スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の音楽道 4 社会人編

非常に残念だった高校生活最後のライブを終え、無事高校を卒業した私は、『音楽でご飯を食うがじゃ~。』と、上京しました。
もちろん親にはそんな事を企ててるなんて言えやしないから、ちゃんと某西新宿にあるホテルに就職完了。
当時はバブルも終わり頃ではありましたが、高卒のワリにちゃんとした就職ができたのです。
で、愛想のいいのが幸いし、ホテルの花形でもある部署にまんまと採用され、親もほっと安心しておりました。
ま、そんな中に於いても、音楽への愛情は薄れる事もなく、周りに流されてそこに安定を求める事も無く、(さて、どうしよっかな~。)と模索しておりました。
そんな中、そこにバイトに来ていたブルースギタリストと意気投合し、ちょっとやんちゃな仲間達も紹介してもらい、バンドに参加する事になりました。
それが、伝説のバンド『Blue note bus』です。私の中での伝説ね。これ。

みんなブルースや、60~70年代のロックが好きで、集まってました。
このバンドのギタリスト(以下ハギー)ですが、とにかくかっこいいフレーズを弾きまくりました。
私が言うのもなんですが、基本的にネガ傾向にあるので、ブルースにはピッタリです。
当時まだ20歳そこそこでしたが、あんなに『泣いてる』ギターもなかなかに居なかったと、今でも思ってます。
そして、これは私のイメージですが、ヨダレたらして弾いてた記憶も、。
(記憶違いだったらコメンなさい。)
そして、もう一人のギタリストもジミヘンみたいな頭で、ハギーが『あいつにはかなわない』と、ネガ発言してしまうくらいのイカシたギターを弾いてたな~。

とにかく、こんなかっこいいツインギターがあって、ドラムもすごくて、ベースも変態で、打ち上げは誰かが裸で、ワケがわからなくて、所謂、「ガキの特権」をフルに活用してた時期でもありましたね。

私はまだオリジナル曲を持ってないから、カバーでやってたんだけど、男の子のボーカルも居て、二人でTHE WHOや、ツェッペリンや、シナロケや、とにかく今の私だったら間違いなく息切れして、白目をむいてしまうようなのやってました。

この頃初めて、兄と二人暮らししてた国立の線路沿いのアパートで、ジャニスジョップリンを聴き、全身に鳥肌を立ててしまうのですが、ライブで(ムーブオーバーやりたいな~)と思っても、まだまだへったくそで、ジャニスの曲になんか手を出せるような段階ではなく、憧れのままに終わってしまってました。。。

で、このBlue note busのみんなのおかげで、いろんなバンドを知り、音楽を聴き、いろんな遊びをし、とにかく毎日が水色にキラキラ光ってましたね。

だから、仕事でロックンロールのライブハウスに出るようになってから、たま~に『ツェッペリンやってよ~。』ってリクエストされたら「ロックンロール」をやれたし、『日本のR&Rやってよ~。』って言われたら、「レモンティ」を歌ったし。

『ジャニス~』って言われたら、ムーブオーバーにトライして、へこんでみたりね。

あとは頼まれてもいないのに、ストーンズ歌ってヒンシュクを買ったり、。

しかし、一番女の子として、かわいらしい可憐な時期にロックにはまってたから、女の子としてはどうも微妙だな~、、と。
写真はジーンズばっかりだし、なんだか可愛らしさに欠けるっていうか、、。

話がずれてきてますが、ま~、こんな時代もありましたっと。

そして、上京して半年くらいでライブハウスのオーディションに受かり、それから一年も経たない内にあっさりホテルを辞めて、この先しばらく続くジプシーのような引っ越し人生に向かうべく、修行の旅に出てしまうのでした。

つづく

あ、バンドの写真は残念ながら手元にはなく、某ホテルの制服を着てるとこと、兄と二人、吉祥寺のデパートの屋上で写真撮影会をした時の写真載せておきます。
懐かしくて涙が出そう~~~。

仕事の時くらいメイクをしろと、いつも上司に叱られてました。

VFSH0002.jpg



VFSH0001.jpg


ま、眉毛が~~~!あっはっはっはっは~!!

コメントの投稿

非公開コメント

待ってました第4弾。
ジャニスにハマったのは同時期だなぁ。
「兄と二人の写真撮影会」って言うもんだから
一枚目の写真の男性がおにーさんかと思ってしまった。

きーが書いてなかったら、お兄さんだと思い込んだままだった。

ジャニスのね~、『チープスリル』ってアルバムの1曲目の「COMBINATION OF TWO」って曲。それを聴いた時の衝撃ったら、いまだに忘れられない。
一人で部屋でウズウズニタニタしてたら、窓のすぐ外でアジサイの花をハサミで整えてた大家のおじさんと目があって、にやっと微笑み合ったのもくっきり覚えてる。
一階で、窓全開でジャニス。
大家さんもきっと衝撃を受けたんだろうね。>きー

お兄さん、、年離れ過ぎでしょ。。
2つしか違わないのに、このルックスだったら
面白いけどね。
このおじさんは香港の富豪らしく、香港に帰ってから送ってくれた手紙にこの写真を同封してくれた。
手紙は全部漢字で書かれてて、
とてもわかりやすかった。
『私再行日本。貴会喜於東京宿。』
みたいな。
なんとなくわかる?このニュアンス。>兄貴

ははは~わかるわかる!
 
私はベタだけどやっぱり「move over」かなぁ。
これ聴くと20歳当時の情景が思い浮かぶ。

へぇ、今度リクエストしたら
move overを歌ってもらえるのかなw

ジャニスは好きな曲がいっぱいあったな
一番最初にジャニスに入ったのは
よく駅とかで1000円で売ってる
海賊版のCDだったな

わかるねもんだねー(笑)

おっさん、富豪なのかー
そんな風には見えないが。

Move overは、文句無しにかっこいいよね。
私も20代前半の思い出が蘇るよ~。
あと、サマータイムね。
ジャニス以上にこの曲を自分のモノにしてる人は
居ないと思う。
本当は子守唄だから、もっと静かに歌うもんなんだろうけど、こんなに心に響いてくるのはないね。>きー


ピアノ一本でムーブオーバーですか~。。。
どうなっちゃうんだろ?
ライブハウスとか、飲み屋だったらガツガツ行きますが~。
大胆なアレンジが必要になりそうですね~。
しかも、しっとり。ふ~む。
私も、若い頃は海賊版でお茶を濁してました。
ライナーノーツがついてないから不便なんだけど。>とびうおさん

おっさんって言うな~。
一応VIPだったけど、どうだったんだろうね?
でも、ちゃんと焼き増しして直筆のお手紙くれたり、
ちょっと嬉しかったな~。
お兄ちゃんじゃないから。>兄貴
プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。