スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お前なんぞ、才能も金もないくせに。

メタボリックな顔面と腹を弛ませながら、お猪口を口に運びつつヤツが言う。

「お前なんぞ、才能も金もないくせに。」



事の始まりは友人とドライブ途中訪れた山中の宿。
日も暮れて来たし、時間もあるんだから今晩は素泊まりして明日帰ろうという事になり、
宿の門を叩く。

妙に艶っぽい女将が対応してくれたのだが、生憎、今日は宴会場しか開いておらず、まだ宴会は終わっていないので、貸す事の出来る部屋は暫く騒がしいとの事。
それでも、格安で寝泊まりさせて貰えるのなら、と、了承し、まずは温泉へ入り、浴衣に着替えて宴会の終わるのを待つ事にした。

庭を散歩しつつ、春の風に戯れながらしばらく、どうやら宴もたけなわという雰囲気が感じ取れたので、部屋へ行ってみた。
襖を開けると、そこに居たのは有名なサラブレッド力士が一人と、噺家が数人、泥酔した目で一斉にこちらを見た。

陽に焼けた畳に、開け放した障子の向こうから西日が射し込み、どこか澱んだ空気の漂う部屋の中で、巨体の男達がだらしない顔をして酒を飲んでいる。

下品だ。

私は嫌悪感を感じつつもそれを隠しながら、おずおずと部屋の隅に進んで、自分の鞄を探って何かを探していた。

そこへ突然大きな声がした。
「おい、そこの女、酌をしろ!」

そこの女と言うのは私の事ですかい?旦那?

見渡す限り、この部屋の中に女は私一人。
さて、まず声をかけられたのが私だと言う事は間違いないだろう。
しかし、酌を強要されるような覚えは無いし、見ず知らずの(彼らは有名人なので、私は彼が誰なのかを知っているが。)私に対する遠慮のかけらも無い命令口調が気に入らない。

何様だ、お前。

本当に怒りを感じている時の私は無口になる。
硬い表情を浮かべ、聞こえないフリをしていると再び、
「女、酌をしろ!」と今度は怒声の様にヤツが声を荒げた。

鬱陶しいと思い、もう少しこの部屋を出て散歩をしようと立ち上がると、
ふいに腕を掴まれ、酒樽の前に座らされた。
お、手篭めにする気か?とっさに身の危険を感じた私は、

「イヤなこったい。」

わざと怒りを誘う様な鼻にかけた声で一言答えると案の定、力士は火のついたように怒りだした。

「お前なんぞ、才能も金もないくせに!酌をさせてもらえるだけ有り難いと思え!」

いや、確かにあんたの言う事は間違ってはいないが、しかし、私の何をあんたが知っていて、
それに、何故初対面のあんたにそんな事を言われなければいけないのさ?
お門違いも甚だしいんじゃないかえ?

「馬鹿にすんな!才能も金も無いが、人並みの人権はある!」

西陽はさらに傾き、部屋の中はまるで焼けているようだった。

しまった、認めちゃった上、反論になってない。

突然に的を得られて狼狽した私は、
お猪口に酒を注ぐフリをしながら、ヤツの頭に勢い良く中身を浴びせかけた。

「ざまあみろ、お前なんぞ、たまたまあの家に産まれただけじゃないか!
他の家に産まれていたとしたら、ただの無能なメタボなんだよ!痴れ者が!!!」

場はすっかり凍り付いてしまい、怒り狂う力士を周りが宥めている中、
一人の芸人が私に近寄り、ビデオを見せてこう言った。

「わし、昔な、女が山道で人殺して捨ててんの見たんや。」

ビデオカメラの小さな画面を覗き見ると、私らしき女が、山道の崖から誰かを投げ捨てている。
身に覚えがないが、しかし、これは私、、、?

「確か10年くらい前やったなあ、。あんたも怖い事しはりますなあ。」

え?10年前?10年前、、、あ、、、あれ?、、、そういえば、、、覚えている様な、、、
あれ?しかし、、人殺ししたとして、もしそうなら自分がこんなに毎日平静でのほほんと暮らせる訳がない、、、あれ?そんな事したっけかなぁ、、、、?
いやぁ、、、そんな事できるようなタイプじゃないと思うんだけどなぁ、、、、、
おっかしいなぁ????、、、、、、、、、

芸人が舐め回す様な視線でこちらを見ている。
部屋の中は、やつらの吐く息で白濁し、澱みきっている。

息苦しい。

目覚めると、猫が、横向けに寝ている私の脇腹にうまいこと乗ってこちらを見ていた。

Image065~00










コメントの投稿

非公開コメント

うを~~~~☆
 
めちゃめちゃおもろかったです。

こういうの、作りたいと思いました。

悪夢ですね。
疲れてますね。
それとも妄想しすぎですか。
きっと妄想ですね。
あんたが疲れてる風には
思えない。

実話? -> 小説? -> 夢か

で、ほんとのところは?

確か

前にもその猫が寝ているリコちゃんの上に寝ている時、凄い夢を見たのを書いていましたよね?
ひょっとしたらその猫は小説家かも。。(・e・)
小太郎だっけ?

作り話でなく現実なんです。
夢なんだけど、実際自分の脳が見た現実です。
脳ってすごいですよね~。>魔竿さん

何お?疲れてるよ。たまには。今日あたり、結構疲れてる。昨日一生懸命歌い過ぎた。一生懸命になるポイントを間違えてるのに気が付いてはいたけど、歯止めがきかなかった。ぐったりですわ、ほんと。>あきラー

ほんとのところ、才能も金も無いのは事実ですが、
人を殺せる様な人間ではありません。
お料理してて、獣肉を包丁で切るだけで背中に悪寒が走ります。お肉大好きだから食べますが。>アコボーさん

ひらがなで「こたろー」です。
猫は霊力を持っているという巷説もあるので、もしかすると。。でも、こんな夢見せられたところで何の特にもならんので、もっと霊力を活用してくんないかな~、こたろ~。>ネットくん
プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。