スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽の塔です。

1970年の大阪万博で衝撃デビューを果たし、今でも熱狂的なファンを持つ、
岡本太郎作『太陽の塔』。

うわ~、手ぶれがひどい~。

1970年だと、まだ自分は産まれてませんでしたが、
『こんにちは~、こんにちは~、世界の~国から~』って、テーマソングは記憶にあります。

で、これまた70年代の車、『ホンダTN3 360』に乗っけてみました。

テーマは、『搬送中』。  部屋のお気に入りコーナーに展示中。

現代アート、デザインもオシャレで好きですが、
昭和の物って、なんか、どこか泥臭くて好きです。
時代の最先端をいっていた、この太陽の塔も、
なんだか、のどかな香りがします。

太陽の塔  
http://www1.u-netsurf.ne.jp/~kitada/doc/taiyo/

自分が子供の頃、岡本太郎なんて、『芸術は爆発だ~!』って言ってる、ちょっと変なただのおじさんだと思ってた。
でも、すごい人なんだよね。

http://www.taro-okamoto.or.jp/

ただの変なおじさんじゃないんです。20060211130422.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

おおっ、この、空っぽいバック、いいねぇ。
清々しいわ。
昭和系の感じ、いいよねー。
パーっと明るい感じでは無いんだよね。
夕暮れが似合うような感じ・・・
今でも夕方空がほんのり赤くなって薄暗くなると
なんとなく寂しいような
悲しいような気持ちになるんだよねー。
「あ、もう家に帰らなきゃ・・・」って思う。
あの当時子供だったから、
楽しく遊んでたのが終わっちゃうって感覚なのかなぁ?
パブロフの犬状態ですね・・・

え?

産まれていない?
私はてっきり年上かと。
勝手にそんな位置付けをしておりました。
何故かは不明。
しっかりしてそうとかってのは全然違うからね。

写真の服とかがお姉さんぽかったからかな?
すごい思い込み。

>きー
夕焼け見てる時は「きれい!」とか感動してるんだけど、暗くなり始めると寂しいような悲しい気持ちになるなる。
で、カーテン閉めて電気付けると夜型人間復活!

アニマル浜口と紙一重かもしれませんね。
そこだけ見ると。



昭和って、日本がいろんな意味で頑張ってる最中だったから、必死な感じがして、決してスマートではないよね。  でも、熱くて好きな時代でもある。
夕暮れか、、確かに、、もっと遊んでいたいけど、
だんだん暗くなって帰らなきゃいけないって思い出はキュ~ンとするね。
あ、やべ~、ノスタルジースイッチが入るっ!!>きー

fasunの一つ下だよ~。
こないだも、『年上かと思った。』って、二つ三つ上の人に言われた。
昔から、よく『年上かと思ってた。』って言われる、。
(態度がでかくてエラそうだから。)とかっていう理由らしいけど、この年になってくると、(うっ!!そんなに老けているのか?)と、冷静に思ってしまう。。
(しっかりしてそう。)って事にしておいてはもらえないでしょうか?>兄貴

『気合いだっ!気合いだっ!』。
『芸術は爆発だっ!』。。。。確かに。
って、いうか、子供の私は、『このおっさんはお笑い芸人。』っていう認識をしていた覚えがある。
幼い子供に偉大な芸術家をそんな風に見せていたメディアを恨みます。。。>まーくさん

実物に会っていないのになんですが、それは
無理です!>しっかりしてそう

えっ、年下なの?
同い年だと思ってた・・・勝手に。
実際に会ってないのになんですが
私も無理です!>しっかりしてそう

なんでみんな同い年やら年上やら思ってたの??
こんなに若々しいキャラなのに。。。
年下というイメージがわかない??
こんなにぴちぴちしてるのに。

でも、私もかなりの自由人で、しっかりなんか
できないし、演じる事すらできませんので、、、
私も無理です。
プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。