スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士山 残雪

「天気が好天した場合、富士山にアタックしてみる??」



元々富士山の為に空けておいた予定が二転三転。
天気に振り回され、丹沢にするか、
それとも本命、富士山にするか、
どちらにも転べるよう、両方の準備をして出掛け、
前日の夜中に決断する事に。

予報は晴れ。
恐らく自分にとっては今春最後のワンチャンス。
この季節の富士山に登る為に、
あちこちの山を歩いてコツコツ足腰を作ってきました。
このチャンス、行くしか無いです。

太平洋上に台風が居るので風が気になりますが、
行ける所まで行ってみよう、という事で、富士宮口五合目へ。
山頂付近、風速19メートル。

fujinimiya52012.jpg


南アルプスがすぐそこに、愛鷹山が足下に見えます。asafuji2012.jpg asitakaasimotofuji2012.jpg

少し標高に体を慣らし、5時57分、駐車場スタート。fujinomiyaguti2012.jpg
ここからは真剣に自己責任の世界です。

初めは雪山用のパンツが暑い。
ベースは夏用。薄手のウィンドブレーカーでも暑いくらい。
いつものペースよりかなり速度を落とし、
これでもか、というくらいゆっくり歩きます。

雲海荘を6時17分通過。
この日は週末という事もあり、スノーボーダーやスキーヤーが沢山。
見える範囲で前方に35人を確認。夏よりはマシかな?

7gokoyasurufuji2012.jpg

6~新7合目の小屋は休憩せずにスルー。

noborufuji2012.jpg
 
雪が朝日に照らされキラキラです。yukikirafuji2012.jpg 

hoeizanfuji2012.jpg 宝永山はすでに足下。

8時20分。元祖7合目まで登り少し休憩です。
無理はしません。sin7gomefuji2012.jpg

3000メートルを超えているので、ソイジョイもパンパン。
やたらお腹は空きますが、危惧していた高山病の気配は全く無し。

9時17分。八合目の鳥居。8gometoriwatasi.jpg

ここまではペースも順調。
9時57分、9合目鳥居。9gotoriifuji2012.jpg

前日に登った人が行方不明になっていたらしく、
ヘリと捜索隊がおります。herifuji2012.jpg 

中にはハーネスを履き、ロープで確保してもらっている人も居ます。
そのくらい、傾斜もきつくなってきました。

9合5勺。
さて、もう、お鉢の縁が見えています。
傾斜はかなりありますが、これなら行ける。もうすぐだ!


と、思いきや、ここからはものすごい強風に見舞われる事に。
スキーやスノボーの人はこの辺りまでのようです。
ここから先に行く人数はぐんと減ります。

そりゃそうでしょう。。
ルートの左側にある岩場の地形的に、この辺りからは風が巻くそうで、
突然の突風に弄ばれます。。
緊張の連続の始まりです。
板など背負っていたら、すぐに体ごと持って行かれます。。


風がどこから吹き付けるか予測がつかないので、
気配がすると即、耐風姿勢に入って風が過ぎ去るまで
やりすごさなくてはいけません。
その為に、かなり時間を取られますが、焦って先を急ごうとすると、
体を風に持って行かれるので、動いてはいけません。。
ひたすら雪面に刺したアックスにしがみつきます。
その間、飛ばされて来る氷のかけらが全身に叩き付けられ、
最初は「いてててっ!」と喜ぶ余裕もあったのですが。。。

風に耐えているその時、、、、
自分の体がふわっと持って行かれそうになり、
慌てたその瞬間、。

自分の右上の方から人が落ちてきまして。。
ピッケルで止まろうとしますも、失敗し、
もんどりを打ちながら壊れたおもちゃのように落ちて行きました。。
姿勢を低くしたまま肩越しにその様子を眺めていましたが、
その瞬間、今更ながら自分がどんな状況に居るのかを改めてはっきり意識し、
絶対にミスをしてはいけない事、
仮にミスをしても絶対に冷静で居なくてはいけない事を自分に言い聞かせます。

後から友人に聞いた話によると、その人は下の方でなんとか止まる事が出来、
その場に居た人達に救助されたそうで、、。
血だらけでボロボロだったそうですが、命は助かったそうで本当に良かった。。。
本当に良かった。

そんなこんなで緊迫状態のまま11時34分。浅間大社の鳥居に到着。

sengenjinjyatorifuji2012.jpg

だいぶ雪が減ってきましたね。

感動の為、涙が出そうになりながら
呑気に写真を撮っていますが、午後からさらに風が強まる予報なので、
さっさと頂上を踏んで下りなくては危険です。

剣が峰へ行きましょうー!
南アルプス綺麗~~、足下には雲海~~、、。

sokojyominamiarpfuji.jpg

う、、雲海??  一部黒いぜ。。
あぁ、、まずいじゃん。

日本最高所の石柱は足下なので、とりあえず登頂成功という事で。
11時55分。富士山3775.6メートル。

ひとしきり山頂にて記念写真を撮り、お釜を確認し、景色を確認し、
santyowatasifuji2012.jpg へっぴり腰です。

hunkako1.jpg あの、日本最高所の石柱とか座ろうと思っていましたが、
この風の中、できません。

sokojyowatasifuji.jpg あの後ろの階段とか登りたかったけど。できるわけねーだろ。

sokojyo1.jpg

そんなこんなで、ここからまたあの恐怖の強風ポイントを通過し、
下らなくてはいけません。

遭難事故の8割は下山時に起きているという事。
気を引き締めて行きましょう。
ああだこうだやっているうちに、12時20分になっています。
急がなくてはいけませんが、、
迅速且つ丁寧な行動をとらなくては。。

という訳で、ここからは全く写真がありませんよ。


登り同様、風に苦労しながらも慎重に下ります。
だいぶ慣れてはきましたが、やはり時間がかかります。

ヘルメットは駐車場に置いてきたので、ニット帽を被っていたのですが、
雪見だいふく大の氷が飛んで来て後頭部に、、、
ニット帽の二重になっている部分に当たったから良かった。
例えるなら、げんこつで軽く叩かれたような感じでした。。

8合目の小屋の屋根付近まで下りた所で軽く休憩。

上から見ていた雲海は思いの他厚く、視界は15メートルあるか無いか。

景色や目印は何も見当たらないので、踏み跡を辿りますが、
シュプールが交差しており、ウネウネしていて時間を食わされます。

いよいよ急がなくては、
先ほどまで腐っていた雪が急速に凍ってきました。
雨や雪が降っていないだけラッキーですが、
3時を過ぎるとどんどん締まって来るそうな。
シリセードでもできればいいんですが、
いかんせん、スピードが出る乗り物が苦手。
だから、とことん徒歩です。

が、いよいよゆっくりしていられません。
アイゼンを脱ぎ、駆け下りる作戦ですが、
言っても雪道、
二回ほど滑り、人知れずアックスでなんとか止まったりする場面も。

途中いよいよ視界が悪く現在位置を確認しないと、と、GPSの出番。
iPhoneの山地図アプリですが、使えます。。
すごいな、、GPS。。

そして、なんとか頑張って宝永山荘に到着。
同じような人達が数人、ほっと安堵の表情を浮かべながら挨拶を交わしたが、
「おれ、マジで今度こそ遭難するかと思った。。」とつぶやいている男子も。
その気持ち、、、わかるぜ。。。

朝の好天とは打って変わって、最終的にはそんな状況でしたが、
無事、下山。

tyusyajyofuji2012.jpg

駐車場、15時56分。

そう、、。

やっと、、一つ目の目標が果たせました。
本当に本当に感動です。。。


正直なところ、
下りながら(今度は安達太良山くらいのほのぼのした雪山がいいなぁ。)と
思ったりもしました。
次は新緑のほのぼのハイキングに行くんだ。とか。

しかし、、こうやって普通の生活に戻って1日2日過ごしてみると
また、あの緊迫した状況に身を置いてみたいような気もしてしまうのは
何なんでしょうね。

本当に不思議な心の動きです。。

いや~~、、富士山!
ありがとっーーー!!!!!



















































スポンサーサイト

BBQとか、お取り寄せとか。

お取り寄せとか。



母の日とか父の日とか、お誕生日とかなんだとか、
いろいろとご贈答を考えなくてはいけない事は多いけれど、
年代や環境によって趣味も違うし、何を送ればいいのか毎回悩みます。

そこで、ここんところは「食って、飲んで無くなるもの」
が一番いいのではないかと思うようになり、
美味しそうな物を探して歩きますが、それもネタに困ってきて
とうとう、ネットで良さそうな物をチョイスするようになっています。

そうは言っても、選ぶのは自分。
結局、スイーツなんかに関しては、
自分の食べたくなるような物を選んでしまいますも、
実際は、自分自身が口にした事が無い物ばかり。。。

良く無いですね、、。これは良く無い。。

やはり、自分自身が「美味しいからあげたい」と思った物をあげるべきなのに、
食べた事が無いなんて、失礼極まりない気がする。

という事で、以前からちょくちょく使っている京都のお菓子屋さんの
クリームどらやき&うさぎの形のおまんじゅうを、
いよいよ自分用にお取り寄せする事に。

あぁ、、なんて、贅沢な。。

ずっと食べたくてしょうがなかったの。
送られる人が羨ましくてしょうがなかったの。
いやいや「美味しい」と納得してから送る為にちゃんとリサーチしなくては。
これは義務なんだ。

明日、届くそのスィーツ。。。
ちょっとくらい太ってもいい。
早く、食べたい。












BBQとか。




結局出たり入ったりですが、40人くらいが集まったバーベキュー。

何年か前に酒を飲み過ぎて血を吐いて逝ってしまった
「ホンダライフいじり」の伝説のオッサンを
しのんで集まり始めたのがきっかけで、命日近くに毎年開催されております。

思えばあの日、
危篤の知らせを受けてからすぐにNに乗り、
東北道を福島まで急ぎましたが。。。

車が遅過ぎて臨終に間に合わず、
結局、福島に到着して出会えたのは
ろうそくみたいな質感になってしまった
そのオッサンの遺体でした。


オッサンの事は好きとか嫌いとかそんな簡単な感情ではなく、
さんざん迷惑をかけられたような気もするし、
世話になったような気もするし、
いつも酒臭いので、軽蔑していたような気もするし、
全然歓迎していないのに人んちに上がり込んで
酒を飲んではエロネタで絡んで来るので、
むかつくからグーで殴ると、そのまま取っ組み合いになるも、
酔っぱらっているから痛みを感じないらしく、
何度も向かって来るのが気色悪いと思っていると、
最後に「パチャパイ」と罵られ、悔しい思いをした事も有るし、
「牛肉は腐りかけが美味いんだ」
と言って、腐りかけの肉を持ってくるのはまだいいが、
金目鯛の粕漬けまで腐った物を持って来るから
「食えるかこんなもん!」と、叱りつけたり、
クリスマスにはサンタの格好をして、
節分には鬼の格好をして、冬の寒い中、
サッシの向こうでまだ小さかったウチの息子の為に
タイミングを計ってくれている姿に
なぜか哀愁を感じたような気もするし。
そんな大事な事、自分ちの息子にやれよ、とも思ったり。

ま、あれだけ人の記憶に複雑にグルグルとネジ入って来る人も
今時なかなか居ないと思っています。

そんなオッサンをしのぶバーベキューも世代交代が進み、
オッサンを知らない人の方が多くなってきました。

でも、私は、それでいいのだと思います。

生前から人と人を結びつけるのが上手だったオッサンでしたが、
死んでからもこうやって、みんなが集まって結びついています。

オッサン、よかったね。

4355_1337515654.jpg



金ヶ岳~茅ヶ岳 200名山

「中央線方面で日帰りで~。茅ヶ岳と金ヶ岳をぐるっとまわりましょうか。」
という事で、「ニセ八ヶ岳」と不名誉な異名を持つも
何気に「火山」という華々しい経歴の両山へ行く事に。

天気予報は快晴。起きてカーテンを開けると綺麗な青空。
よし~。

山梨に近づくにつれ、あれ、、薄い雲が、、。
奥秩父の方に至っては、厚い雲。。あれ??

しかし、一応は地味~にうっすら見えている八ヶ岳や南アルプス、、。
そして、ここは「日本一晴れる確率の高い土地」らしいですが。。

ま、雨さえ降らなきゃいいです。行きますかっ。

明野ふれあいの里にある駐車スペースからスタート。
林道をしばらく歩くと登山道入り口。tozanirigutikana2012.jpg

すぐに広葉樹林帯の広がる広くて歩き易い尾根道へ。
新緑の美しい場所で写真を撮り忘れたのでこんな所で撮る。。arukiyasuikana2012.jpg

だんだん傾斜がきつくなって来る辺りから、ゴツゴツの石が現れ始め、
いよいよ爆裂火口の岩場へ。
ストックが邪魔ですが、持ったまま行きます。
「ゴツゴツな岩場」は「ワクワクな気持ち」に直結します。むふふ。

ちなみに
「山頂直下にて崩落箇所が有り、危険なので、初心者は通行を自粛しましょう」といった
注意書きが登山道入り口辺りにありましたが、
崩落箇所とは反対側に、注意すればちゃんと歩ける道がついていたので、
高所が恐くない人であれば、そんなに恐れる必要も無いようでした。

結構痩せた、火口の淵の尾根はなかなかにアドベンチャー度があって面白い。。
と、むふむふ鼻水を垂らして喜んでいると、あ?もうピーク??

違います。nisepeakhekana2012.jpg 偽ピークもご愛嬌。
ふと振り向くと南アルプスや八ヶ岳が見えております。bakuretukaraminamiap.jpg 
左の方に雲が覆い被さり全貌は見えていませんが、オベリスクはバッチリ。
そして、さらにむふむふ登るといよいよ金ヶ岳のピークへ到着。北峰1764m。
kanagatakepeak2012.jpg
こぢんまりとしたいい感じのピークですが、お隣の茅ヶ岳に比べて、看板が雑。。。
ハチが飛ぶ季節ですな~。
しばらくエネルギー補給を兼ねて休憩をし、
南峰を経由してあそこ、茅ヶ岳へ向かいます。kayahujisan2012.jpg

火口にはすっかり木々が生い茂り、噴火の面影は無いように見えますが、
転がっている石や、溶岩が急速に冷えたとわかる岩でなんとなく想像を膨らましてみます。
kakoukanagatake2012.jpg

だいたい100m下った辺りに大きな一枚岩があるので登ってみます。
来た道を見上げると金ヶ岳が。。とても品があります。。iwakarakanawo2012.jpg

そして、こんな石門を潜り、、
sekimonkkanaga2012.jpg 
yaseonekanaikaya2012.jpg
尾根も痩せていますし、テンションがあがります。。。
また100m程登り返し、
そして、この辺りから青空が見えてきまして、
すっかりいい天気に!mousugukayagatake2012.jpg
ふりそそぐ陽光を受けながら茅ヶ岳へ到着。1704m。
kayagatakepeak2012.jpg

瑞牆山、小川山、北奥千丈岳、国師ヶ岳、金峰山の五丈岩もくっきりと見えています。
金ヶ岳と八ヶ岳。kanatoyatu2012.jpg

そして、二等三角点もあります。nitosankakutenkayaga.jpg
peak2kaya2012.jpg

ここの標識、何者かが何度も何度も切ってしまうらしく、
痛々しい継ぎ目があります。。
切ってしまう人の気持ちはどうしても理解できません。。

こちらの頂上には何組かのグループも居て、
さすが深田久弥縁の山だなぁ、と納得。

アイスコーヒーを飲みながらしばらく景色を堪能し、
さて、下りますか~。

それにしても、、、アイスコーヒーが美味いなぁ、、、おい。

深田久弥終焉の地はまあ、また今度にして、
今回は大机、千本桜方面の南西方向に下ります。
senbonsakurahe2012.jpg


今日はずっと尾根道歩きで、気持ちがいい事この上ない。。

土の部分が崩落し、木の根っこが残されて、とてもワイルドな景観になっております。
nekkohourakukayaga.jpg

新緑のいい季節です。。tutujikayaga2012.jpg 
また金ヶ岳を振り向いてみる。
kanagahurimuku2012.jpg

そうこうするうちにシロツメクサの生える広場へ。senbonsakura2012.jpg tozandodegutikaya2012.jpg

ここからは林道を少し歩き、ちょちょいと森も歩いたりで駐車場へ。

akogarenokayaga.jpg hureaipkayaga2012.jpg

今回はルートが重なる事も無く、いろんな要素を楽しめた一日となりました。

金ヶ岳の山頂直下~茅ヶ岳までの痩せ尾根はウキウキし、
その他の穏やかな山歩きはほのぼのとし、
思った以上にいい山でご満悦の私。



 




















蕨山 奥武蔵

2週間くらいどこにも行かずに居ると
なんだか筋力が落ちてしまうようでどうもいけません。
とは言え、病み上がりなのでどこかさくっと行けそうな所は。。

そうだ、奥武蔵に行こう!

以前から気になっていた蕨山へ。

nagopwarabi2012.jpg

名郷の有料駐車場へ車を停めます。平日500円。ちょっと高いな。。
6時スタート。気温、12度。ちょうどいい。。

今日は久しぶりに一人だ~、とてくてく歩いていると、シャガの花が咲いております。

思えばこの時期って必ず独りでどこかに行っている気が。。
いい季節です。
林道のどん詰まりまで歩けば登山道入り口。
細くなってきた沢を丸太橋で渡ります。 tozandoirigutiwara.jpg
踏み跡はしっかりついているので、この辺りで迷う事はありません。

この日は結構な強風。沢を吹き抜ける風が心地よく快適でしたが。。

尾根に出た直後から、木がギーギーと音を立ててきしむ程のものすごい北西の風!
樹林帯にも関わらず、この強風。
西側から吹き上げてきます。
葉っぱもビラビラビラビラーーーっ!とはためいております。写真じゃ伝わらないのが残念。

tutuji1warabi2012.jpg

地図に急登と書いてある道を行きますが、
kyutowarabi2012.jpg iwabawarabi2012.jpg


風がとにかくすごいので、急な登りはそれほど印象に残りませんでした。
岩場も過剰にワクワクしましたが、慎重に行けば技術は要らない感じです。

そんなこんなで有間山への分岐点へ到着。arimabunkiwara2012.jpg

ここを一旦、有間山方面に向かい、蕨山の実の最高地点を見に行きます。
標識も展望もありませんが、膝程も無いこんな小さくて可愛いケルンが積んでありました。
saikotenkerunwarabi.jpg ほのぼの。

さて、引き戻して蕨山の標識のある所へ行きますか。mosuguwarabi2012.jpg
どの山でもそうですが、この「もうすぐで頂上」っていうあたりの景色が好きです。

そして、7時37分。蕨山到着。peakwarabi2012.jpg 
尾根道よりは風が落ち着いていますが、時々突風が吹くので、
落ち着いて休憩も出来ません。

satyoviewwarabi.jpg santyonagame2.jpg

が、一通り景色を確認し、あ、あれが武甲山だー、大持山だー、
伊豆が岳だー、奥武蔵も結構登ったなぁ~、、と、感慨深く眺めながら
ドライフルーツとチーズでエネルギーを補給し、
20分も経たないウチ、7時55分、出発。風に負けました。

(あと、この前日、お昼過ぎからものすごい雷雨だったので、
雨具や不測の事態の備えはバッチリ用意していますが、
できれば雷雨に遭わない方がいいのでスケジュールを前倒しにしております。)

坂を下り南東方向へ、藤棚山 hujitanawawrabi2012.jpg

こちら側は先ほどまでの強風がウソのように穏やかです。
ほのぼのハイキングになり、景色も楽しみます。
zokibayasiwarabi2012.jpg zokibayawarabi2.jpg  

新緑の雑木林がたまらなく美しいです。

大ヨケノ頭。oyokenokasira2012.jpg 
この先、林道を横切るのですが、25000地図には載っていない林道で、
なんじゃこらと50000地図で確認。こちらには載っておりました。
こういう事がたまにあるので、地図はなるべく新しい物がいいです。

そして、名栗湖が見えてきました!nagurikomiewara2012.jpg
テンションがまた上がります。

こちらの道は、ネイチャートレッキングコースとも被っているので、
所々に自然に関する情報の書かれたプレートがあります。
祠もあったり、hokorawarabi2012.jpg

そして、ここからが私の予定外。。konpiraatowarabi2012.jpg

予定では、この金比羅神社跡から南東に下るつもりだったのが、
ついつい鳥居をくぐってしまい、ハイキングコースの展望台方面へ下ってしまう。。

そのおかげで、tutujiwarabi2012.jpg sumirewarabi2012.jpg

こんなお花のいろいろや、naguribonowara2012.jpg
こんな光景や、tobirawarabi2012.jpg
こんな扉をくぐる事が出来たのですが、下り着く場所が、
予定より500メートル多く車道歩きになるという残念な感じに。。
やっちまった。。
ま、名栗湖と棒の折山のコラボが見れたからヨシとし、
さわらびの湯のバス停まで歩きます。
10時到着。

busstopjikanwara2012.jpg


タイミングよく少し待てばバスが来ます。ラッキー。
バスで名郷の駐車場まで戻り(バス代340円)、車を回収。

さわらびの湯にまた戻り、温泉でさっぱり。sawarabinoyu2012.jpg

今回は前半、ただただ「風」の印象でしたが、
後半は桜の花びらの落ちた道を、つつじやいろいろの花を見ながら
のんびり気持ちよく歩けました。

ピストンでは無く、バスを一部利用したルート設定もまた面白いなぁと
今更ながらですが感じました。






























腫れたら熱が出ます。

扁桃腺が腫れてきちゃったなぁ、、、、
でもな、、今日はなんとしてもボルダリングしたいしな、、、
ドタキャンしたくないし、、
このくらいなら登ってるウチにアドレナリンが出てきて、治っちゃうんじゃないの?
病は気からだ。

いいや、行っちゃえ。

って事で、体のサインを無視した報いが後々に響き、
ジムの翌日、ちょい用で都内に出なくてはいけなかったり、
美容院の予約をしていたりと
ふらふら出掛けましたが、本当にフラフラになり、、
たったあのくらい登ったにしては筋肉痛が激しいな、、
関節も痛いや、、痛めたかな、、?と思っていましたが、そうではなく、
発熱のための全身の痛みだった事が発覚。

すぐに病院に行き抗生剤を貰って飲みますも、
この連休のクソ忙しい最中、とうとう寝込んでしまい、
仕事を5日間も休み迷惑千万。。あぁぁ、、。

ちゃんと寝ているのに熱がなかなか下がらず、
が、申し訳なくてこれ以上休めませんよ、、
って事で、ゲホゲホ咳き込みながら、
しかし、他の人に感染してはいけないので、
ガッツリ高価なマスクを購入し、仕事へ。

すると、、、私を含めて3人がマスクマン。
みんな同じ釜のウィルスを食ったらしく、同じ症状。
翌日、マスクマン二人追加で、どうやら先行の私らが宿主となって、
ウィルスをまき散らしてしまったらしく、
休んだ方がむしろ良かったのかも、、と、申し訳なく思ったり。


そんなこんなで、GW?何それ??って具合に
あっという間に過ぎ去りましたが、
唯一のイベント事という事で、
以前から頼まれていたカルト映画の葬式のシーンのエキストラをしに撮影スタジオへ。

お婆ちゃんの形見の喪服を着て、ひたすら無表情で立っておりました。



rokettoso.jpg










プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。