スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四万十産

今日は『動物奇想天外』という番組で、『四万十川特集』が組まれておりました。
偶然目にしたんですが、、
私はしつこいようですが、高知県出身。
四万十川は実家の目と鼻の先にあり、今日出てた『佐田の沈下橋』も、夏休みになると同級生と毎日のように遊んだ場所です。
テレビで特集を組まれる程、美しい事で有名なこの川は私の自慢でもあります。
今年の台風はすごかったと、以前の日記でお伝えしましたが、その様子もカメラに収められており、沈下橋が川に飲み込まれている様子も、画面を通してですが、久しぶりに見て興奮しました。
アスファルトやコンクリの中で生活していると、なかなか実感できない自然の激しさを、四万十川は今でも変わらずに持ち続けているようです。
実際暮らしている人は大変だけどね、。
とにかく、今日は、あらためて故郷が自分にとってとても大事なんだな~と思いました。
遠くからではあるけれど、『大事に守っていきたい』と願います。

コメントの投稿

非公開コメント

りこさん こんにちは
僕の席からは誰も何をやってるか、
見えないので仕事中にミクってます(汗)
高知県人である僕にとっても
四万十川・仁淀川はとても大切な&自慢の財産です。
高知に帰ると必ずこの清流を見に行きます。
その度にものすごく癒されます。
りこさんにとっての四万十川が、僕にとっては仁淀川
子供の頃は沈下橋から飛び込んだり、父親が鮎を捕り行くのに
付き合ったり、キャンプをしたり、友達と泳いだり、
ごりを捕ったり・手長えびを捕ったりといろんな思い出が詰まってます。
この清流がいつまでも昔のままのあり続けられるように
りこさん同様「大事に守っていきたい」と思います。

全く同じような遊びをしてたんですね~。
離れているから余計に大事に思えてきますよね。

それにしても、、汗、、また汗出てますよっ!!
拭いて拭いてっ!

ちん●橋、あ、沈下橋ね。
四まん●川、あ、四万十川ね。

大人になってから初めて四万十川に行って貴重さを実感しました。
カヌーで川下りしました。
老後にこの川のほとりに住んでみたいと思いました。

失礼しました。

あっ!
ここで来ましたか~。
確かに小学生の時はそう言って喜んでましたけど。
親戚のおじさんは40歳くらいの頃も同じ事を言って喜んでましたけど、。>ちん●さん
プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。