スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一度やってみたかった事

細々とながら、ずっと音楽を生業にしてきた私ですが、
ここ何年か(一度やってみたいな、。)と思うようになっていた事があった。

老人ホームでのボランティア演奏。

何年か前までの私はとても驕っていたようで、
「自分は一応プロなのだから、
ノーギャラで歌うという事は自分を安売りする事だ。
何が何でも貰います。」と、
エラソーな事を考えていました。
勘違いも甚だしいです。
お金を貰うかどうかは、場合によりけりなんです。
そんな事を考えていた自分が今となっては恥ずかしくて仕方ありません。
大事な物が何も見えていません。
バカヤロウです。

そんな愚かな私が、ボランティア演奏をやってみたいと思ったきっかけは、
以前、近所の小学校で歌った時なのですが、(学校でミニライブ)
あれは、ほんとに楽しかった。
貧弱な語彙しか見つかりませんが、温かい気持ちになれたのを忘れもしません。

以来、いろんなシチュエーションでのボランティア演奏が大好物となってしまったのですが、
今回、いよいよ、お年寄りの集まる場所で歌う事ができ、感無量で。

私は祖父母と一緒に暮らした事が無いので、あの世代の趣味指向が今ひとつ解らず、
どういった選曲がいいのかあれこれ考え、
越路吹雪なんかを用意して持って行ったところ、
リーダーから「その曲は新しすぎるだろう。」との意見が。

とはいえ、リーダーから提案される曲は知らないものばかりで、
新しめの?曲でも、美空ひばりさんなんかなら大丈夫だろうという事で落ち着き。

おじいちゃん、おばあちゃんが一緒になって歌ってくれる中、
その笑顔を見ていると、なぜだか無性に悲しくなってきて、
泣きそうになってしまう私でした。

アンコールの後、お年寄りの手作りの物やなんかをたくさんいただき、
片付けをしながらお話をしたりして、
またもや温かい気持ちで帰る事ができました。


そんな演奏を一緒にやってくれたメンバーが参加します楽団で、
1/9日にやるライブのチラシができたので、
どうぞ、ご覧下さい。
hirakusonaw.jpg

2010/1/9(土)

OPEN18:00

第一部 18:30 楽団「悠翔」&月川悠貴

第二部 ハイクラソーナオーケストラ
        tp 佐野啓、富永浩、大林裕明、藤井陽一、高木道人、
        sax 宮崎勝央、萩原優
        tb 中山豪、小山政弘、岡野智光、近藤文子
        vo 桜井りこ
        g 三恵勉
        pf 須川光、藤田秀雄
        b 吉岡大典
        dr 中武誠二

前売り 3000円(ドリンク別)
当日  3500円(ドリンク別)

場所「江古田BUDDY」地図  (03-3953-1152)

と、こんな感じになっております。
私は第二部での出番ですね。

この楽団、「伝えたい事がある」バンドです。
その内容に共感し、参加しております。
内容を聞いていただける方、ぜひ、お越し下さい。

ちなみに、第一部の月川さんは、蜷川幸雄さんの舞台等で活躍する俳優さん。
先日、リハでお会いした際、綺麗な人だなぁ、と思っていると、
俳優さんですよ、という事で、納得。

こんな機会も滅多にございません。
せっかくですので、早い時間からいらしてみてはいかがでしょうか?






スポンサーサイト

紅葉を狩る。

狩りまくりました。
紅葉。
ht.jpg

まずは電車で行ったのですが、さすが紅葉シーズンという事で、
隠居ライフを満喫しているお年寄りがたくさん。
ツアーのバッヂを付けている人たちも沢山居て。
こんな近場にわざわざツアーで参加するの???と思いきや、
近いのは自分なだけで、みなさん遠くから来てるかもしれないじゃん、
私のバカチン。

と、人間ウォッチングもしつつ、紅葉も狩りつつで忙しい。
eki.jpg

白丸駅の北側にある集落に寄る。
神社にある神木の銀杏の葉っぱが地面を覆い、ふかふかです。
kwa.jpg

上から見る川の流れと紅葉のコラボレーション。
たいした距離を歩いた訳ではないけれど、
心地よい疲れに満足しつつ、奥多摩駅にてコーヒーをすすり時間調整をし、
明るいうちに帰路につく。

翌日は冷たい雨。

翌々日。

朝から山がくっきりと見えるため、辛抱たまらんとなって
今度は車で狩りに行く。

奥多摩湖。
okut.jpg

以前から気になって仕方なかった浮き橋に行ってみる。
見せたかったのに、浮き橋の写真を撮り忘れる。

okt2.jpg

さすがに奥多摩湖あたりは散り始めていたけれど、
下流の方は、ちょうど今が見頃かも。

なんとか、もう一度くらいは、、と、考えながら地図を見てシュミレーション。









ハイクラソーナ オーケストラ

「ハイクラソーナ オーケストラ」と言いますのは、
現在私が所属しております楽団です。

この楽団、3月からリハをやっているのですが、
日によって人数が違うので、なかなかメンバーの顔と名前が覚えられず、
気の小さい私は端っこでコソコソしていたのですが、
やっと最近になって誰がどのパート、
この人は誰々さん、と、少しずつ認識できるようになってきました。

本日確認してみたところ、
今日のところは
総勢15人という大所帯でした。

そして、2010年1月9日(土曜日)にライブをやるのが決定しているのですが、
それに向けて、せっかくライブをやるのに手ぶらもなんだろう、
と、いう事で、CD制作の為のレコーディングをしてまいりました。

hirakusona.jpg

大所帯のためレコーディングブースも広く、
エンジニアブースからは全体は見えません。
ので、写真もタクトを振るリーダーしか捉えられませんでした。

急遽、「ボーカル録りは後から。」という事になってしまい、
朝早くバイクに乗って多摩湖をぶっとばしてやって来たものの、
ほとんどの時間を待つ羽目に。

眠りを誘う為に点けられたような心地よい照明の中、
若干、背もたれに加齢臭が残るエンジニアブースのソファに深く腰を下ろし、
(お父ちゃんの枕の臭いやん~)と、思いながら、ウトウトしちゃったりして。

と、言う事で、私のパートは後日改めてスタジオに入って録る、という事になり、
まだどういった仕上がりになるかわかりませんが、
5曲のオリジナル曲の中、1曲ですが私が作詞したものも入っており、
今までの自作の曲の世界とは違い、
少し大人な感じになるのではないかしら、
と思っております。

と、途中経過を報告しましたが、
また、CDが出来上がった際には小躍りしてお知らせいたします。

また、近々ライブの詳細もお知らせしますので、
どうか、宜しくお願いします。

遊んでばかりいる訳じゃないのよ。













乙女心

自分では(まだ若い)と思っていても、次世代はどんどん生産されていく。

こちらは自動的にプロトタイプになっていき、
なぜか、世の中、新型が有り難がられる風潮の方が強く、
ガタがきていたり、錆びてきていたり、
思い出のテレビ番組の話題が20年も前の物になっていたりすると、
場合によってはどうにも
うら悲しい気分になったりする事もある。

そんな自分にある日、年下のかわいい彼氏なんかできようもんなら、
そりゃあ、浮かれるが、それと同時にかなり動転もする。

一歳二歳くらいならまだ、テレビの話題もアイドルの話題も
口ずさむ鼻歌も共通する部分が多いのでまだいいのだけれど、
五歳、六歳、十歳と離れて来ると、もうどうしたらいいのかわからなくなる。

お互いに好きで付き合っているのなら安心していればいいじゃないか、と
自分を励ましても、
彼のシミ一つない艶のいい肌や、
夜通し遊んでいても疲れを見せないあり余る体力、
将来の夢を語る澄んだ瞳を見ていると、
自分がどうしようもなく汚らしく、くたびれていて、
これからどんどん朽ちていくだけの年増だという負い目を感じ、
いたたまれなくなる。

知らず知らずのウチに自分の体から流れ出ていく若さを、
この人はまだまだたっぷりと持っている。

そう感じてしまう彼女はあれこれと工夫をする。


最終的に疲労感が残るだけのような気もしないでもないが、
いいじゃあないか、乙女心。
私は嫌いじゃないぞ、そんな可愛い女の人。

と、そんな話を聞き、いじらしい女性に共感したりしつつ、
今週はライブをやったりリハをやったりと
音楽に従事していたのに、写真を撮り忘れる。

近頃の活動では、全部で何人居るのか把握していないくらい
大人数のバンドに参加しているのだけれど、
しっかりしたリーダーに付いているので
歌う事に集中できて嬉しくもあり、有り難い、。

ライブの写真は無いけれど、またも野山の写真は撮ってあるので、
お茶を濁しましょう。

hn.jpg tenbo.jpg nai.jpg yuhi.jpg

怪しげな建造物は展望台。
本来は富士山が見えますが、天候不順で残念。
今週はここに二回来てみたのだけれど、
二回とも雲に隠れてしまっていた。
リベンジならず。







うろうろしてました。

rit.jpg

いきなり気色の悪いブレブレの写真ですが、
3D眼鏡が必要な番組があるのをすっかり忘れており、
番組が始まった途端に慌てて作った、自作3D眼鏡。
悲しいくらいに有り合わせの材料で作ったため、
貧乏のスメルがぷんぷん。
青は事務用の封筒が入っていた袋に付いていた物、
赤はチェックシート。試験勉強とかで使うアレ。
しかし、あまりにも表面がぐさぐさに荒れていたため、
嵐は飛び出して見えなかった。
3D眼鏡がダメならと、目を細めて見てみたけれど、
やっぱり飛び出してなんか見えなかった。
二宮君が画面から飛び出してウチに来るはずだったのに。悲しい。

ヤケになり、そろそろいい感じに育ってきた息子に、
「あんた、こういう仕事して二宮君と合コン設定してくれ。
熟女連れて行くから。頼む、頼む。」と、
無理難題を突きつける。
が、やっぱり彼には公務員になって欲しいので、
すぐさま前言を撤回し、
「いや、。やっぱりあんたは公務員になるのだから、
母は二宮君を諦める。
母の気持ちを汲んで、立派な公務員になってくれろ。」と、
二宮君との合コンよりも、息子の将来を取る。
なんて出来た母でしょう。

今週は芝居を見に行ったり、
リハがあったり、その辺を徘徊したりと
なんやかやいろいろネタはあったのに、
ことごとく写真を撮り忘れ、。
芝居、面白かったな、。
「ガス人間第一号」。およそ日比谷なんかでやりそうにないこのタイトル。

あと、近頃は私も自立した女になりたいと思い、
まずは手始めに「一人でお店に入って食事をする」という練習を始めたのだが、
これがなかなかに大変で、。
全く落ち付かないので、
回転寿しでは3皿でギブアップ、ドライカレーは噛まずにかっ込み
これではちっともいけない、まずは公園で弁当から始めようと公園に行くが、
人が沢山居て、こここそ全く落ち着かないという始末。

ただただ拷問のような、ひとり外ご飯。
どこでも一人でご飯が食べられるようになるよう頑張るぞ。
最終目標、中華屋で一人レバニラ。

プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。