スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四万十公演も終わり。

沢山の人の協力を得て、四万十公演も無事終了致しました。

実行委員会の方々、スポンサーの方々、協賛していただいた各メディアの方々、
本当にありがとうございました。

そしてなによりも、会場に足を運んで下さった皆様、
口コミで宣伝してくれた皆様、本当に本当にありがとうございました。
800人収容のホールがほぼ満席。
皆さんのおかげで起きたミラクルです。

かなりの上がり症の私、今回は特に「地元」という事でプレッシャーも大きく、
高知に入ってすぐ食事が喉を通らず、思わず3キロ痩せてしまい、
ちょうどいい感じになって、準備万端。
久々に出ました、得意の「プレッシャーダイエット」。

そして、本番前のサウンドチェック。

rihasi.jpg

本番はさぞかし緊張するかな?と、思いきや、あれあれ全く緊張する事もなく、
始終リラックスして楽しめたのが意外でもあり、嬉しくもあり。

むしろ、母親の方が緊張のあまり具合が悪くなり、薬を飲んでいたという事。。
これでは親孝行なんだか、親不孝なのか、よく分かりません。

この日は親兄弟、親戚、友人、知人、恩師、
近所の方々総出で応援しに来てくれていたのですが、
そんな皆さんの顔を見ていると、
ただただ(みんなが楽しんでくれればいいなぁ、、)と考える、
ピュアーな白りこが表面化していた次第でございます。

simaore1.jpg  simaore2.jpg

2ステージ目はみんなでお揃いのハイクラTシャツで。

osorosoro.jpg

そんなこんなで、無事アンコールまで終了し、
この日の為に体調管理をしたり準備をしたり、
人知れず熱かった私の夏も終わりに近づきます。。

と、思いきや、挨拶回りを忘れてはいけません。

挨拶に行った先で、写真を撮ってもらいました。

tikkun.jpg

夏らしい写真をありがとうございます。

と、四万十ツアーについて早く書かねば、
すぐに9月になってしまうので、
それではあまりにもだらしないとパソコンに向かっておりますが、
四万十市からの帰りの車の中から急速に具合が悪くなり、
胸の辺りが焼けるように痛み始め、
扁桃腺が腫れ、発熱。

すぐさま病院に行き、土日月と寝込んでおりましたが、そろそろ起き出さないと。。

やらなくてはいけない事や、行かなくてはいけない所がたくさんなんです。

子供の頃から、イベント事のある度に必ず寝込んでいましたが、
相変わらずな私でした。














スポンサーサイト

ガラスの仮面 舞台

先日、彩の国さいたま芸術劇場にて公演の「ガラスの仮面」の舞台を観に行って来ました。

ガラスの仮面

garasunokamen.jpg



公開前日のゲネプロという事で、リハーサルとは言え本番さながらの舞台。

蜷川幸雄さんの演出の舞台を見るのは恥ずかしながら初めてだったので、
期待に胸を膨らませ。


まるで本当のリハーサルのような光景から、
ダンサーのレベルの高さに圧倒されつつ自然と本番に入っていき、
あれよあれよという間に観客もろとも「ガラスの仮面」の世界の一部に取り込まれ、
しまいには日本アカデミー賞の観客になり、
北嶋マヤに拍手を送ってしまうような演出。

さすがです。圧巻です。

もともとが原作漫画のファンである観客だと、
どうしても厳しく評価してしまいがちなのですが、
演出は勿論、ダンスの迫力はとにかく素晴らしく、
そして物語の構成も、役者さんの演技も、原作を損なう事無く、
むしろ昇華させられているくらいの素晴らしい舞台で、
かなりご満悦な原作ファンの私でした。
ことに月川悠貴さんの美しさはというと、
人間の生臭い体温を感じさせない、男性なのですが、、まるで女神のようでした。。
うっとり。。。




小学生の頃、コミック本で「ガラスの仮面」を読んでは、
一人でお留守番をしながら、
北嶋マヤや姫川亜弓のマネをして一人芝居をしていたものですが、
原作はとうとう完結しないまま、私は大人になってしまった。

漫画を読んでしばらくは「あたし、女優になる~。」と言い触れ回っていた。

そして、原作は未だに完結していないという、
なんともじらしてくれる漫画の一つであります。



それにしても、ウォーミングアップの光景を見せて貰ったのですが、
どの人も「自分の解放」がすごい!

心のヌーディストビーチとはまさにこの事か!と、
とても勉強になり。

久しぶりにエネルギーを分けて貰った一日と成りました。


という事ですが、しばらくこのブログは夏休みに入ろうと思っております。
変則的に金曜更新となりましたが、
次回は四万十ツアーより帰ってきてからという事で。

それでは皆様、この夏を無事に健康にお過ごし下さい。

チャオ。















ハイクラソーナオーケストラ、江古田バディライブでした。

まずは、、激しい猛暑の中、お集り頂きました皆様、
本当に本当にありがとうございました。


中には先日の学校公演の時にお話しした学生さん達も、
お友達同士で連れ立って、あんな遠くにまで足を運んでくれていて、。
感動しました。。

今回は昼の部とあって、夜にやるのとは全く違う雰囲気になり、
少々戸惑ってしまいましたが、
途中、持参していたトランペットを吹いてくれた学生さんが居たり、
11日に蜷川幸雄さん演出「ガラスの仮面」の開演を控えている
月川悠貴さんが稽古の休日を返上して、歌いに来てくれたり、、
そんなこんなで、皆様のお力をお借りしつつ
なんとか無事に終了する事ができました。

次はいよいよ四万十公演ですが、
一つ一つを落ち着いていつも通りに表現できるよう、
そして、地元という事もあり、親兄弟、親戚も来るのでMCの毒を抑えめに、、
を第一の課題に、頑張って来たいと思っております。

それにしても、今回のバディライブ、、
ライブが終わり、外に出るとまだ明るい。
「ライブハウスから出てまだ明るい」という事ももしかして初めて??
野外やホテルのイベントなどでなら、そういう事もあったような気もするが、。

とても不思議な感じがしつつ、帰宅した次第でございます。


obayasisan.jpg

相変わらずライブの日は写真を撮り忘れる私。
大林さんより頂いた写真を掲載しますが、
偶然にも黒い服で合わせているよう、、、
まるで、社交ダンスペアのような写真になっておりました。

高円寺に行く。

「猛暑猛暑と言うけれど、このくらい難なくクリアーできんじゃん、
今年はこのままイケんじゃん~。」と、前半張り切って、
家の中では全裸で過ごしておりましたが、
毎年毎年、暑気あたりしている自分が、
服を脱いだくらいでこの猛暑が乗り切れる訳も無く、
早くもバテて生ける屍のようになっております。

今日は服を着て過ごすのも苦ではないくらいの気温なので、
少し安心しつつ。

先日、知人の彫刻家、中出武彦さんの個展を見に高円寺にある「座・高円寺」に出動いたしました。

ナカイデタケヒコ

nyujou.jpg

「クルマと交通」がテーマに作られた作品群。
さすが、元旧車乗りという事で、タイヤや車の形や顔など、
細部にわたり旧車の匂いがプンプン。

sakuhin.jpg

私の一番のお気に入り作品。

ippoutukou.jpg

こんなヤツが道路に居たらさぞかし楽しかろうもんのぅ、と、ほのぼの。
たまにはこういったアートに親しむのも心の栄養になります。

一通り作品を観た後、エントランスに戻ると、
かあいらしい苔盆栽が並べてあった。

衝動買いした松の苔盆栽。

kokebon.jpg

ぼてっとした苔玉と、控えめな松の絶妙なバランスが愛らしい。
その下の小皿もたまりません。

そして、高円寺と言えば若き日によく徘徊したエリアでありますが、
当時の仲間と夜な夜な訪れたラーメン屋に行く事に。

あの頃は、週4~5ペースでラーメンを食べていた気がする。

ramenmine.jpg

店も味も健在。
チャーシューがたまらなく美味しい、豚骨ラーメン。
ですが、今になって気がついたが、豚骨の中にカツオ出汁の香り。
東京のラーメンはほんとに美味しいにゃぁ、。

幹線道路がけっこうな渋滞ぶりを見せる中、
多摩から環七圏内までの長旅だった訳ですが、
高円寺あたりはやっぱり好きだなぁ。













プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。