スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これ、ハイキング?毛無山~十二が岳

天気予報は晴れると言っていたのに、なかなか雲が取れない
河口湖インター側のコンビニ駐車場で地図を広げ、
ぐるっと周りを見渡したお師匠さん。
「あそこらへん雲が取れて来たから、あそこにしましょうか。」と。

そんな決め方をするのも素人にはなかなか出来ない事なので、
行き当たりばったり感にワクワクしながらその山へ向かうと、
工事車両が林道を塞いでしまっていた。

これでは登山口の駐車場まで行けないので、また別の山に向かう。

西湖の側をぐるっと周り、トンネルを抜けた所にある駐車場に車を停めて、
いざ、登りましょう、と、登山口へ。

山の名前も知らずに、登り始める私。
途中でやっと名前が気になりだし、
「ところで、ここは何という山ですか?」と問うと、
「毛無山です。」との答えが。

白髪は少し出て来たけど、辛うじてハゲる気配のない私だから良かったものの、
薄毛に悩んでいるそこのあなただったら発狂して駆け降りたでしょうね。うふふ。
この辺りに毛無山は二つあるらしく、マイナーな方の毛無山だそうで。

今まで何回か登った山に比べて、すごく楽に登れるような気がするのは、
気持ちや体が慣れて来たのか、それともこの山が程々に気楽な山なのか。
ここで1500メートル。

頂上に到着した時は(今日は余裕ですのぉ。)と、はしゃいでいたのだけれど。。
kenasi.jpg
今日はすぐそこにあるはずの富士山も雲に隠れて見えず、
少し残念に思いつつ、
mienai.jpg
「まだ元気があるみたいなので、もう少し足を伸ばしましょう」という事に。

この時点では余裕をこいて調子に乗っていたので、
どこまでも行けるような気がしていました。私。

夏の間に生い茂った茅を分け入り、十二が岳を目指す。
アップダウンを繰り返して12カ所の頂を超えながら
頂上へ向かうので十二が岳という名前なんですよ、
という解説を受け、一つ一つ数えながら慎重に行く。

と、数を重ねるごとに、鎖場、ロープ場の数も増え、高さも激しさも増し、
初めは「わーい、アスレチックだ~」とはしゃいでいた私もだんだん本気に。

ropu.jpg
kyuusaka.jpg
写真ではまったく雰囲気が伝わらないのが口惜しいのですが、
ロープは長過ぎて上まで写っていません。20メートルくらいでしょうか?
手を離したら死にますねぇ、、
あ、ここはロープすら張られてませんねぇ、、
なんて事を考えながら
何カ所もあるこんな感じの箇所を黙々と登ったり降りたりします。
なんせ、十二の岳がありますから。

わたくし、子供時代、校長先生の指導のもと、
小学校の裏山を児童みんなでアスレチックコースに作り上げたのですが、
そこで毎日遊びまくっていたのがこんな場面で役に立とうとは。。
校長先生、ありがとうございました。
あの日の努力は無駄になりませんでした。

結構な激しさにぜいぜい言いながら、途中、きのこや、
kinoko.jpg
西湖に慰められたり、
saiko.jpg
この時の西湖は鏡の様で、とても奇麗でした。

そして、後半、アルミ製の不安定な吊り橋に差し掛かり、
テンションはマックスに。
12turi.jpg

もちろん下は断崖なので、落ちたら大変です。
慎重に渡りつつ、こっそり横に揺らしてみて怖さを確かめてみる。
うん、こりゃ、怖い。
そんなこんなで、数々の人気アトラクションを通過し、
いよいよ十二が岳の頂上へ到着。
1683メートル。

頂上には小さな祠があり、
ステンレス製の賽銭箱なんかも置いてあり、
人間の気配を感じて少しホッとしたりする。
そう言えば、いつもは誰かしら人とすれ違うのに、
この日は人っ子一人会わなかった。

有名でないということなのだけど、そのわりには
かなりの達成感と心地よい疲労感。
それにしても、あんなに頑張ったのは何年ぶりかしら。。
12.jpg



翌日、、、
明るい時間から歌舞伎町のモツ焼き屋にて、栄養を取る。
モツは当たり外れがあり、外れると本当に酷いので苦手なのですが、。
と、少し引き気味になりつつもCちゃんに引っ張られ入ったこの店。
でも歌舞伎町。。。期待しません。
motu.jpg
と、否定的に食べ始めたのですが、なんと、、意外にもすごく美味しい。。
しかも、3周年キャンペーンで、ヒモが10円。
このヒモがたまらなく美味しい。
ついついはしゃぎすぎた私。

その後、新宿ゴールデン街に繰り出し、
「下ネタなので、多分リコさん達にはきついですよ。」と脅されつつも
どうしても見たかったコースケハラスメントさんの単独ライブを見に行く。

小学生レベルの下ネタのくだらなさに最初から最期まで笑い続け、
終わった頃にはぐったり。
帰りながらCちゃんの言い放った
「もっとどぎついのでも大丈夫だよね~。」という言葉に、
同じ事を考えていたので嬉しくなる。
goruden.jpg

























コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

こんにちは。
何気に山には行ってるのですね。

僕的には最後の吊り橋が渡ってみたいです。

これかの山、紅葉が楽しみですね。
来月は10年ぶりの富士山に行ってきます。

氣流さん、こんにちは。
コメントありがとうございます!

山は~、、なかなかにハマってますね。。楽しいです。
先日見せて貰った雑誌に載っていたファッションをマネしてみようと、
サポートタイツを買ってしまいました。
(でも結局、長いパンツで隠してしまってますが。)
これからの季節、紅葉も見たいので、暴風防寒対策に
裏地付きの軽量ウインドブレーカーも購入。
薄手のダウンを買おうかと思ったのですが、
ダウンを着る程の季節は初心者には無理だろうと、
思いとどまりました。。
富士山、いいですね~、夏休み開けたので少しは空いてるかしら?
報告楽しみにしています。>氣流さん
プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。