スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

負け猫 髭 老人

待ち合わせの場所には、10分前に着いた。
相手を待たせるよりも、自分が待つ方が気が楽だ。
旧式の日本家屋を改造した喫茶店の店内は、趣味のいい調度品に歴史を感じさせ、
BGMも無く落ち着いている。
コーヒーも美味しい。
なかなかにいい店だ。

ふと、丁寧に磨かれたガラス窓に写る自分と目が合った。
顔中、髭もじゃである。
これではまるで、尾崎清彦のようである。
朝、出がけに確かにしっかりと化粧を施したはずなのに、
もうこんなに髭もじゃになっている。

(これは良くないな、、。)口の中で言うとも無く、テーブルの上にある
目の前の爪楊枝入れに入っているひげ剃りを手にする。
(T字カミソリか、、。しかし、なんだ、このウェーブは。。)
見ると、カミソリの刃の部分が、彫刻刀の丸刀をいくつも並べたような形になっている。
仕方なく、手に取って顔に当ててみるが、こんなにもじゃもじゃしていては、
すぐに刃が引っかかってしまい、うまく剃れない。
ふと見ると、シュガーポットだと思っていた物が、電気カミソリである事に気がついた。
顔に当ててみるが、やはり、上手く剃れない。

そうこうしているうちに、時間だけが過ぎて行く。
彼は、こんな私を見てもやはり『可愛いよ』、と言ってくれるだろうか。。
と考えたが、やはり、髭は受け入れる事はできないであろう。
私は調理場から鋏を借りてきて、窓ガラスを鏡の代わりにし、髭を切る。
ある程度短く切れたので、今度はカミソリを当てて、まずは頬から顎にかけて刃を滑らし、剃り始めた。

刃が波形なので、髭も剃れるが、皮膚も削れている。
(これはまいったな、、。)と思いながらも、痛みを感じないのをいい事に、
どんどん髭を剃り、皮膚を削っていった。

真後ろにある四畳半の茶室で、炬燵に入りながら茶をすする老翁がこちらを見ている。
無表情だ。
(何を見ているんだ!)と、多少、腹正しく思いながらも私は髭を剃っていく。
いつの間にやら、私の顔にはクリームがたっぷり付いており、多少の出血の為、
ピンク色でファンシーな様相を呈している。

早くしなければ、彼が来てしまう。

待ち合わせ時間にはきっかり現れる彼を、心待ちにしてはいるけれど、
この顔をなんとかしなければ、せっかくのデートが台無しだ。

店の奥で猫が喧嘩をしている。
老翁が私を見て僅かに含み笑いを浮かべた気がした。
負け猫は遠吠えを放り投げてどこかへ行ってしまったようだ。
彼がもうすぐ現れる。
私はピンク。
翁は茶を口の端から垂れ流している。
どこかに行ってしまったはずの負け猫が、私の持つカミソリに飛びかかる。
カミソリが横にすっと流れた。
大量に出血してしまった。
波状になった顔は、ピンクと大量出血が入り交じり、サイケデリックに彩られた。
翁は茶など飲む気はなかったのだ。
口を開けたまま湯のみを傾け、じゃばじゃば炬燵布団にこぼして笑っている。
猫が私の喉に噛み付いた。
翁はさも楽しそうにゲラゲラ笑い始めた。泡を吹いている。

ああ、もう終わりだ。

顔の髭など気にするまでもなく、私は彼に会えないまま、
ここで猫に喉を食いちぎられて終わるのだ。
こんな事なら、髭など剃らなければ良かった。
こんなにサイケデリックな姿など、私には不似合いだ。
むしろ髭もじゃの方がよく似合っている。自然だ。
ああ、、さようなら、、空はどこまでもどこまでもガラスのように透き通っていたね。
ああ、さようなら、、、あなた。。。
生まれ変わったら一緒になろうねって。。ああ、あなた。あなた。。。
あ。。。な。。。。た。。。。。



目が覚めると、飼い猫が私の顔をハグハグ噛んでいた。

痛いじゃないか。やめておくれよ。。。。







コメントの投稿

非公開コメント

もんのすごいね、
マンガ化してガロに投稿しましょう!

おひさしぶりです。
お元気ですか?
昨日内の銀次は朝帰りでした。
ちょっと大人になったのかな?
追伸
また、遊びに来てくださいね。

最初は、遠藤周作
途中で、水木しげる
終わり方は、星新一
情景描写がいつもながら上手いですねー(^-^)
それにしても、死ぬ前にどうして空がガラスの如く透きとおっていることを思い出したんだろう?(^^;)

毎回長編になると放り投げていたが、気が付けば読破してました。
おもしろかった。

私、そのシチュエーションコント(?)に女給役で出させてください。
死んだ魚の目で、表情一つかえず、水を注ぎに行きます。

原作を提供しますので、誰か絶妙にヘタウマな漫画家を募集します。
自分は漫画は書けませんので。。。>あらないさん

もしかして猫に反応しましたか?
そちらにお伺いしてから早くも一年が経とうとしていますね。
次はいつ福井まで行けるか目処は付いていませんが、
行ったら必ず寄ります!
銀ちゃん、そろそろさかりの時期でしょうか?
一歩外に出ると外には七匹の敵が居るのでしょうか?
負けるな銀ちゃん!>砂漠銀次さん

星新一は読もうと思って枕元に置いたまま、早や3週間が経とうとしています。と、言う訳でまだ読んでいないんですね。。
私はきっと死ぬ前に、今までに見た美しい空を思い出すと思います。
ってうか、夢なので、、理由は解りません。。>ネットくん

放り投げないで。
と、いうか、滅多に他人を褒めん君に褒められると
妙にうれしいな。ま、所詮、アホな夢やけど。。>あきラー

冷たく光る眼鏡の向こうに、淀む死んだ魚の目のよーままちゃんが無表情で水を足す姿、、。
容易に想像が付きますね。。似合い過ぎ。。
しかも、コップ一杯になってもテーブルにザバザバこぼしてくれそう。。謝るまでこぼしてくれそう。。>よーままちゃん
プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。