しげな画像載せましょうね。竜串の海

台風で有名な足摺岬の側にある竜串海岸という場所です。熱帯魚がいるんですよ~。
この写真を撮ったすぐ直後、稲妻が光り、スコールになりました。びっくり!

ただいま~

帰ってきましたよっ!
いや~、やっぱり高知県は最高です。高知県と言っても市内ではなく、もっとディープな田舎『四万十市』なので、自然がとにかくすごいんです。今回はいつも以上に、川に山に海に大忙しでした。
たくさん写真も撮ったので、紹介したいトコですが、まずはお話に留めておきます。
何年ぶりだろ~、同級生と泳いでいたところ、彼女が『橋から飛び込もうよ!』って言い出して、。この頃ではあんまり体力に自信がないから無茶できないな~って思ってたんだけど、彼女があんまり楽しそうに飛び込んでるもんだからついその気になって私も飛び込んでみました。
簡単に聞こえるかもしれないけど、『勝間の沈下橋』って所で、6メートル、、それ以上はあるかな~、とにかく、けっこう橋から水面までの高さがあるんです。それをきゃっきゃきゃっきゃ言って飛び込む彼女はアホちゃんなんです、。子供じゃないんだから、。って言っても、私も行きましたけどね。なんだかんだで度胸試し遊びが好きなのかしら?
『うわっ!怖~い!!』って言ってる割には、すんなりザッポ~ン!
水中に沈んで浮かび上がる間の川の緑の美しいこと!スローモーションのように、川の音だけが聞こえて、キラキラ光る水面に向かって浮かび上がる体の自由な感覚、印象的でしたね。ホント。
また来年も飛び込もう、。何歳まで飛び込めるかしら?
案の定長いようで短い1週間だったので、帰ってきたらちょっぴりホームシック。
そのせい?かなんかわかんないけど、帰ってきたら全身じんましんが出て、、救急病院行きました。注射2本打ちました。
そして翌日はジパングでした。しばらく歌ってなかったから不安だったけど、やっぱり歌は楽しいね。
いろんな思いに戸惑いながら歌った金曜日でした。
写真は後日掲載します?

で、ですね~、メールをくれてる方にお知らせなんですが、諸事情により、メールが見れなくなってます。返事こないな~と思ってる方がいらっしゃったらすみません、。早く対策したいと思ってますので今しばらくお待ち下さい♪

明日から夏休み~

です。夏休みなんです。
高知の実家に里帰りするのが毎年の恒例イベントなので、楽しみではあるんだけど、今日の兄からのメールに、『高知、39度ぞ』だって、、。
せっかく東京が過ごしやすい気温になってほっとしたのに、なんで、こんな時期に39度に飛び込まなきゃいけないんだぁ、、。まぁ、夏が一番面白い高知県に産まれてしまった訳だし、高知が大好きだから、1年に一回帰って、四万十川で魂を洗わないと気がすまないような気もするし、。
でもね~、毎年、この時期になると自分への課題とか、目標とか出てきちゃって『里帰りしてさぼってる場合?』ってちょっと自分に罪悪感を感じる。今、東京をはなれたくないな~、って。
のんびりする事を恐れてるのかな~。日本人は働くのが好き~みたいな、。
でも、せっかくだから親孝行したいし、兄にも会いたいし、同級生のお誘いもさっそくあったし、羽伸ばしてきます。
そして帰ってくる頃には『もっとダラダラしてたいよ~』って、まるで今の心境が嘘だったかのように怠け者になってるかも、。
じゃ、行ってきま~す。しばらく日記もお休みです。

浅草ライブ

暇を見て書かなきゃ!
忙しいです。でも、しっかりお酒は飲んでます。
土曜日は浅草ビューホテルでした。
ピアノの竹内君と、大先輩の杉やん、そして、電話で話した事すらない初対面の田中啓介君。だって、竹内君、たなけ君の連絡先教えてくんないんだもん。なんで?
ま~、そんなこんなで、どんな人かも知らないまま『初めまして』と挨拶を交わし、そのほんの30分後くらいには、ワキアイアイの中学の教室みたいにみんな大はしゃぎ。なじみすぎ?ってくらい馴染んじゃってた。
竹内君の時もそうだったんだけど、。
で、若い二人のたのもしい事。正直、前日は緊張のあまり、ご飯もノドを通らなかったのに、フタを開けてみると、とっても楽しい一日になりました。
お客さんの反応もすごく良く、『終わりですよ~』ってアピールしてるにも関わらず、リクエストとアンコール、。
どうしちゃったの?っていう感じ。アンコールでは譜面のない曲でもなんとかみんながんばってくれて、お客さんも喜んでくれたみたいで、本当、みんなに感謝です。
また一緒にやろうね、本当に楽しかったもん(^ー^)
で、昨日は夜、新宿の『DAG』に行きました。時間が遅かったので一回しか見られなかったのですが、『大井貴司さん』の演奏にヤラレました!ずっきゅ~ん!ビブラフォンと、ピアノ、ドラムにベースといった編成だったのですが、普段あまり、ボーカルの入ってないジャズの曲は聞かないのですが、すごい楽しかった上に、勉強になりました。
当たり前の事ながら、レベルの差を見せつけられたって言うか、。私なんかまだまだ子娘です。いや、赤ちゃんです。
ほんと、こんな風に自由自在に歌えたらな~、って。
ぜひ、また聴きに行きたいと思わせてくれましたね~。ほんと、感動した、。
http://www.geocities.jp/super_vibration/

ナシゴレンと『勘違い。』

今日は朝からまともに食事もできないくらいテンパってました。
まぁ、寝る時間を減らせばいいんだけど、寝ないと声が出ないから、私の場合、食事より睡眠が優先なんです。
でも、さすがにナレーション録音してて、お腹がくうくう鳴り始めたら、感度のいいマイクなのでお腹の音まではっきり録られてしまいます。
だから、慌ててスタジオの上のパン屋さんでパンを買ってきて、飲み込みました。味なんてわかりません。だって、飲んだんだもん、パン。
そして、夜はジパングでライブだったので行くと、バリ帰りの竹内君がイカしたお土産を買って来てくれてました。その中に『ナシゴレンの素』。
とにかく、ひもじい私のお腹はそれを見てまた、く~ん、、と鳴りました。
でさ、今までの話と全然関係ないけどさ(じゃ、何のための長い前置きだよ。)、今まで私、『ナシゴレン』って『梨エキス』配合だと思ってた。梨って、日本語だね。バリの食べ物に、『梨ゴレン』なんてある訳ないよね。
ナシゴレンのパッケージを見て初めてその間違いに気がついた。バカだと思われたくないから、その時は黙ってたけど、危うく、竹内君に『ナシゴレンって、梨の味しないよね?』って聞いちゃうトコだった。
それに似た勘違いは今までけっこうあって、『オプション』を『億ション(みたいなもの)』だと思ってたし、(みたいなものってナニ?)。『カリフォルニア』を『カルフォルニア』だと思ってたし。『ホテルカルフォルニア』、、、。しっくりこないね、。
自分の今後が心配でなりません。

若者よ!

別に、若者に何か物申すわけではありません。
若者よ~、とかいってる時点でおばちゃんだね~。
今ね、ナレーション録りやってます。近頃就職もしないで、プラプラしてる若者を深刻視した政府が企画したものだそうですが、社会に出る為の基本的な言葉使いや、人との接し方、企業内での振る舞い方、礼儀なんかを教える教材です。
商工会議所のセミナーなんかで使用されるようですが、もし御覧になる機会がありましたら、よろしく。
若者、がんばれ。って、言うか、自分で読んでて勉強になる事がいっぱい。
まず、就職してないしね。私。基本のトコじゃん。セミナ-行った方がいいかな?年齢制限あんのかな?ははっ。出遅れるなよ~、若者~。
プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。