FC2ブログ

映画館でクレヨンしんちゃん。どうした、私。

どうもこの頃、映画の無料券をもらえる。。。
この間はドラエもん、今日はクレヨンしんちゃん。。。
なぜかっていうと、このアニメ会社の人、ちょっとつながりがありまして。。。
せっかくいただいたので、ちゃんと観に行きます。
こないだはドラエもんでかなり感動したのですが、(タケコプターのシーンとか、
すごい迫力だった。ストーリーもリメイクだけど、
子供向け作品らしい感動的なお話。)

今日のクレヨンしんちゃん、、『これって、、ホラー??』

さすがに、平日の夕方6:15分からの回だからお客もまばらで、
少しの子供連れと、若いカップル(カップルでクレヨンしんちゃんも
よくわからんが、まあ、世の中いろんな人が居るので。。)、
あと、不良高校生(不良は浅草で「ピンク」映画を観て来なさい。)
そして、一人で来てる大人が数人。。

確実におとなの割合が多かったんだけど、途中、数少ない子供が一人、
お父さんに手を引かれ、目をふさぎながらシクシク帰って行った。。

確かに、ちょっと怖いシーンとかあって、小さい子供にはショックだったかも。。

普段、クレヨンしんちゃんなどは観ない私なので、よくわかんないんだけど、
多分、映画なので思いきって雰囲気を変えてみたんでしょうね。

え~~っと。
ま、そういう事で、劇場公開はそろそろ終わりますので、小さいお子様の居る方、
子供が悪さばかりして困ってる方が居ましたら、
『クレヨンしんちゃん見せるぞ!』って
DVDでも見せてみれば脅し文句に使えるかもよ。


そういえば、話は少しずれるけど、高知にあるスポーツの名門校、『明徳義塾』。
全寮制ですごく厳しい事で有名で、そこに入れる事を「栄誉」と取るか、
「不運」と取るか、個人によって捉え方は違うんだけど、
ここでおなじみのTさんは、お父さんに
『言う事聞かんかったら、明徳義塾に入れるぞ!』って言われるのが怖かったらしい。

どこの家庭にも効果的な脅し文句はあるようですね。


コメントの投稿

非公開コメント

ドラエもん→ドラえもん ね。
 
うちのばーちゃんは叔父さん達が幼少の頃
「猫来るよ!怖いよ!!」って脅したらしいので
叔父達がうちの子にそう言って脅します。
全然効力は無いけど。

今までの、しんちゃんの映画はそんなに怖いシーンは無かったと思うけどなー
今回の、全然どんなんか知らん。
ホラー?
しんちゃんの映画は家族愛がテーマっぽくて好き。
ドラえもんは、いつもいいよね。

ネコ来たら嬉しいもんね。
ネコ呼ぶ為に悪さしちゃうよね。
ドラ「えもん」か。いつまでたっても覚えられない。>きー


ドラえもんは感動したよ。
大人が観ても全然違和感がないし、
むしろ、観て、子供の頃の自分を思い出して
一人でこっそり泣いて欲しい。
空飛んでるシーンはハリウッド映画並みの
大迫力だったよー。>兄貴

うちの親によく子供の頃
明徳に入れるかサーカスに入れると
脅されて、泣きながら
もうしませんから許してくださいと
謝ってたなぁ...(苦笑)

ドラえもん、1作目のやつなんだよねー
子供の頃見たけど、泣いたもん。
妹なんて、予告CM見ただけで泣いてる。
絶対見たい!!

あ、Tさん本人登場だ~。
あの脅し文句には本当笑えた。
確かに『お菓子禁止』とか、私服はジャージとか、
規制が多いと噂の明徳義塾。
どこまでが本当かはわからないんだけど、
噂が一人歩きしてるもんね。
私もバレーボールの県大会で明徳の選手が
プリッツのサラダ味の周りで円陣を組み、
『どうする?どうする?(プリッツを食べた事)先生にバレたらやばいもんね。
やっぱり怖いけん、やめろう。』って相談してるのを
見た事がある。
明徳ってすげーって思った。>とびうおさん

そうそう、リメイク。
マジで大人も号泣するよ。
なんで映画ではジャイアンは『いいヤツ度』があがるんだろ。ガキ大将っていうよりも、お父さん。。
ちなみにしずかちゃんの入浴シーンはちゃんとあった。。
そんな事に『あっ』って思うなんて、自分て汚れちゃったな。。>兄貴

なんか恐竜のやつだっけ?
スネオも微妙にいいヤツだったりするんだよねー

スネオはね、最初相変わらずジコチューなんだけど、
途中で改心すんの。
恐竜のだよ。
ピースケ。ピースケ。>きー

なんで二回言ってんの?(笑
あーピースケのやつか。
昔、マンガで読んだ覚えがあるぞ。

念を押してみた。
うふふ。>きー
プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク