スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賢治さんの旅2010 姫神山

9/21日は宮沢賢治の命日でした。

と、いう事で、賢治祭に参加すべく!!というガラではなく、
人が多い場所は苦手なので、
自分なりに賢治さんの命日を感じようと無計画に岩手に行く事に。

その前に、、、
寄り道をし、「ほんとうの空」の下にある滝の上流へ。

adatarataki.jpg adatara.jpg

この川自体に温泉が流れているので、入るつもりで来てみたが、
この日は気温の割にお湯がぬるく、、。
初日から風邪をひいている場合ではないのと、
もう少し上流だと温度はいいだろうけれど、
「有毒ガス発生、この付近立ち入り禁止」という看板が気になり断念。

予報は雨だったが、ギリギリセーフで青空と萩の眺めも美しい。




そして青空に気分をよくしつつ岩手に入るも、やはり降って来た。
雨女効果出てます。

そんな雨降らしな私の今回のメインイベント。
これをやるためにはるばるやって参りました。
初めての遠征登山。

himestart.jpg himekamituki.jpg

姫神山、賢治言うところの「ヒームカ」さん登頂。1124メートル。

岩手山との夫婦伝説があり、カンラン岩で出来た山。

賢治作品に岩手山、早池峰山と共によく名前が出て来ますが、
「楢ノ木大学士の野宿」の中では、他の山から
憧れのマドンナのような扱いを受けたりと、
とても気品あふれる美しい山です。


いざ、頂上を目指し歩き始める。
登り始めは天気も悪くなく、青空も見え隠れしていたが、
やっぱり降った。そりゃ、降るさ。

6合目辺りから傘を差しつつ歩く。
林の中はこのくらいの雨ならダメージは少ない。
が、、徐々に雨足が強くなり不安になってきた。
この雲が通り過ぎるまでの辛抱です。

八合目辺りから巨岩が現れ始め、この頃やっと雨が上がる。
山頂直下ではドデカい花崗岩の岩場になる。

実は元々、早池峰山に登るつもりだったが、天候不良のため危険と判断、
という事で、姫神山に変更。
時間も短くかなり楽な山ですが、岩場があるためちょっとした冒険気分を味わえた。

himetop.jpg

山頂に居た地元の方としばらく話す。
岩手訛りの言葉が気持ちいい。。。


そうこうしている間にガスの流れが早く時々途切れるので、
下界や岩手山が姿を現した。
賢治さんが見せてくれていると思う。

iwatesankumo.jpg

こわ坂コースで下山途中、夫の岩手山が見える。
立派な光の雲の帽子です。
姫神山と雲で繋がっているのが運命的で感動。

が、この時すでに、先ほどの雨で濡れた登山道で
ずるずる滑り転け、泥だらけになっています。

iwatesanatamakakure.jpg iwatesanatama.jpg

岩手山の表情は刻一刻と変わり、頭は見え隠れ。

ヒームカさん、とてもいい山でした。


翌日。

雪の無い岩手に来るのは初めてで、
八幡平が閉鎖されておらず、トレッキングのできる季節なので、
ちょっくら歩いてみたいわね、
と、八幡平に向かうもガスに包まれて何も見えず、
どうしていいか解らずとりあえず松川地熱発電所へ。
tinetu.jpg

偶然居合わせたスーツ姿のどこぞの視察団に囲まれ、地熱発電の資料映像を見る。
すごいぞ、火山。

それにしても気温12度。
松川温泉に入るも、湯冷め。。
花巻に向かう事に。

ちょいと足を伸ばし、釜石線の走るめがね橋へ。
偶然にも電車が通過。
meganetore.jpg

ジョ、、、ジョバンニー!!!と叫ぶ。心の中で。

市街に戻り、身照寺へお墓参りに。
夜の墓場はしんとしており、
よりいっそう粛々とした雰囲気です。


そして、賢治ゆかりの大沢温泉へ。

osawagenkan.jpg



いつか行きたい、できれば泊まりたいと思っていた大沢温泉。
聞くと自炊部の部屋に空きがあるという事。
宿も決まっていなかったので、ちょうどよかった。。
入部決定。
かなりの興奮を覚えながら、湯治客で賑わう自炊部の部屋へ。

初めて見る、ガスの自動販売機。
gasujihanki.jpg
10円で8分間ガスが使えます。
jisuibeya.jpg sentakuba.jpg
共同自炊室と洗濯室。
売店は食品や洗剤、いろんなものが揃うので、手ぶらでふらりと来ても
全く困りません。

賢治も入った露天風呂は混浴なので諦め半分でしたが、
週に一度の女性専用タイム20時~21時に当たり、かなりのラッキー!!
ここでまたテンションはマックスに。

とは言え、すぐ近くにある曲がり橋やら、真ん前の男風呂から丸見え。
まあ、旅の恥はかき捨てという事で、どうぞ、見て下さいってなもんです。


oosawaberanda.jpg


ベランダつたいにお隣さんの気配も感じられ、長屋気分。

築200年の建物を基本に、改築増築で迷路のようになった造りがまた、たまらず。
館内を歩き回る。
と言うか、迷う。

木の中に精霊が宿っていそうな雰囲気。
絶対、居ます。座敷童が。
居ます、、、座敷わらし、、座敷ぼっこ、、ぼっこ、、ぼ、、、。おやす、。



朝、土砂降り。寒い。

私にしては珍しく、朝風呂にも行く。
朝風呂3カ所を回り、お肌つるつる。

もう一泊したいよう、、もう一泊したいよう、、
と、じたばたしつつも、チェックアウト。

賢治の生家に行き、前回フラれた「蔵」へ。

kura.jpg

感じのいい店員さんとお話。
岩手訛りが心地いい。
賢治グッズを購入。


前線を引き連れて東京に戻る。
なので東京は土砂降り。
すごいな。妖怪あめふらしだな。


最後に岩手の山にあった道路標識を3つ。



横断注意ですが、すでにこれ、タヌキ、
轢かれてますので、横断できませんね。
tanuki.jpg


koara.jpg
コアラ、居ません。


このクマ、、足、完全に捻っちゃってるからね、
苦悶の表情が痛々しいから。
歩ける状態じゃないから。
のどちんこ、逆だし。

kumakanban.jpg

岩手最高。

nametoko.jpg
































スポンサーサイト

9/21は。

ご近所のNさんに声をかけ、「そろそろ、山に行こうか~。」と言っていると、雨雲が。
昨日までカンカン照りだったのに、雨。

なんなんだ。

Nさんと予定を立てるとたいがい雨。

なんなんだ??

と、こういう具合に、完全に前回の記事をコピーして貼付けてしまったくらい
モンモンと過ごしていた先週一週間。

私達、お祓いに行った方がいいのではないかしら?いつ行く??

結局、ふて寝しちまいました。



ですが、今週の私は違います。

宮沢賢治の命日がやって参ります。

岩手に行って参ります。

では、、、そわそわ、そわそわ。

初心者講習

ご近所のNさんに声をかけ、「そろそろ、山に行こうか~。」と言っていると、台風が。
昨日までカンカン照りだったのに、台風。

なんなんだ。

Nさんと予定を立てるとたいがい雨。

なんなんだ??

と、こういう経緯でモンモンと過ごしていると、
「では、ボルダリングジムに行きましょう。」とお誘いが。
Nさん、ナイスリカバー。いぇい。

何事も様子見から、、
という事で、初心者講習を受けて参りました。

kousyu.jpg

今後、山に行くにあたって、どんな状況に遭遇するかもわからず、
二子山
前にも後ろにも行けなくては困るので、
ちょっとくらい練習しとかないと、、という思いと、
あとは、腕の筋肉の筋が浮かび上がるようになりたいという願望からのこの行動。

一体、何を目指しているんだ??

bor2.jpg

とりあえず、こんな感じで初心者向けの8~6級までを登らせてもらい、
なかなかに楽しくご満悦だが、
この時点で既に、肘から先がかなりの疲労感。
お箸すら持てそうもないくらい、プルプルしております。



そして、
そんなにやる気の無いロープ。

一番簡単な所から、二番目くらいの所は割とすんなり行けたので、
意外にも、、、思わず楽しかった、、、。
高い所もこの位なら平気らしい事が発覚。

講習が一通り終わり、満足感に浸りながら、
これ、イケんじゃねぇ??と、調子をこいていると、
この日同行してくれたNさんのダーリンが、目を異様にギラギラさせながら近づいて来た、、。

ロープ、やる??

Nダーリンは何かというと熱心に付き合ってくれる人なので(スキー体験
こうなるともう逃げられず、
もう一段階難しい所に取り付く羽目に。。


ropegree.jpg

しかし、ここからどういっていいかもわからず、
ただただうんうん唸っただけであっさり「無理です。」と降伏宣言。

そこは諦め、もう一段階簡単な所に取り付き、

ropeblue2.jpg

途中までは調子良くすいすい行くも、
腕の疲労感に加え、オーバーハングと言えるか解りませんが若干の傾斜、、。

「無理です。」

と、またもあっさり降伏宣言をし、手を離すも、降ろしてもらえる気配がない。
ブランコに乗ったハイジのように空中でブラブラしているが、
ロープの緩む気配がない。

しかたなく取り付いてみるが、登れる気がしない。

下ではスタッフの人やNさん、ダーリンが「ガンバ~、ガンバ~!」と応援してくれているが、
(ウチ、もう、ええねん、ほんま、もう、ええねん。)と思う自分。

ropeblue35.jpg 


しかし、、、身内だけなら何としてでも降ろしてもらうが、スタッフの人が居たら、、
全く知らない人が見ていたら、、、、
カッコつけてしまう、悲しい性質です。

うんうん上に上がろうと踏ん張る。

とは言え、もう筋力は限界なので自力で上がれるはずも無く、
ロープはピンピンです。

細マッチョのダーリンごと持ち上げてしまうんじゃないかと不安になりつ、
なんとかトップまで行く事ができ。

ropeblue3.jpg



と、言いますか、これは、95パーセント、ダーリンに引っ張り上げてもらったという状況で、
手を離していても浮いていたという状況で。。
どうも、ありがとうございました。。
お恥ずかしい限りでございます。

そんなこんなで、ほぼ初ボルダリングという事で、
多分、恐らく、また行ってしまうでしょう、、。

楽しい初体験でした。

team.jpg












旧車と猛暑

ウチには、こんな車N360や、
こんな車ステップバン、こんな車TN360しか無いので、

「夏の間、昼間は車に乗らないんですのよ、おほほほほ。」
と、言います。

クーラーが付いていないので、夏の車内温度は40度にはなる。それ以上かも。

夏でなければ運転は楽しいし、とにかく見た目が可愛い、
錆が浮き、床に穴も空いており、そんな朽ちていく様も愛らしいので、
好きか嫌いかと言われれば好きなのだけれど、

とにかくいつ不調をきたすか分からない、
その辺の車屋だって修理できないんだから、
もちろん自分でなんか修理は出来ない、

とにかく暑いから死ぬ、殺される、という理由で、ささやかな不満を抱きつつ、
近頃は遠出もしたいので、
「林道をガツガツ行きたいのでジムニーを所望します。クーラー付いてるやつ。」と、
希望届けを出しますが、即却下。
あまりしつこく言うと家庭内抗争の火種にもなりかねず、
ケンカは面倒くさいのですごすご引き下がる。

これの繰り返し。
誰か、ジムニー下さい。



こんな状況なのだけれど、どうしても必要に迫られる事もある。
家族で遠くまで出掛ける時の電車代の高さに比べたら、40度なんて、、

そんな時は気持ちを切り替え、お好み焼きの鉄板のように熱くなった
シートベルトを締め、車で出掛けるのですが、
こんなに暑いと気合いだけではどうにもなりませんよ。

と、言う事で、全員分のタオルとありったけの保冷剤をクーラーボックスに入れ、
水筒には冷たいお茶、塩分のある食べ物を持ち込みいざ出発。

キャンプかよ。

「保冷剤は動脈に当てろ。」と指示を出し、
小さいものは脇に挟んだり、足の付け根に置いたり、
首に巻いたり。
大きいものは腿の下に敷いて涼を取る。

定期的に保冷剤の様子を見ながら、交換しては体調を管理する。

「頭が痛い。」などど言おうもんなら
「熱中症じゃん!!」と突っ込みを入れる事も忘れないが、
痛いと言われても、水分を与えたりする以外、
これ以上どうする事も出来ないので保冷剤をもう一つ渡してお茶を濁す。

そんなこんなで、一日どこかに出掛けるとなると、(私だけ)大騒ぎするのですが、
とてもとても効率の悪い気がする。


そんな事を考えながら、
クーラーをつけた車体からガンガン熱気を発している
普通の人達を見ていると、どうにもこうにも、ああぁ、、うらやま、、熱いわぁ、ほんま、。。




プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。