スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死ぬかと思った。大塚山~御岳山

まあまあ、大体が大げさで臆病な性質なので、話半分、いや、、話二分に聞いて貰うくらいでいいんですけどね。

「奥多摩は冬が綺麗なんですよ。葉っぱが落ちて、景色がずっと遠くまでクリアに見えます。」
との言葉に興奮し、「トレッキングシューズ買っといてね。」と、友人を誘った私。

と、いう事で、先日、奥多摩へ行ってきた時の話です。
その日の二日前に東京ではまとまった雪が降ったのですが、
あらかじめ、友人と冬山に行く約束をしていた日にちが決まっていたので、
それを逃したら、今度いつ登りに行けるかわからず、
どうしても中止になんかしたくなかったのです、。

自分も初心者、友人も初心者、というか、初めての登山。
今回は古里駅から御岳山に登る初心者コース。
「とりあえず行ってみて、危険そうだったら降りましょう。」と、強行。

とは言っても、お年寄りでもホイホイ登れてしまうとてもメジャーな御岳山なので、
防寒には気を使いつつも、あとは晩秋のイメージの装備、そんなに高い山ではないからと、
雪もそんなに多くないだろうと予想。

したのが甘かった。

私、奥多摩をナメ過ぎていました。

ussura.jpg
登り始めはこのくらいだった足下の雪。
hueta.jpg
鹿の足跡を見つけて興奮したり、
「うわ~、綺麗だね~。」と、はしゃいでいたのもつかの間。
hueta2.jpg
進むにつれて雪はどんどん深くなり、、
防水でない私のパンツの裾に雪が付着し始める。
usiro.jpg
一応防水の靴だけど、横から雪が入って来て靴下に付着し冷たくなって来る。

ああ、裾カバーが必要だった。
ああ、スノーシューもあればよかった。
ああ、手袋が街仕様だ、
ストックを持つ手が冷えて感覚が無い。
これ、一人、反対から降りて来た人が居る、足跡だ。
足跡を辿って行けばいいけれど、マズイ、雪が降って来た。
本降りになったら足跡が消えちゃう。
どうしよう、初心者二人でどんどん行って、
前にも後ろにも行けなくなったらどうしよう。。
最悪、私はいいとして、社会に貢献している友人を無事に下山させなきゃ
困る人がたくさん居るはず。
やばいな~、しっかりしなきゃ~、
引き返すか?ここまで来て?ここまで来たなら引き返すも進むも一緒だ。
何より、引き返すのは悔しいじょ。
ああ、早く人の気配が見えないかな~、
雪が膝まで来るよ、結構深いな、、、やばいぞ、やばいぞ。。。。
これってさ、ふとしたきっかけで立ち往生したら遭難だよね、
低体温症だよね、死ぬよね、人間って、意外に簡単に死んじゃうんだよね。
まいったな~、。。
いざとなりゃ、、、、寝てしまおう。
すんなり寝る為にお酒持ってくれば良かった。

と、、ネガティブな方にばかり思考が向いていた私。
後ろを振り返りつつ、はぐれていないか気にしながら歩いていたのですが、
ネガティブも原動力になるらしく、あの雪の中、標準のコースタイムで歩いており。

なんとかかんとか中継地点へ。
ootukayama.jpg

ここまで来ればあとは頂上付近の宿坊が近くになっているはずなので、安堵の笑顔。
そして、霧氷を楽しむ余裕も生まれ。
muhyou.jpg

大塚山から、目的地までは雪は相変わらず深いものの、
道は歩き易く、どこはかとなく人の気配も漂い、ほっと一安心。
mink.jpg


と、ここまで来ると、ついさっきまでの不安感は早くも思い出に変わり、
普段、なるべく人の居ない方居ない方へ向かう自分が、
あんな場面では人恋しくなる事を発見し、おかしくもなり、
御岳山山頂がすぐそこになった時に、ケーブルカーで登って来たおじさんが革靴で歩いているのをみて、
雪だらけになっている自分達がなんだか照れくさくもあり。


生きててよかったと喜びを噛み締めながら頂上の神社へ。
mamemak.jpg
なんと、この日は節分という事で、豆まきが執り行われておりました。
規模は小さく、30人くらいの地元の人がビニールを持って待っています。
(へぇ~、豆まきかぁ~、、嬉しいなぁ~、初めて見るなぁ~)と、
ちょっと離れた所で見ていますと、チャリンという金属音が。。。

下を見ると、豆だけでなく、お菓子や小銭も撒かれており、
少し色めき立った私は地面を見つつ、300円を拾う。
神様から貰ったお金なので、記念に取っておく事にしました。ありがと、神様。

そして、帰りも北側の斜面を下る予定でしたが、陽が暮れると危険も増すので
ここは諦めてケーブルカーで降りる事に。
hitoansin.jpg
途中の茶店で熱燗をつけてもらい、体を温め、
roubai.jpg
下界ではなかなか見れない雪のロウ梅を愛でつつ下山。

「今度は雪が溶けてから行きましょうね。」と話し、
冬山はもう勘弁してね、の意味も含まれ。

帰る道すがら、今回の事で学んだ事を反芻しつつ、
(と、言う事は、今度こそ冬山には独りぼっちで行く事になるのね。)と、気がつく。

次回は、、、あれも、それも、これも、持って行かないとなぁ。。うふふ。楽しみ。。

あ、っつーか、粉雪舞ってるし、天気悪くて景色は見れなかった、。残念。。
やっぱり雨女なのかなぁ??



















コメントの投稿

非公開コメント

久しぶりのコメントです^^

いいですねぇ~~雪山に登るの♪
(でも私は、登るよりスキーですね♪)
それに雪が綺麗でいいなぁ~~
りこさん頑張りましたね^^!
意外と疲れますよね(汗)それに寒いし><
って死なないで下さいね(汗!!

あ。。私今年豆まきしてない。。。
いいなぁ~~うちの家族やらやら。。
300円ほしぃーーーーーーー!!
お金ぇ~~~><笑

いやいやりこさんは、雨女でわないでしょう!!
逆にうちがそうかもしれませんよ。。。あはは

先日はスキーのお土産ありがとうございました。
美味しくいただきました~。

豆まきは御岳山でも見たけれど、家に帰ってからもやりましたよ。
なぜか、豆まきは毎年欠かさずにやっています。。
ベランダからや、家の中で、はしゃいで豆を撒いて許されるのもこの日くらいですからね。
来年は家族全員でやってみてはどうでしょう~?>ココアちゃん

いえいえ、いつもお世話になってるのでそのお礼です。
美味しくいただいてよかったです。

いいですね♪
私の家族は今回初めて私がいない豆まきやったらしいです。。
来年は、できたらいいですね^^

奥多摩お疲れ様でした。

頑張りましたね。 無事に帰れば良い思い出です。


やっぱり、奥多摩は冬が綺麗なんですよ(笑

スキーだったからね、お疲れさまでした。
来年はぜひ、家庭で豆まき参加して下さい。
大人になっても豆まきをしている家族でありたいものです。>ココアちゃん

その通りです。初めての冬の奥多摩で新雪に埋もれてかなり焦りましたが、
無事に戻ればいい思い出です。
その言葉を信じて、
来年は一月中に行ってみようかと思っています。
(頭の中で「奥多摩は冬が綺麗」と、呪文のように言葉が回るんですよ~。)
びっくりするくらい何にも見えませんでしたが(笑)。>きりゅうさん
プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。