スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケンジ

『りこはさ、ケンジの事、どう思う?実はね、ケンジはりこの事。。。』
言いかけたヒロミに私は、『ああ~、そんな事はケンジの口から聞いた訳じゃないし、余計なお世話は焼かないで。それに、ケンジと私はただの漁仲間。ただのパートナー。それだけ。はい、この話は終わり!』と、畳み掛けるように言い、無理矢理に会話を遮った。

ケンジと私は同じ船に乗る漁師。
このカツオ漁は、二人一組で行われる。
一人が投げた竿の先には5つの仕掛け針が付いており、パートナーが海へ潜り、仕掛けの側に居るカツオを針に引っかかるように追い込み、竿を操る方は勘だけを頼りにカツオの引きを合わせる。
一歩間違えると、海に入っている方は、長さ10センチ程もある大きな針に引っかかり、大けがをする事もあるような危険な漁だ。
漁師のくせに泳げないケンジとパートナーを組むはめになった私は、必然的に海に潜る「追い込み」の役目をやらざるを得ない。始めは(とんだ貧乏クジを引いちゃったな、、)と、ガッカリしていたのだが、意外な事にケンジは「合わせ」の才能に秀でていた。なぜか漁に関しての二人の息はぴたりとはまり、この辺りの漁港で私達程の漁獲量を誇る船は他に無い。
確かに、二人は仕事としてのチームとしては右に出る者は居ないだろう。
他の船からも、羨望や嫉妬の的である。
そして、私個人に当てられる嫉妬はもう一つある。
他の船のほとんどの女どもは、このケンジに夢中なのだ。
確かに、鍛えられた筋肉質の体、私より頭一つ分は大きい背丈、低い声、周囲に対する気配り、優しさ、仕事に対する集中力、どれをとっても女には理想的なタイプなのだ。
普通なら、私も例に漏れず、ケンジに惚れるところであるんだろうが、
そんなケンジを毎日見ているのも関わらず、私がケンジを男性として見ていないのには一つ理由がある。
他の船の男に恋をしているからだ。
しかしながら、この恋は成就するはずもない。
なぜなら彼は同性にしか興味が無いから。
もちろん彼のパートナーも同性。異性同士であれば入籍はとうに済ませてあるだろうという程にお似合いな二人だ。法律のみが彼らを邪魔する事ができるのだ。
私なんぞ、入り込む余地などない。
解っていながらも、恋い焦がれている自分がバカに思えてくるのだが、恋は理屈ではどうにもならないもの、手に入らないとなればなるほど、憧れは募るばかりなのである。

そんな私を見かねた友達が、ここのところ、ケンジと私をどうにかしてくっつけようとしている。全くもって大きなお世話の大迷惑だ。
ケンジが以前から、私に対して好意を寄せている事は薄々気がついてはいたが、そんな感情など漁をする上で邪魔にこそなれ、得な事は何一つ無く、面倒臭いだけである。
恋愛感情を持った者同士が同じ船で漁などできるか。
あの軟弱なケンジの事、『りこちゃん、潜ってて寒くない?』とか、『針に引っかかると行けないから、遠くで見てていいよ。』なんて事になって、漁などできたもんじゃない。

そんなこんなで、これまで私はケンジの気持ちなど気づかないフリをしていたのだが、あのアホ、友人達に想いを打ち明けたらしく、それを聞いた友人達もお祭り騒ぎでふたりの恋の成就の作戦をあれこれ画策しているらしい。。。。中学生か。。。

この辺りの漁師は休みの日になると、いくら天気が良くても漁の仕事、仕掛けの仕込みなど、一切の仕事から離れる事が暗黙の決まりとなっている。公平さを保つ人付き合いの知恵であろうか。私も、久しぶりの休日を山で一人で過ごすべく、ハイキングの準備を家でしていた。
すると、、玄関先でヒロミの能天気なはしゃぎ気味の声が聞こえた。
玄関を開けるとヒロミの後ろに、ヒロミの恋人とケンジが立っていた。
『りこ、これから山に行くんでしょ?私達も連れて行ってくれない?』と。。。
見え透いたダブルデートの設定に嫌気がさしながらも、朝早く起きてはしゃいでいるみんなの事を考えると、断る訳にもいかず、同行する事を承諾した私は、今日予定していた山を急遽変更して、勾配のなだらかな山を目的地とする事にした。
特に山に登る事が好きでなくても、吊り橋や滝があり、観光として楽しめると思ったからだ。
ボンネットバスに乗り1時間程で到着する山の麓の村には、一軒だけ店があり店の前がバス亭になっている。ボンカレーやオロナミンCの広告が貼られた掘建て小屋のような店の軒先にはアイスの冷蔵庫やら駄菓子、お団子の入ったガラスケース、足元には祭りの夜店などで見かけるプラスチックの刀などが並べられている。
こんなおもちゃなど、老人しか住んでいないこの村で誰が買うんだろうか?と不思議に思いつつも「本日再入荷!早いモン勝ち!」と書いてあるおもちゃの段ボールに購買意欲を掻き立てられる。
欲に負けなかった私は、その店でチョコレートだけを買い、みんなと一緒にハイキングコースに向かった。
ほんの20分程で吊り橋に到着した。
ヒロミ達はさも大発見をしたかのように、嬉しそうに吊り橋に駆け寄って行き、
下を眺めては『うわー!たっけぇ~!』などと言って、吊り橋をゆすったりして悪乗りを見せていた。
ふとケンジを見ると、それまでみんなと和気あいあいと楽しそうにはしゃいでいたはずであったのに、顔面蒼白で私の後ろに立ち尽くしている。
かすかに唇を震わせながら、『これは危ないでしょ、、これは危ないでしょ、、』とぶつぶつ念仏のように唱えている。しまいには、『ヘルメット、、ヘルメットが無いと、、』と、白目を剥いているのを見て驚いた私は、ケンジの肩を揺さぶり『大丈夫か??』と問うてみた。高所恐怖症だそうである。
(だったら行き先に「吊り橋」ってキーワードをちらつかせたんだから、先にそれ言えよ、、)と呆れつつ、ヒロミ達を先に行かせ、ケンジの落ち着くのを待っていた私は、(やはりこの先はケンジには無理だろう、、)と判断し、ひとまずバス亭の店に引き返す事にした。

林を進むにつれてやっと落ち着きを取り戻したケンジは『ごめんね、ごめんね、りこちゃん、怒ってる?』と、ひたすら謝ってきていたが、別に怒ってもいない私は聞き流した。
やはり20分程で、バス亭の店に着くと、先ほどは全く気がつかなかったのだが、新しい自販機が置いてあるのが目に入った。

カップヌードルの自販機のようだが、少し様子が違う。
よく側に寄って見ると、赤、青、黄色、白、4色の現場用ヘルメットが入っていた。
ヘルメットの自販機とは、聞いた事が無いな、、と思っていると、反応の薄い私にずっと謝り続けて泣きべそをかきそうになっていたケンジが突然、『りこちゃん!!ヘルメット!ヘルメットあったよ!』と叫んだ。
ヘルメットは確かにあったけどさ、、自販機だよ、、しかも、3000円って、、安いの?高いの??となんだか腑に落ちないような気分でケンジを放って置いたのだが、ケンジは『オレね、ヘルメットがあれば、あの吊り橋渡れるよ!りこちゃん、吊り橋渡りたいんでしょ?オレ、これ買うよ!!』と、もう、ヘルメットを買える事に狂喜乱舞の有様だ。。
止める間もなく自販機に1万円を入れたケンジは、大はしゃぎで赤いヘルメットのボタンを押した。
ゴトッ。
間の抜けた音を立てて出て来たヘルメットは明らかに中古、、である、。
ヒモを止める金具部分が錆びており、使えない事もないが、中は垢染みていて気色が悪い。塗装も若干はげている。そんな事にはおかまいもなく嬉しそうにヘルメットを被ったケンジは、『さあ戻ろう!』と嬉しそうに私をうながした。
しかたなく吊り橋に戻ろうと、来た道を進んでいた時、ふと背中に妙な視線を感じたので、はっと振り返ってみると、自販機の横で店の婆さんがうすら笑いを浮かべて立っていた。
そして、目の錯覚ではない、取り出し口の所から、白いろうそくで作った枝のような手が見えたのだ。

ケンジは、、、赤いヘルメットを被って、口笛を吹きながら嬉しそうに前を歩いている。
私達は吊り橋へ向かった。




スポンサーサイト

ちんちくりん鎮魂歌。

予め情報の無い初対面の人と話をする際、人はどうしても相手の容姿や話し方、また、その内容を無意識のうちに解析し、自分の脳にその情報をインプットしながら相手の人物像を組み立てていく。

先日、とある銀座のバーにて、「ボーカル二人とピアノトリオとのジャズ演奏」という内容の仕事で歌って来た。
ボーカルの一人はもちろんわたくし。残りのメンバーはというと、前もって店側から何も知らされておらず、名前すら分からない状況。
そんなこんなで、ほんの僅かの緊張感を抱きつつ、どこをどう間違えればいいのか分からないくらい簡単な道を、予想通り間違えながらその辺の人に尋ねつつ、這々の体で店に辿り着いた。

到着した時間は演奏の10分前だったので、メンバーはすでに集まっているはず。
そこで、慌てて着替えようと控え室の前に立つとその中から、肉感的な体に深紅のドレスをまとった美しく艶っぽい女性が現れた。
この人が、今日の私のお相手らしい。

すでにここでインプットされた情報によると、この方は『推定年齢私以上、お肌の管理に気をつけ、若さと美貌を保っている心豊かな素敵な大人の女性。』という事になった。

(これは、失礼の無いように丁寧に接さなくては、。)と、ほのかな憧憬すら覚えながら心を引き締める。

リハも無いのでそのまま演奏に入る訳だが、インストの演奏中にステージの構成やら、この店においてのMCのツボなどを親切に教えてもらい、すっかり彼女になついた私。
歌声も低めの私好みの声、発生の仕方などは、確実に独学ではない何かしっかりした教育を受けている印象。そして、何よりも色っぽい。。。
世の中には素敵な人が居るもんだな、、と、心躍る私。

このお店は休憩時間はバーのカウンターでお客さんと話したりするのだが、
ボーカル同士、一緒になるなんて事もそうある事ではないので、二人でいろいろな話をしたり情報交換をしたりしていた。
話をしながらも、私の脳は彼女を分析し、次々と情報をインプットしていく。
そして話をすればする程色っぽく見える彼女に、自分のちんちくりんさを再認識し、コンプレックスをくすぐられる。いいの。私、Mだから。

彼女も初対面の私に対して後輩を見るような温かい眼差しを持ち、いろいろな事を教えてくれた。。

そして、あっという間に時は過ぎ、いよいよ最終ステージという時に、
終電の兼ね合いで、歌い終わったらすぐに店を後にしなければならない私は、
彼女に今夜のお礼とお別れを告げるべく側に近寄って行った。

会話の流れで何の気無しに年齢の話になった。
(彼女の年齢になれば私もこんな素敵な女性になれるだろうか?)
そんな事を思いながら。。。

実は、、、彼女は私より、2つ年下だったのである。。。。

あっ、ああーね、、、もう、追い越しちゃってるね~。
って事は、このままずっと、ちんちくりんは直らないわけね~。
ちんちくりんは永久に不滅です、ってとこかしらね~。
ちんちくりんフォーエバーね~。
ああ~ね~。ああ~ね~。

ちんちくりんは泥酔した銀座の街を、ヒタヒタと草履を鳴らし帰っていきました。








知恵熱癖

幼少の頃から遠足の前の日には必ず熱を出していた。
楽しみで楽しみで興奮し過ぎて発熱。
これはいつものパターンなので、親も慣れたもんであった。

思えばこの知恵熱癖は、大人になっても治っていないようであって、
ライブの前になると必ず体調を崩し、本番当日は憑き物が取れたようにスッキリしている。今回もまたこれに漏れず。。。

しかしながら、今回の私にとっての『遠足』は二日間続けてあったので、
知恵熱及び不眠は長かった。

一日目。
実を言うと、私にはたった一人お師匠さんが在り、その方のコンサートを観に行ってきたのである。
グレッグアーウィンさん。
その人が私のお師匠さんである。
グレッグさんは主に、日本の童謡に英語詞を付けて歌っている、エンターテイナーであり、テレビでもたまに見かけたり、CMで声も聞いたりするなんとも芸達者な人である。
そのコンサートに行くというだけでも、興奮するのに、一緒に行った連れが、15年来の友人、アホのKちゃんとCちゃん。
この二人とは頻繁に会っているので、今更何を興奮するのかと自分でも不思議なのだが、
未だに3人で会うと狂ったようにテンションが上がり、時間なんて光の矢のようにあっという間に過ぎていくのである。つまり、バカがつく程に楽しいのである。
そんな事だから、この日の予定の事を考えると、楽しみで楽しみで夜も眠れないのでありました。
結局は思った通り、翌日に自分のライブがあるので、喉の管理を考えて、コンサート後はお茶だけに止めて早々に引き上げるつもりが、あっという間にティータイムがディナータイムに食い込んでおり、『もう一軒行きますか~。わはは~。』といった話になり、毒を食らわば皿まで、といったていたらくに身を陥らせるハメになりました。
体調管理など、どこ吹く風、、?

二日目。
今度は遊びではなく仕事(と一応言っておこう。)。
何ヶ月ぶりかのライブらしいライブ。
仕切りは自分では無いので、ステージングに集中できる。こりゃ嬉しい限りだ。
前日の放蕩の上、やはり「遠足の前の日症候群」による不眠が重なり、六本木に着いた頃にはもはや生ける屍と成り果てていたのだが、そこはやはり夜になると元気になる私。(これを月の力だと信じている私。)始まる前におにぎりを食して元気を取り戻した。
前日のお師匠さんのコンサートにて精神を浄化されていたのも功を奏し、メンバーで音を出している事がとても嬉しく、目の前のお客さん達の笑顔が大変に美しく、今回のわたくしの遠足は愛に溢れて幕を閉じた訳である。


そして、不眠のしわよせは翌日に続き、二度寝でやっと落ち着いて眠る事に成功したのでありますが、しかしながら、「起きたら夕方」という状況は、なんとも罪悪感を感じずにはいられないのでございます。。

夢見がいいので

本日の夢見は大変によろしかった。
以前所属していたレギュラーバンドのメンバーと、演奏仕事。
バカみたいに涙を流して、お腹を抱えて笑っていた。
思えばあの時期は、毎日が修学旅行のようだったな、と、おかしいような、懐かしいような気持ちを抱えて目覚めた。

すみません、どうもしばらく体調を崩しておりました。
そういった訳でネタがありませんでした。うわ、ははは。
わたくしは暇さえあれば体調を崩している。
これではまるで、萩尾望望の描く世界に登場する『ママン』と呼ばれる類いの、
か弱き女性のようではあるけれど、実際はそんないいものでもない。
ママンなら、絹のドレスでうろうろしているはずだ。
いや、うろうろなどしないで、長年病床に居た為に床ずれになろうとも、
涼しい顔をして『夜霧が冷たいわ。窓を閉めてくださる?』なんてな台詞を、
絹のシーツに横たわりながら吐くはずだ。

わたくしはと言うと。。。
絹のドレスが寝返りをうつ毎に体に絡み付いて、上まで上がってしまい寝辛くとも、
涼しい顔でいられる人間ではないらしい。
と、いう事で、部屋着でうろうろしております。


百聞は一聞にしかず。ガッツ!

雑誌社に勤める友人から、『脚本家の知り合いが参加した映画が公開されるので、一緒に行かないか?出演者の舞台挨拶もあるから。』というお誘いを受けた私は、映画の内容に不安を覚えながらも「近所だし」という安易な理由で行く事にした。
誰が出演するのか、どんな内容なのか、何もわからないまま。

そして前日に友人から届いたメールに『ガッツさんが主演だよ~。』と書かれていたのを見た私は、胸の奥底でずっとくすぶっていたあの想いを燃え上がらせずには居られなかった。

一生に一度でいいから、生でガッツさんの『OK牧場!』が聞きたかったのである。

およそ半年前の事、、
友人のCちゃんが、六本木のガッツさんの経営する焼き肉屋の前を通りかかった折に、偶然にもガッツさんに遭遇し、おもむろに『OK牧場??』と問いかけられたそうだ。
本当に羨ましい。。。。
人を羨んではいけないと解っていながらも、その話を聞いたわたくしは、軽い嫉妬を覚えた。

わたくしだって、いつか、いつか、、。生でOK牧場を!!と願って止まなかったのである。

そして、本日、わたくしもやっとその念願が叶う好機会に恵まれたのである。

舞台挨拶では、他の出演者の方々と共に、ガッツさんが照れくさそうに立っていた。
監督の挨拶も終わり、いよいよガッツさんのスピーチ。。。

出るか、、?『OK牧場』。。。??
すがるような想いで胸を押さえていた私の不安をよそに、意外とすんなりその言葉は発せられた。
『今日は本当にありがとうございます。OK牧場!』。。。。。。。感無量である。
ありがとう、ガッツさん、ありがとう、友人、ありがとう、地球。果てしなきコスモ。
ありがとう、お母さん。産んでくれて本当にありがとう。。。

そしてその直後、感激に溺れている私の耳に、ガッツさんの口から信じられない言葉が飛び出した。

『実は私もまだ完成した映画を観ていないので、今日はみなさんと一緒に観賞したいと思います。』
なんと、この会場で映画を観ると言うのである。
VIPルームや、特別室とかではなく、一般の観客と同じ席で、、。

ああ、こんな事なら、気を効かせてバナナを持って来るべきだった!

こんな後悔は後にも先にも前にも後ろにも立たず、成す術の無いまま本編が始まった。

原作は幸田露伴の純文学、『五重塔』。タイトルも同じく。
津軽を舞台にした、不屈の精神を貫いた陶芸家の話である。
わたくしの浮ついた心はすぐに落ち着きを取り戻し、派手な場面は無いが、
じっくりと染み入って来る物語に吸い込まれ、あっという間に映画は終了。

号泣する場面も、爆笑する場面も、劇的な演出は何一つ無いが、終わった後に残ったものは、鏡のように穏やかで波一つ無い水面に、ぽっかり浮かぶ月を見た時のような心の静寂。。。心地いい、、。
そこへ後方で観賞していたガッツさんの声が響き渡った。
『ありがとうございました!』と!
ブブブブブ、、、、、、ブラボー!!

温かい気持ちのまま、帰宅しようと上機嫌でエレベーターホールに向かった私。
ガッツさんもまた、一般の人と同じエレベーターで降りていく。
ガッツ!!どこまでもブラボー!

五月の風は湿り気もなく、からからと笑っています。

五重塔HP http://www.kaerucafe.co.jp/gojunotoh/

おれはNHKしか見ない。と言った男性(ひと)

あなたは覚えていらっしゃいますか?
かげろうの揺れる初夏の環七。

パジェロのハンドルを繰りながら、『おれはNHKしか見ない。』と言っていたあなた。
あの時、わたくしは鼻でせせら笑ってしまってしまいましたね。
本当にごめんなさい。
『じゃあさ~、バラエティー番組は専ら「お江戸でござる」とか見て喜んでんの~?
 おじいちゃんじゃ~ん。げらげらげらげら。』
などと言って、馬鹿にするように笑ってしまいました無神経なわたくしを、どうか許して下さい。

確かあなたはあの時、34歳。わたくしはまだ何も解らない26歳でした。

わたくしの知らない年月を過ごし、世界を見聞きしていたあなたは、
NHKのほのぼのとした風情に安心感を抱き、また、余計な飾りの無いシンプルな情報から知性を養い、深めていたのですね。

そして、今、わたくしはあなたと同じ34歳。

あの日、環七の陸橋は、青空に吸い込まれるように空に向かっていたような気がいたしました。あなたと同い年になったわたくしは今、山に行ったり、机に向かい一人作業をしていたり、自分と向かい合って暮らしております。

そして、そんなわたくしもまた、あなたのようにNHKを娯楽として楽しんで見ています。
お笑いにならないで下さいましね。

『お元気ですか、日本列島』にて、地方の風景を眺める事が、わたくしの楽しみになっております。時にはわたくしの故郷なぞも映ったりするのでございますよ。ふふ。
ああ、テレビ体操が始まってしまいましたわ。一度、マウスを置かせていただいてっと。
あぁぁ、、。体を動かすって本当に気持ちがいいのですね。
この後、時代劇が始まるはずですのよ。
近頃の時代劇は、文学の香りのする物も多く、物語の流れや、台詞が美しく、
わたくしも楽しみにしていたりするのです。

いやだわ、わたくしったらお話が過ぎてしまいましたね。
一人でぺらぺらと話し続けてしまう。いけない癖ですわ。

そうそう、それともう一つ、別に強がりではありませんが、言って起きたい事が、。

このわたくしの近頃の風潮は別にあなたに影響された訳ではございませんのよ。
毎日の生活の上で、自然にこうなってしまっていたところ、ふと、ある日、あなたの放った言葉を思い出し、懐かしいあの日の空気を思い出しただけですのよ。
どうか、誤解なさらないようにお願いいたしますね。(また、生意気な事を申し上げてしまって、お怒りになりますかしら。ふふ。)

それでは、お体に気をつけて、お元気でお過ごし下さいますようお祈り申し上げます。。

かしこ



私の楽しみ

実を言うとわたくし、ちょいとばかりおせっかい。
特に、友人の恋に対してはかなりのおせっかいで、
ああだこうだと具体的に案を出して応援するのが喜びである。

今まで何組のカップルを成就させた事か。。
中には結婚をして、いまだに仲良くやっている輩もある。
嬉しい限りだ。

男の友人には女心を、女の友人には相手に対する誠意を指南する。
自分を重ね合わせて、妄想し、ときめくのもまた楽しい。

あぁ、、私の愛する友人達の恋愛が、成就しますように。。
願って止みません。
このままいくといずれ、履歴書の趣味の欄に「仲人」と書きかねませんが。。。

美しい初夏です。

ちょいとランダムな演奏スケジュールです。

『毎週水曜日は赤坂のエクセル東急ホテル『ジパング』にて演奏しています。』と、
公言しているわたくしですが、今月はちょいと不定期になっております。

5/23日の水曜日のみ、六本木『ひとしずく』に出演です。
ちなみに詳細ですが、
時間19:00~22:30の間に2ステージ。(スタートは19:30くらいかも。。)
ミュージックチャージ1000円プラス飲食代になっております。

この『ひとしずく』は焼酎が自慢のレストランですので、
食事、飲み物、全てこのお店で満足していただけるようです。
ジパングとは違った雰囲気で、演奏もいつもよりライブ感を楽しんでいただけるかと
も思いますので、もしよろしければおいで下さい。

出演 桜井 りこ(ボーカル)
   竹内 大輔(ピアノ)
   有馬 勳(パーカッション)

かれこれ一年ぶりに「仕切り人」有馬君からのお誘いがあり、
前年、メンバーや来てくれたお客さんのおかげもあり、演奏がとても楽しかったのと、
加えて食事が美味しかった覚えも手伝い、ほくほく顔で出演する事に
相成った次第でございます。おほほ。

六本木『ひとしずく』 http://www.hitoshizuku.jp/

では、、間違えてジパングに行って『桜井さん、居ないじゃないか!』と、
暴れる事の無いよう、ひとつよろしくお願いいたします。
プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。