スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰か、、窓を、、窓を開けてはもらえませんか?

4月前半の金曜日。   新入社員歓迎会。   新入生歓迎会。。
酒宴の果て、そこらで大声を挙げ醜態を晒す紳士淑女の群れ。
嘔吐物、行き倒れ、路上キス、路上ペッティング、セクハラジャブ、東京はなかなかに賑わっている。春の景色。

仕事帰りのシラフの頭で、相変わらずのスローライフ気分の自分。
多少電車が遅れていても、人身事故を起こした人の安否を考えるほどの余裕を持ち合わせている。
電車遅延にて車内混雑。
息はできる。肋骨を圧迫される程ではない。
まあ、このくらいの混雑はたいして苦にもならない。

新宿始発の中央特快。
三鷹までノンストップ。
特快とは名ばかりのノロノロ運転。
先発の電車とのダイヤの兼ね合い。そのくらいは理解できる。しかたない。
読書。遠藤周作『怪奇小説集』。
文字が舞踊る。底の見えない空間へ浮遊していく。
(いったい何の話だ?)前のページから読み直す。文字は踊る。
人いきれ。車内温度の上昇。
冷や汗。手のしびれ。シラフなのに顔面蒼白。

だ、誰か、、窓を、、窓を開けて下さい。
新鮮な空気が必要のようです。。

サキソフォンのケースを持った男性と、
人の林の間から聞こえる美しい女性の声、ジャズ論争。

誰か、窓を開けてはくれませんか、、?
この車両に必要なのは、ジャズ論争ではなく新鮮な空気なんです。

ああ、覚えがあるぞ、この感覚。。あと1分後には意識が飛ぶか。。

いつもの最寄り駅まで辿り着かないまま下車。
居もしない多数のショウジョウバエが鬱陶しい。
ほっといてくれ。それどころではないんだ。

白い空と砂漠が見えた。

気がつくと駅のホームで座り込む自分。

シラフなんです。シラフなんです。
わたくしはただ、真摯に一日の仕事を終えて帰る途中なのです。

コメントの投稿

非公開コメント

お、お、おつかれさまぁぁぁ~。。

私も新宿駅をメイン駅にしております。
>嘔吐物、行き倒れ、路上キス、路上ペッティング、セクハラジャブ・・
私はあまり見ませんよ。セクハラジャブって何?想像はつくけど。。

今度、怪奇小説集・・今度貸して下さい(笑)

もうそんな宴には、半径5km以内には近づきたくない今日この頃です。。
私も学生の頃、しょっちゅうりこさんと同じような症状になった事があって、血圧を上げる薬を飲んでいたことがあり、他人事とは思えないほどお苦しみ、お察しします。
ところで明日、ベスパ視察第二弾を行います。
お会いできるかな??

んー、
小説家デビュー近い?
タイトルと書き出しの数行はそのまま単行本みたいでした (^^)

見ませんか?そうですか。。羨ましい限りです。
セクハラボディーブローはさすがに屋外では見かけません。
ジャブ止まりです。屋外でのセクハラは、
ジャブまでにしておいて欲しいものですね。
深夜帯に新宿を張ってみる事をお薦めします。>ネットくん

はい、その通りです。
わたくしも出来る事なら、繁華街を避け、山奥にて俳句でも読んで暮らしたいものです。
今からベスパ視察団に加わろうかと思っていますが、
私の大好きな旅番組が始まってしまいました。。箱根。
あ、でもクイズ形式だ。。じゃ、後ほど。>よーままちゃん

小説が書ける程の想像力と文章力と語学力があれば、
夢の印税生活に入れるんですけど。。
何もかもが中途半端で、非常に残念です。。。しくしく。>アコボーさん

>屋外でのセクハラは、ジャブまでにしておいて欲しいものですね。

・・あれれ?分からなくなりました。セクハラと言うことは分かりましたが、ジャブとボディーブローがあるんですか。。(~ヘ~)ウーン
以前、深夜帯(夜中2~3時頃)歌舞伎町を徘徊したことありますが、時期的なものや場所もあるんでしょうね。恐そうなおじさん達やホストさんくらいしか見ませんでした。
気になっていた、遠藤周作怪奇小説集・・アマゾンで調べたら結構有名なんですね!今度「挑戦」してみます!

セクハラの程度の事を私なりに表現した言葉ですので、
お気になさらずに。。
遠藤周作は『沈黙』がお勧めです。
あと、『月光のドミナ』、『海と毒薬』、『深い河(ディープリバ-)』あたりでしょうか。。
怪奇小説衆は、近頃の読書の傾向でテーマの深い物ばかりが続いており、どうも疲れてしまっていたので、息抜き気分で読んでいました。
遠藤周作は人柄が滲み出た優しい文章ですし、人格者ではありますが、偽善的なきれい事ばかり言っている訳でもないのがお気に入りです。
(作品の中で)罪を犯した人に対してさえも愛情が見れます。
いずれ気が向いたらどれかに挑戦してみて下さい。>ネットくん

海と毒薬、沈黙、深い河は読んだことあります!
こう見えても(見えないか(笑))、(偏った)活字人間なのです(^-^)
でも怪奇小説はしらんかった・・(^^;;;
他には誰を読むんですか?

倒れる寸前で何より。
倒れてたら間違いなく、酔っ払いと間違われてたでしょう。
体、気をつけてね。

そうですか。私も沈黙はだいぶ前に読んだのですが、
忘れられない一冊です。
ちなみにわたくしはいろんな作家を読んではおりますが、
とにかく宮沢賢治を崇拝しております。>ネットくん

ほんとだよね。。。
酔っぱらいではないのだけど、時間的に確実にそう思われるから
ここで倒れてはいけない。。と精神力だけで立ってたよ。。>兄貴

プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。