スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

去り際の哀愁

恥ずかしながらただいま帰還致しました。
と、言っても、19日の夜に帰って来たのですが。

毎年夏休みは長期間の休みを取って高知に帰省するのだけれど、
行きはよいよい、帰りはなんとかで、毎年繰り返すと解っている「別れ」は本当にきつい。

東京に戻る前日から、親はしんみりとなり小さくなった背中を丸め始めるし、
いつもは早い時間に寝てしまう父も、いつになく遅くまで起きていて、
私の寝る部屋に来て、いろいろな話をし始める。
今年はそれだけでなく、母が高熱を発してしまい、今年の夏最後の晩餐は母不在の静かな食卓、
そしてどんどん上がる熱を心配しながら看病する事に。。。

翌朝、母の熱は下がり、大事に至らず安心したのだが、それでも体の弱い母の事、
またいつそんな事になるかと思うと、この日東京に戻らなくてはいけない自分の境遇を恨んだりもする。

そんなこんなで、そうは言っても、戻らなくてはいけないのは仕方なく、まだ病み上がりで疲れている母には家で別れを告げ、父に送られ駅に向かうと、
お見送りに来てくれる友人や身内の姿が。

毎年必ずあれこれ良くしてくれる上、見送りまでしてくれる人達に、感謝の気持ちでいっぱいで、
何か気の聞いたお礼の言葉の一つも言わにゃならんのだけれど、それは解ってはいるのだけれど、どうも面と向かうと照れくさく、そして、何を言った所で、本当の気持ちは伝えきれないからと、弱虫な私は何も言えずにただ、「ありがとね」とか「元気でね」とか、その程度の事しか言えないままに、
電車の中から笑顔で手を振る。

今年の夏休みはあまりの暑さにそんなにアクティブになれなかったのだけれど、
大事な思い出をまたたくさん持って帰って来ました。

いつでも故郷で待っていてくれる人達が居るって事は、本当に幸せな事です。
幸せなんだからがんばろっと。

コメントの投稿

非公開コメント

大丈夫、ちゃんと伝わってるよ。

良い里帰りでしたね。
みんなの優しさが伝わってきました。

お疲れ様でした。

石垣にいるおれが、お帰りっていうのは、変だよね。

おかえりー。
きっと切ない部分がたくさんあるんだろうけど、温かい故郷があってうらやましいです。(私は幼少の頃から転々として、実家も近いので、故郷みたいのが無いのです)
ちょっと良い感じの気持ちになりました。

君にもそうなんだけどね。地元の子も小さい頃からの付き合いだから、なんか照れくさくってね。>あきラー

ほんとに、なんだかんだ自分は周りの人に恵まれています。幸せですね。>sarryさん

毎年、夏はお互いすれ違いだけど、さこんさんも里帰り満喫したかな?>さこんさん

若い頃は家族や友人や故郷に対する想像力よりも、自分の夢に対する想像しかしてなくて、あっさり飛び出して来てしまいました。高知を出てから出会った人達も、自分にとって大切な存在なので、出て来た事に後悔はありませんが、やっぱり向こうの事も大事なので複雑な思いは残りますね。ま、言っても仕方ない事なんで、遠くで気にかけてくれてる人が居るって事を忘れないで、自分のやれる事をして頑張ろうと思います。>よーままちゃん

さびしいなぁ。
でもまた会える。

はい、親は「あと何回会える」と数えると切なくなりますが、元気で居ればまた会えます。それが励みですね。>ネットくん
プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。