スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妙義山 もちろん破線ルートだぜっ

以前からずっと行ってみたかった妙義山。表妙義、破線ルート狙いで。


前日夜に雨が降っていたので、
どのくらい岩が濡れているのかが
ネックなのですが、少し遅めに
スタートすればイケるんじゃないかと
いう事で、
8時30分、中之嶽神社駐車場スタート。





全く有り難みの感じられない
日本一の大黒様のある神社の境内を通り、いきなりのこの階段。



うへぇ。

すぐに登山道らしい趣のある道に入るのですが、注意を促されまくります。





はい。
くれぐれも気をつけて頑張ります。

で、石門分岐を超えれば
いきなりこの鎖場♪
きゃっ♪♪




想像していたより、垂壁に近いので、
鎖があるとは言え、
こりゃ、クライミングやっといて
よかった。。と、改めて思う。

かえって鎖を持つ方が振られそうで
危ない気もするのだが、、、




ガスは多めですが、下界は見えます。
今日の目的は景色ではなく、
岩場を歩く事なので、雨さえ降らなければいいのです。





中ノ岳。だったと思う。。
9時。
裏妙義もなかなか誘ってきますねぇ。。



遠く見えるは荒船山。
いつか行ってみよう!

地図上に「危」という文字がたくさんある道をどんどん進みます。
これまた赤岩尾根よりも
アップダウンがハンパねえ。

お決まりの先っちょ撮影。




東岳を通過、鷹戻しの頭を通過、
地図上には死亡事故多し、と連発されている箇所を、慎重に行く。



足元に鎖とか、逆に危ない気が。。

慎重に、慎重に、うふ。



振り返る。

ツツジも満開。



この辺りから、

鎖を絶対に離すな!

との強めの注意書き。

ここを横切るそうで、うふ。

絶対に離しません!!
うふ。





こんな感じで鎖とハシゴ、計60m。

所々ですが、
鎖が以上に太くてですね、
鎖を持ち上げる力が無駄にかかって
しまうという、なんだかおかしな事に。

こんなに太くしなくてもいいだろ、、
と、突っ込みを入れる。


スリリングな山行を楽しんでおりますが、よくよく考えてみたら、せっかくの
核心部をクライムダウン。。。

しまったー、逆から回ればよかったのかー!!!


今度行くなら逆に回ろう。。。






とにかく危険です。
安易に入らないでください、
なんです。



全体を通してロープを出す場面は
ありませんでしたが、
岩場はもとより、ざれた急斜面も
あるので、とにかく気が抜けません。

女坂分岐から茨尾根へ。





沢の辺りで、沢を渡る明瞭な踏み跡がありますが、そちらではなく、沢に沿って
登って行く感じです。

スラブの岩場はそのまま直登。
楽しい~~。

ちっちゃいナナフシ発見!
かわいい!!


そして、


相馬岳到着。12時5分。




しばらく大休憩を取り、
白雲山へ。

タルワキ沢のコルからタルワキ沢コースを下り、タルワキ沢出合から中間道へ。
13時5分。








これが、、、
かなり下ったなと思ったのだが、
案の定、かなり登らされるハメに。。


ううー、ま、仕方ない。


これ、何の写真だ??




そして、なんやかやで登りの稜線近くまで登り、そして下り、
第四石門へ。

せっかくなので、
大砲岩のてっぺんにも乗っておきます。



へっぴり腰と見せかけてー、



そうでもないぜっ!




大砲岩の辺りからは観光客も来る場所なのですが、

観光客の皆さんへ、
ここね、行けるけど、
やめといた方がいいよ、

みたいな事を書いてある看板があります。

次々に立派な石門やら、
ちょっとした鎖場を通過し、

石門広場から第一石門、石門入口に下り
車道を少し歩いて、





駐車場へ到着。



念願の表妙義、破線ルート。


岩場有り、アップダウン有りの
なかなか登りごたえのある
いい山でありました!!

次は裏妙義だぁ~!
スポンサーサイト

赤岩尾根

朝6時に家を出て、日窒の廃墟群の
駐車場に到着したのが、9時前。

意外に100キロもある。
もっと近い気がしていたのだが。

ここんとこハードデイズなので
なかなか疲れが取れないが、
ずっと憧れていた赤岩尾根、
気合いで乗り切るぜっ!

9時スタート。

公民館廃墟の所にあるチェーンを超え
登山道へ取り付く。



右側。



地図は破線、的確なルートファインディングが必要な道とあるが、
踏み跡は明瞭。



途中から広葉樹林になる、とても
いい感じの道をどんどん登って行くと、
間も無く赤岩峠。







9時50分。

埼玉県側は風も無く穏やか。
少し暑いくらいだが、峠に到着した途端、群馬県側からの風が冷たくて
気持ちいい!
10分休憩し、スタート。

10時20分、赤岩岳。



10分休憩。






この日は休日という事もあり、
駐車場に何台かの車が停まっていたのだが、岩場に差し掛かった所で、
先行パーティに追い付く。

小田原の山岳会という方々ですが、
ロープを出していたので、
少し時間がかかりそう。



まあ、焦っても仕方ないので
待つつもりで見ていると、

左側にフィックスロープがあり、
そちらからも行けるという事。

では、自分らはそっちから周りこみ
お先に失礼します。。





次々と現れる岩峰、
アップダウンを繰り返し、先に進む。

これ、累積標高差だとそこそこ
ありそうだな。

大好きな痩せ尾根と、
岩質のモロい岩場を慎重に登る。

結局、ロープを必要とするような
箇所は無く、とは言え、浮き石は
そこそこあるので、
しっかり一手一手確かめながら
登る。
そうしていれば
なんて事は無い気がしました。

とは言え途中、
ルートファインディングを
誤りかけたが、すぐに気がつき
リカバーする。

もしかしたら高所が苦手な人には
それが核心なのかも??




P4。

途中からの両神山頂。
ずいぶん前に行ったな、懐かしい。



そしてP2。
体で2を表現してみましたが、
全然できてないね。



あー!空が綺麗だ!



あそこも楽しそう!!



最後のピーク。



P1到着!!

12時50分。

感無量!




見渡せば北アルプス、八ヶ岳、
金峰山、小川山、二子山、、、
妙義も??








今日はここまでとして、

山頂をしばし楽しみ
八丁峠に向かって下山開始。

今度は八丁峠から山頂に行くのも
いいかも。



未整道なのは、赤岩尾根の方ね。






この植物は?



北側や沢沿いは標高が低くなってきても雪が残っておりました。



上落合橋到着、14時。

ここからは林道歩きで30分。

林道に炊飯器。
早くご飯炊けないかなぁー。




駐車場到着、14時30分。






せっかくここまで来たので、
廃墟を見てみようかな。ワクワク。

今年の雪のせいか、
建物がかなり崩壊しており、
危険な匂いがプンプン。

ここにきて建物崩壊で事故るのも
嫌なので、ほどほどに。



生活の匂いがそのまま残っているのに
人が居ない、この不思議な空間。

お花と消化器。





から見る、赤岩岳。







村は廃村になってしまったが、
工場自体は現在も稼働している。
郵便局も機能しているっぽい。


車道脇のフェンスは雪と落岩で
ボロボロ。

電信柱がボッキリ折れております。




あの大雪の時、
御岳集落やここら辺は孤立してたんだもんなぁ。。

自然の力はすごいのです。

ボルダリング三昧 瑞牆山 小川山



チョー久しぶりの瑞牆山!!

ちょうど、去年の今頃、靭帯損傷をして
しまい、安静を強いられていたので、
5678月を棒に振ってしまったのだ。

天気もいいし、もうすっかり完治!
テンションも上がるっつーもんです!



八ヶ岳もすぐそこだ!



と、あれをやろう、これをやろうと
期待に胸を膨らませて臨んだ
ニノ谷エリア、東雲岩と
三ノ谷エリア、桃岩。







手も足も出ねーよ。。。
それぞれ5級、6級。

撃沈。

戦意喪失したまま少し上に移動。

美しき日、スラブ4級をオンサイト。

やっとはしゃげる。




実質4級も無いっすよ、
7級くらいじゃないすか?

と言われ、しょんぼり。


まぁ、とりあえずヨシとして、
山形県エリアに移動。

リス岩のクラック、
チップクラックとデールクラックを
登れないのはわかっているが、
少しだけ触ってみた。うふ。

小さめサイズのアナサジでは
フットジャムが耐え切れないほど
痛い。。。
今度来る時は、楽しめるよう
ゆったりフォースも持って来て
おこうと心に誓う。。


夕暮れ近くなってきたので、
今日はここまで。

翌日。。

夜中のウチに雨が降ってしまったので、
どうしようかと迷ったが、
とりあえずせっかくなので、
小川山に行く事に。


少し小雨がパラつく中、
とりあえずここら辺を触って様子見しようと、駐車場にあるスラブに取り付く。

一回目はすんなり登れたので、
じゃ、手は添えるくらいにして
足の練習を、と、スパルタ練習が
始まる。

乗れない。
登れない。
カンテ掴みたい。
乗れない。
滑る。
乗れない。




うう、、
くそつまんない。。。


と、言っているウチに、
とりあえずクジラ岩に行こうという
流れになり、移動。

ここの6級は去年の10月に
スタートしかできなかった覚えが。。




これ、やろうっと。












おかしいなぁ、本人、
もっとかっこ良く登れてると
思ってたんだけどなー。。。

まぁ、とにもかくにも、
前回よりはだいぶ進めたので、
ヨシとしよう!

と、いう事で、二日目は天気も
怪しかったのですが、
少し達成感。。
あと少しだ。


もう少しで梅雨がやってきます。


私には時間が無いんだ!
行けるウチにいろんな所に
行かなくては!!



笠間ボルダー

ここんとこ、クライミングに対して
ちょっとだけやる気を出してますが、
今回はボルダリング。

「あそこ、
心霊スポットらしいっすよ。
呪われるらしいっすよ。」

って言われたら余計に行きたくなるね。


くすっ。



翼を手に入れてしまったので、
ある程度までは飛びたてます。

茨城県笠間市へ。

これが噂の心霊スポットトンネル。




一人で怖い怖いと言いながら
通り抜けてみたが、
出口におじさん2人。

なぁんだ。。。


この手前に井戸がありますが、
これがヤバイとの噂。

見たら、厚いコンクリの蓋がされ、
周りは赤いスプレーで塗られていた。

スプレーをしたヤンキーは
ちゃんと呪われたのだろうか?

藁人形は見つけられなかったが、
いわくのありそうなお墓とか、
なんやかやいろいろ。。。

歴史を調べてから行かねば。。



さてと、とりあえず山頂も踏みますよ。

左白山。182m。
低いけど、原生林で雰囲気たっぷり。

山頂って、ここでいいの?





そして、せっかく来たのだから
本来の目的。
ボルダリング。

しっかり岩も触りますよー。

ベンチ岩とか。
8級。




シンプル岩とか。
フィンガークラック7級。
最後まではいけなかったが、
とても好きな感じ。。
いずれまたトライしたい。。
出直します。



石器人スラブとか。
スラブに関しては全くできなかった。。


プラクティスは楽しかった。。
登れると楽しいよね。。


と、そろそろ岩はぬめってきており、
ハチも少々。蚊も少々。

これからの季節は厳しいかも。
次は寒くなってからかな。


なんやかや雨が降り出す前に撤収。
勢いに乗って、東京に戻り
カランバへ。

外岩とジムをはしご、
とてもいい休日となりました。







プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。