スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君が居た夏から始まって恥かいてサンキュー

夏の恩恵を受けた私。

海辺の町に住む同級生Hちゃんの家に、仲間と一緒に足繁く泊まりに行っていたあの頃。
昼は海で泳ぎ、夕方はカキやウニをその場で焼いて食べ、Hちゃんのお母さんの作るじゃこの美味さに感動し、自分達以外に浜には誰も居ない、夕日も水平線も私達の物、という贅沢が当たり前の素敵な日々だった。

そんなある日 Hちゃんが、同い年だが私達とは別の高校に通う従兄弟を紹介してくれた。
ちょっと不良っぽいけど優しい物腰で綺麗な顔立ちのT君は、すぐに私達のアイドルになった。

その次の週から、お泊まりの目的はT君を見に行く事、という確固とした目標も定まり、
気合いも今までとは段違い、私達はキラキラしていたと思う。
いや、ギラギラしていたと思う。
大人になってやっと、「がっつくと外す。」という事を解っているが、今も昔も直球勝負の私。
多分、相当、直球を投げていたと思う。

(そう言えば先日、友人と、「告白した事があるか?」という、話をしていた処、
「私は、告白させるように仕向ける。」と言っていたが、あれは相当かっこよかった。脱帽。)

そんな私の直球が、ほんの少しストライクゾーンに当たったらしく、
夢の様な夏休みが終わっても、Hちゃんの計らいでT君と連絡を取る事が出来るようになっていた。

そんな中、私の通う高校の文化祭が近づいて、体育館でやる「軽音楽同好会」の、(と言っても、
軽音楽同好会は文化祭と卒業生を送る会の時だけに、それぞれのバンドが名乗りを挙げるだけで、部室も無ければ普段の活動も全く無いのだが。)発表会、つまり、ライブなのですが、私ももれなく出場する事になり、練習に明け暮れても居ない毎日、緩い日々を過ごす中で、そうだ、T君に見に来てもらおうという事を思いついた。
当時は根拠の無い自信に満ちあふれていた。

その日から、急に練習に明け暮れ、ライブに向けてバンドメンバーと共に粉骨砕身する日々を送り、途中、メンバー同士の諍いなどもあり、ああ、青春だな~、面倒臭ぇな~、などと思いつつ、なんとかバンドもまとまりつつ、本番を迎えた。

当日、T君は遠い所を一人でやって来てくれ、そして私はここぞとばかりに張り切り、恥ずかしいくらいに張り切り、校内を一通り案内し、体育館へと連れて行ったのだが、いつもならあぐらをかいて座る私もさすがに女の子座り、頭にはリボンを巻き、ひらひらのスカートで、おちょぼ口で粘り気のある汗をかきながら一生懸命、そう、恥ずかしいくらいに一生懸命、T君をもてなした。

いよいよ私らの順番が来たので、毛穴から血が噴き出しそうなくらい心臓をバタつかせながらステージに上がった私。
ステージの前にはずらっと後輩や同級生の女の子ばかりが集まり、男子は端っこにほんの少し。
あれ?おかしくね?
と思いはしたけれど、元々男子よりは女子との交流が多かったので、それはもう仕方ない。
私は、ドラムの前に置いてあった金色のマイクを握りしめ、
喉が切れるくらい張り切って歌った。

T君、しっかり耳をかっぽじってよく聞いててね、私、今日、あなたの為にこれを歌うわ!
「会いに~来てっ、アイニーヂューっ!」
以前から申します通り、ゴーバンズなので、会いにきてI NEED YOUを歌った私。
アンダ-30くらいだとご存知無いかと思いますが、当時は旬な曲でした。

ステージ前は女子のいい香りでぷんぷん揉みくちゃになり、「りっちゃんセンパーイ!」、「おきもー」の黄色い声。

ああ、私の青春の一ペイジが今日また燃え尽きて行く。。
グッバイ、3年生でただ一度きりの今日の日。

興奮冷めやらぬ状況ではあるけれど、お開きの時間はやってきます。

祭りの後の寂しさを抱えながら、私はT君の元に戻った。

どうだった?と照れながら聞いた私にT君は私が一番欲しかった褒め言葉をくれた。

のだが、、、。
でもね、何やってるのかマイクがガチャガチャなってて、全然聞こえなかったよ。

私はその当時、機材の事、マイクの性能、適正について全く興味を持っておらなかったので知る由もなく、私が握った金のマイクは、ドラムの集音用マイクだった。

集音用マイクに口をおもいっきり近づけて大声を出せばそりゃ割れるわね、ハウるわね、PA泣かせだったわよね。お手上げよね。PAのお兄さん、ごめんなさい。
これからは、「私が落としたのは金の斧です。」なんて事を言わずに、正直に鉄の斧を手にしようと思います。

その日の後の事は、そのショックで覚えていないのだが、
それからもT君とは遊びに行ったり来たりと仲良くしていたので、
ショックのあまりに「帰れ!」なんて無作法な事はしなかったんだと思う。

あの日、T君が正直に教えてくれたおかげで、私は大人になって後、マイクの性能に興味を持つ事ができ、自分の声に合ったマイマイクを持つ事になり、ひいてはサウンドデザイナーの企画「マイク性能テスト」という記事にて実験台を務めたりも出来た訳です。
あの日のあの一言が私の肉になっております。
ありがとう、T君。















コメントの投稿

非公開コメント

なるほど

いい話じゃのぅ。
ライブを都会で開いてくれるのを楽しみにしておるぞ!
「おきもー」の意味はわからないな。。(^-^;
因みにわしのファミリーネームもTだが。。

甘酸っぺ~~~

なんだか懐かしい甘酸っぱさだわ。
私も自分のバンドっ子時代を思い出しちゃったよ。
ゴーバンズ、また懐かしいやね~~~。

No title

ストライクゾーンに来た球はどんどん打っていけ。


ゴーバンス、俺のipodに入ってる...

胸キュンな(昭和な表現!!)話、いーねぇーv-10

君がVocalMikeじゃなくて、57Mikeを握っている姿を想像してツボにはまりました。

そんな細いMikeを握ってゴーバンズ...

機会があればカラオケで聞かせてv-222

No title

あ、じゃあ、Tの部分をご自分に置き換えて読んでみて下さい。気分は80年代の青春です。酸っぱい。あ、間違えた、甘酸っぱい。
ちなみに、なんで「ネクタイ」=「ネットくん」なのかは、自分でも解らないんです。なんでだろうね~。>ネットくん

でしょ~、あの当時はいろんなモノに元気がありました。毎日毎日お腹抱えてゲラゲラ笑っていました。お互いそんな感じだよね~。>ケンタさん

しまった、そこに食いついたか。
打てないんで、基本的に、野球興味無いんで。。興味無いくせにストライクとか言ってすみませんでした、ほんとすみませんでした。>あらないさん

まじっすか!!
ipodに入ってるんすか??イカシてます。ちなみに私は一度手放した為、中古でCD買いました。
違うんすよ~、57でも無いんです。私もあの細い凹凸の無いマイクなら流石にわかったんですけど、金色の58風の形をしたマイクだったんです。リボンつけたらレコ大とかで使われてそうなビジュアルの。ほんとに残念です。。カラオケ聞かせますんで、泊まりパーティ仕事があれば振って下さい。ふふ。>東麻布の坊主さん

No title

文化祭に招待して校内を一生懸命案内なんて、、青春ですねぇ(しみじみ)。
それにしても、ゴーバンズを集音用マイクで熱唱なんて、イカしてます!
でも、それで自分の声にあったマイクを探すことになるなんて、何がきっかけになるか分かりませんね。私は、形が好きって理由で骸骨マイクは持ってますけどね。

No title

その金色のマイクしか目に入りませんでした。あらかじめリハやった意味が無いですよね。。
みなっちさんは骸骨マイク持ってるんですか?そうそう、確かに形が可愛いですよね~。私も骸骨を持っていますが、やっぱりポイントも狭く、声をよく拾ってくれる物では無いようで、、なので、ケントスに居た頃は苦肉の策で、外観は骸骨を使い、中身はSHUREの58に入れ替えた物を使っていました。今はまた別のを使っていますが、骸骨も記念に取ってありますよ~。>みなっち(王耳な子)さん
プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。