スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KOWAGARI

異常に怖がります。

常時そうという訳では無いのですが、ちょっとした瞬間にスイッチが入ります。

今回の夏休みは実家の四万十市に直行せず、高知市に一泊し初めての高知観光をしようという事にしたのです。

私は大人になってから人並み程度には旅行を経験したので(殆どが国内仕事だけれど。。)、宿にはやはりいろいろ感じる所はある。
一人っきりで寝ていても何も感じないで朝まで爆睡できる所や、誰か同室に居ても見えない圧迫感を感じてどうにも嫌な感じの所、まあ、宿によっていろいろです。

今回のホテルは高知市の鏡川沿いにあるホテルで、清潔感のあるどちらかというとビジネスホテルのような形式のホテルでした。

私達の部屋は角部屋で、窓は二面にあり開放的、更には最上階なので山内一豊でお馴染みの高知城も見る事ができるという条件のいい部屋だった。

部屋に入った瞬間、私はいつも直感を研ぎすますのだけれど、この部屋は何もおかしい様子は無く、心地良く過ごせそうな愉快な気持ちになった。

陽射しが柔らかくなる頃まで、息子と二人でお昼寝(ふざけて寝かせてもらえなかったけれど)をし、初めての二人っきりの一泊旅行気分を盛り上げるため、部屋から見える高知城へ行く事にした。

結局城内に入れる時間には間に合わず、すごすごと帯屋町を徘徊して部屋に帰って来たのが6時半。そういえば、せっかく滅多に行けない土地に来たのに、息子は「コンビニでお弁当を買って部屋で食べたい。」などとほざいているので、それを制し辛うじてお好み焼きを食して帰って来た。(高知なのにお好み焼きという発想も哀しい。)
その後は夜が来るのを待ちながら、お風呂に入ったりテレビを見たり、全く東京に居る時と同じ行動を取り過ごした。

流石に移動で疲れていたので、早くにベッドに入ってグダグダしていると、
突然息子が「トイレ、、ちゃんと閉めて。。」と言い出した。
ほんの少しだけトイレのドアを開けておく癖がある私がそうしていたらしい。

そこから私の「怖いスイッチ」がオン。

(そいうえば、昔働いていたホテルで、空調に紐をかけて首つりしている人がしょっちゅう居たな、、)と、思考は暗黒世界方面へ。

そうすると、先ほど天井の空調にハンガーをかけて、タオルを干していたのが、だんだんと白い服の人がぶら下がっているように見えて来たり、トイレのドアの隙間から誰か見ている様な気がして来たり、窓のカーテンの裏に誰か、鏡の中から誰か、ベッドの下に誰か、息子だと思っているあの人影が誰か、。と、恐怖の妄想は果てしなく広がり、さっきから私以上に怖がり始めている息子に、「ねえ、、、そのベッドの上の額縁の裏にお札が無いか見てみてよ。」と、過酷な要求をし始めた。

自分はもう動けません。シーツの中の結界を出てしまうと、魑魅魍魎がわさわさと、、ああ、恐ろしい。
嫌がる息子に再三お願いをしたところ、嫌いな方では無い息子、さっと額縁をめくった後、
「無い!!無い!!」と言って慌ててシーツの結界に潜り込んだ。

今思えば、お札が無いのなら、何も怖がる事は無いのに、その後二人はすっかりパニックに陥り、テレビも電気も点けたまま、ツインベッドの部屋にも関わらず一つのベッドに二人寄り添い、夜中にトイレに行きたくなった場合は必ず着いて行くという協定を結んだり、先に寝られてはたまらないので、「もう寝た?もう寝た?」と何度も聞く始末なので二人とも寝られず、仕方が無いので部屋を出て夜の散歩へ。

夜中の12時にハイテンションで練り歩く小学生の息子と眉毛の無い母親。
よっぽど不気味だったと思われます。

Image031.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

野郎

「お札が無いか見てみてよ」
額縁の裏側にお札があるかも??
という発想がおかしい(大笑)
怖いとか言いながらすごく楽しそうじゃん。

眉毛のない母親。・・・が一番面白かった~ん。

絶対今回のオチは、鏡に映った自分を見て●●した。と言うのだと思ったのに。。まぁありきたりか。

何をおっしゃる・・・

あの家に住めているんだから 大抵の物は大丈夫なはず。
君達 親子には霊達も 太刀打ち出来ないと見ております。

あんたら親子の妄想力が何よりも怖ひ。

大概曰く付きの部屋の絵の額縁の裏にはお札が貼ってあるというのがこの業界の常識なので、ごくごく普通の発想ですよ。最終的に真夏の夜更かしを楽しんでました。てへ。>抽出汁野郎さん

え?あ、そうか、。
いつもオチがあるとは限りません。たまに、たいしたオチの無い話をしてしまう事があります。要注意。>ネットくん

『あなたは生まれつき持っている「気」が強いので、名前が何画だろうが、何をしていようが大丈夫。』と、霊能者(?)に言われた事があります。。体は弱いのにね。>ケンタちゃん

妄想はどこまでも広がる。
今日は、ほん怖が放送される日。
親子で色めき立ってます。>あきラー

お札があれば魔除け?でいいじゃないの?
んで、肝心の高知市内の観光は何も書いてないんだけど・・・

魔除けというか、魔封じの意味なので、以前何かあった場所に貼られるモンなんです。何も無かったら貼ってありません。
高知観光、、えっと。暑かった。。
あ、マンガ記念館に行ってきました。コボちゃんの作者が高知出身なので、その人の記念館です。あと、はらたいらや、「シェイプアップ乱」の人、他にも高知出身の漫画家は沢山居て、そのせいか、漫画甲子園っていう全国区の漫画のコンクールも開催されてます。あと、産まれて初めてちんちん電車に乗りました。乗り方が解らなくて(どこの田舎もんだ?)と思われるのは恥ずかしいので、わざと標準語で運転手さんに質問してしまいました。ここらへんの感覚が田舎もん丸出しなんですね。
と、ゴロちゃんにだけ、観光の話をする私。>ゴローちゃん
プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。