スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス セユーズ

あー、結局、ズンドコミュージックが気になってほとんど寝れてませんが、、
今日はちゃんとクライミングします。

アプローチ400m

普通のほのぼのとした登山道を登り、
岩場に到着します。



あー。。。

綺麗だなぁ。。。

さてと、とは言え、へっぽこなので大した物はできません。

はるばる日本からセユーズくんだりまで来て、わざわざやらないだろうというルートに行ってみます。

ラ コルス コルシカ島だそうです。





モンタギーユと同じ石灰岩でも、誰もやらないからかフリクションがとてもよく、登っていて楽しい♪♪

ロ ストラリー オーストラリアだそうです。






えへへ。
二本ともフラッシュ。

楽しいのが一番です♪♪

そして、暑くなる前に下ります。

これ、この滝、シャワーになるそうです。






強い人達がおります。







また来ましょう。




さて、移動。

泳げる川を探してアルプスの端っこの小さな村へ。

コミュニケーションを取りたいが為に、
カフェに入る。
英語がなんとなく通じたが、
フランス語が話せたらかっこいいのになぁ。。










川、浅っ!!!



これでは泳ぐという感じではないので、
諦める。






太陽がギラギラだぁ。。
あぢー。。



教会の中はカビ臭く、涼しい。







全体洗浄をするトイレ。
フランスに来て、初めて清潔なトイレでした。






グルノーブルに戻り、ディナー。
エスカルゴが食べたかったのだか、
メニューになかった。。



が、とても美味しく、人懐こい店員、ジョナサンは日本語も英語も少し話せるので、
嬉しくなっていると、サービスで出て来たこの飲み物。。。



右側の緑の液体、お酒。
限られた人数の神父さんしかつくり方を知らないというお酒。
名前忘れたが、、、飲んだ瞬間、
火を吐くかと思うくらいキツい物で。。


まぁ、でも、ありがとう、
ごちそうさま、ジョナサン。


フランスの地方都市、素敵です。


スポンサーサイト

フランス セユーズへ。レスト日。



シシリエンヌを後にして、いざセユーズへ!

途中もフランスっぽさが止まらない!
一面のラベンダー。



セユーズの岩場が見えて来た。



お水を汲んで。。。




キャンプ場の管理棟内部。
仏像???



馬小屋の中に、人工壁。
マットはベッドです。





GAPの街に出ます。
マルシェが出ており、アメリカンチェリーが
1キロ2.5ユーロ。

買うしか無いでしょう。

1キロのチェリーを小脇に抱え、食べながら歩く。
そして、やっぱりパナシェ。








クライミングショップに行ってみると、、
無くなっている。。。

移転したそうで、移動する事に。

しかし暑い。。。

ぎゃーっ!!
41度!!



ひとしきり買い物を済ませ、

泳ぎに行こうと湖に行くが、

綺麗なんだが、ちょっと違う。



移動。。。





とにかく移動。








電信柱フェチにはたまらん国です。


そして、岩場近くのホテルで夕飯を食そうと入ると、、

「フランス人はこんな時間に夕飯は食べない。」

と、マダムに笑いながら皮肉を言われる。
このホテルの夕飯は8時からなのだそうだ。

今は、、夕方6時過ぎ。


食うだろー。
6時過ぎなら夕飯食うだろー。。。

仕方がないのでパン屋でも行くかー、
と、ホテルを出ると、ピザ屋の看板が。

移動販売のピザ屋でピザを購入。

これが、、美味い!!

安くて美味しいピザ屋に出会えたのなら、
マダムの皮肉も運命の一言であったと納得もいく。



キャンプ場へ戻り、テントを設営し、
思っていた以上に快適なシャワーを浴び、
上裸のクライマーの肉体美に目を奪われ、
みんな有名人のようなきがしつつ、


さあ、明日はクライミングをするのですから、、、、

おやすみなさい!!!




と、寝たはいいが、夜中まで大音量でズンドコミュージックを流し大騒ぎをしているパーティがあり、、、、

いい加減にしろっ!!!


と、心の中で叫んだわたくしでありました。

まったく。。。







フランス モンタギーユ

これがフランスに来たメインの目的なのです。

早朝まだ暗いウチからオ ギ ソレイユ モンタギーユを出発。



アプローチ700m、2時間30分をかけジェミニーという名のバリエーションルートの取り付きに到着。







フレンチグレードではDノーマル。

石灰岩なのですが、日本の石灰岩とは違い、
白くマットな輝きを放っております。

バリエーションルートとは言え人気のルート。

いきなりツルツルで、先が不安ではあるが、
ここまで来たならなんとしても登らなくてはならん。

ここからは400mのクライミング。



二子山の中央稜くらいのグレードだよー、
と、聞かされていたのだが、絶対そんな事は無く、緊張感たっぷり。。。

荷物はロープを背負っている為、極力少なめに、なので、行動食は少しのドライフルーツと水分。
とにかくロープが重い。。。



なんやかや、死ぬ気で核心部も超え、



途中からノーマルルートに合流するのだが、ここからが何気に恐ろしいトラバース。



写真真ん中部分の筋を行くのだが、
そんなに手の良くない足場はつま先が乗るくらいの所をこの日一番の本気を出して横ばい。。

絶対落ちたくないよー。

無事トラバースし、ノーマルルートに合流。
ノーマルと言えどもクライミング要素たっぷりなので、気を抜けません。

結構ヘトヘトなのと、メンタルもイライラヘトヘトなので、楽しいというより辛い、早く下りたいという気持ちの方が近かった。。

この時、友人に貰ったサングラスを落としてしまった。。


と、無事到着。

所要時間3時間。


ラピュタだー!!!!



さっきまでのイライラが吹っ飛び、
ご機嫌になる。






この岩山の上がこんな景色だなんて!!
もっと岩岩で荒涼とした光景だと思っていたので、突然のファンタジーに大興奮!



この上ですよ、この岩の上。

ノーマルルートから登って行ったフランス人のツアーグループと会話を交わす。

日本人が珍しいらしく、おじさんが仲良くしてくれる。
チーズをたくさんくれた。

さて、下山です。

アプローチシューズを持ってこなかった為、
ここからが本当の地獄なのです。。。
完全に判断ミス。。。



イライラが止まらない。。
花に癒される。。



歩きの部分は結構長く、最後の最後、
懸垂下降。

落石が起これば一発でアウトな場所。
慎重に行く。



懸垂下降が終わればすぐに取り付きに戻る。

やっとクライミングシューズを脱げる!!

アプローチシューズに履き替えられた途端、
これで爪の痛みから解放されるという安堵感。。


ここからは普通の登山道。

登った岸壁を眺める。




登山道の中に居ると、日本に居る時となんら変わらない気がしてくるので不思議だ。
植生は違うのだろうが、何となく奥秩父のような雰囲気。。。
でも、フランス。

上は涼しかったが、やっぱり強烈な熱波のようなせいで、下界は暑いのぅ。



モンタギーユ、かっこいい!!!



なんやかや、下りてみればいい思い出。。。

さて、パナシェが呼んでる♪♪








プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。