スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌~旭川~小樽~なぜか、川苔山。今回は長いぞ。

「北海道の広大な雪景色が見たいの」

という事で、行って参りました。北海道。
母が育った土地、北海道。

しかし、初心者なので、冬の北海道はいろいろと危険と判断し、
まずは交通の便の良い札幌を拠点に雪を求める。
腹ごしらえはもちろん、札幌ラーメン。

「土地の歴史を知らずして、足を踏み入れるべからず。」
と、言う事で、まずは歴史を勉強する為、向かうは「北海道開拓の村」
sapor.jpg   otr.jpg 旧小樽新聞社

umasap.jpg馬ゾリ

jyunsa.jpg  okorare.jpg 職務質問
mitdn.jpg密談

すっかりふざけているように見えますが、しっかりと開拓者の労苦を学ぶ。
アイヌ民族の事には殆ど触れられていなかったのが残念。
次回への課題が残る。

そして、いよいよ札幌の街へ。

hutago.jpg

熱烈な歓迎を受け、嬉しい限り。

何故か、滋賀県のシンボルであるタヌキを発見するも、そこはさすが北海道、
信楽焼ではなく、木彫りのタヌキである事に気がつき感動。
tnk.jpg
装飾が華美過ぎてかわいそうな気もする。

夜はお寿司。
時計台ビルにあるお寿司。
北海道と言えばまずは海産物。美味い。

翌日は旭川、旭山動物園。
腹ごしらえはもちろん旭川ラーメン。
kitun.jpg  tuno.jpg  一通り見た後は、キツネとレッサーパンダに釘付け。
レッパンはサービス精神か、立ってくれた。黄色い歓声をあげて釘付け。

夜はすすきのに潜入。ジンギスカンへ。
darum.jpg
観光ガイドには載っていないけれど、タクシーの運転手さんのお勧めジンギスカン。
かなり美味しい。
札幌限定ビールも味はもちろん美味しく、
泡がきめ細やかで、おばちゃんのビール注ぎテクニックにも脱帽。

3日目は小樽へ。
「小樽でも行っとく?」くらいの軽い扱いだったけれど、
函館本線が石狩湾に差掛かってからの大感動。。
こんなに海沿いを走る電車は初めて乗る。
しかも、雪景色。
小林旭の「熱き心に」が頭の中で流れ始める。止まらない。
umiden.jpg

otrst.jpg

まずは定番の運河へ。
ung.jpg

アキラ コバヤシの呪縛から逃れられず、足場を見つける度にこのポーズを取ってしまう。
akira.jpg

しかし、ここは石原裕次郎の縄張りらしく、記念館もあるらしい。
反分子である事がバレないように気をつけねば。

港に寄ってみる。
日本海はもっと荒くて水が黒いイメージだったけれど、
こんなに透き通って穏やかだとは意外。湾内だからか。
mint.jpg

今度はシンイチ モリが頭の中で歌いだす。「冬のリヴィエラ」
「アフリカーの貨物船が~、。」(あ、アメリカだ、間違えた。)

手宮洞窟保存館に行く。運河より徒歩、30分。
doukut.jpg

あ、、、やってない、やっぱりね。
冬の地方の落とし穴にハマる。

市街地に戻り、腹ごしらえは小樽ラーメン、と言うべきところだが、
あんまり聞かないし「小樽ラーメン」、
あったところで三日連続ラーメンは気が重いので、
オシャレに小樽バインへ向かう。
明治45年築の北海道銀行の建物がワインカフェになっているこの小樽バイン。
ワインも料理も美味しく、ご満悦。
北海道は、建物がとにかくオシャレ。

最期にシャチホコを目指して辿り着いた小樽市総合博物館が意外にも面白く、
旅の最後にふさわしい締めとなる。

それにしても、北海道の旅はたった3日ではあまりに短すぎるので、次はどこに行こうかと
次回の計画などを考えながら帰路につく。


東京に戻ってみると、行く前の真冬の寒さから急に春が来ていたので、
まるで浦島太郎になってしまったような気分になり戸惑う。

そうすると、北海道旅行の熱も冷めやらぬウチに、またも放浪癖がうずうずし始め。。。

とうとう一人で行ってしまった、川苔山、川乗山。

今までの私だったら一人で山に行くなど怖くて怖くて出来なかったけれど、
北海道の勢いが付いていたのかしら、朝起きて顔も洗わずに車に乗り奥多摩へ向かった。

鳩の巣駐車場へ車を置き、いざ、登山口へ。
本当は、もう少し楽そうな本仁田山に行くつもりが、川苔山との分岐点に来た時、
想定していたよりもタイムが速かったのと、体力が続きそうな気がして、
少し足を伸ばしてみる事にした。北海道パワー、すごいな、おい。
kgensei.jpg

植林地帯を抜けたくらいからまたも雪が現れる。
前回の御岳山の失敗が頭をよぎる。

それでも、雪が深い場所はほんの少しだけなのが幸い、、と思いきや、
今回は、凍り付いてツルツル滑る道に、
もちろんアイゼンなんか持っていない私は、かなり気を使いながら登る。
has.jpg
こんな橋も続き、冒険気分も満喫。
kawanor.jpg  hujim.jpg

登っている時に一人だけ、「この先、まだまだ滑りそうだから。」と
アイゼンを装着しているおじいちゃんに遭遇。

なんとかこらえて到着した頂上には誰もおらず、
一人で「綺麗だな~、綺麗だな~、むきょー!」と喜びながらパノラマを独り占め。
富士山を見ながらおにぎりを食べ、正午近くに下山し始める。

今回、初めて一人で行ってみて、自分には本当に雑念が多いという事に改めて気がつく。

連れが居ない分、もう一人の自分と会話をしているのだけれど、
うるさくてかなわなかった。。
ろくでもない事ばかり話しかけて来る。
そのうち、体力が消耗して来るとやっと黙ってくれたけど、。

そして、独りぼっちという気楽さの反面、
頂上に付いた時に感動を伝える人が居ないのは
少し寂しいような気もしたなぁ。

それにしても、汗をたくさんかいたので、顔面が塩になってザラザラでした。
塩エステになるか、、?
真冬に汗って素晴らしい。








































 


コメントの投稿

非公開コメント

川苔山、お疲れ様です。

初めての単独行はいかがでしたか(笑

巻道の桟橋~舟井戸を通ったのですね。 あの桟橋楽しく(怖く)なかったですか?
今度は百尋ノ滝を経由するルートに挑戦してみては(危険箇所もありますが)

桟橋はね~、ワクワクしました~~。橋好きです。
あと、意外に(落ちたら終わりね~)って場所が結構あったので、
私にしてみたら大冒険でした。
実は下りで百尋ノ滝を行こうと思ったのですが、あの急傾斜で凍った道が続いていたら
無事に帰れる自信が無かったので、今回は止めておきました。
もうちょっと慣れて来たら違うルートも行ってみようと思います。
(きりゅうさんのように自分でルート開拓するまではできませんが~。。)
ちなみに、駐車場から登山口に行くまでに迷ってしまい、
間抜けなタイムロスをしてしまいました。。。>きりゅうさん

なんだか

最近、すごいね~!旅しまくりで羨ましい~。。
今月28日は定期演奏会だから、うっかり旅立たないでね。

小樽バイン
名前がいいね
小樽vine

海産物は北陸の方が圧倒的に種類も多くて美味いぞ。
なので次回はこっち方面よろしく哀愁。

たまたま1月の岩手から予定が重なったからいっぱい行ってるみたいだけど、
かなり久しぶりなのよ。
28日はちゃんとカレンダーに書いてあるから大丈夫です~。
で、定演の翌日29日から高知です。うふふ。
デコに「定演終わったら何もないよね?」って確認して予定を組んだから。
来年から学校関係を相談できる相手(=デコ)が居なくなるかと思うと不安です。。>藤子ちゃん

ごめん。小樽bineなんや。銀行(bank)の建物とwineをかけた名前らしい。
惜しいな。だから、無理にvineにせんと、カタカナで認識しような。
そやな、そっちも海産物は負けてないよな。むしろ勝ってると言っているな、コレ。
確かに行きたいな~。。東尋坊、逆に回ってみたいな~、、。>akiraちゃん


おぉぉ

ほっかいどー!!!・・・え?まさか・・・一人で行ったわけではないよね???
(写真こんなに撮れるわけないか)
昨年私も友人と同じルートを旅しましたよ~(小樽・旭山動物園・・・札幌拠点)
友人と別行動になった小樽は一人旅でしたが、孤独に慣れない街を歩くのもたまにはおもしろいよね~
私は大好きな北一ガラスで名前入りの醤油さし作って来ました。・・・もち一人で(爆)
にしても最近のりこさんってば、すっかり「大人の女」ですね(笑)
低山とはいえ、冬山にも行ってるのに驚きました・・・どうか凍結には気をつけて(>▽<)
あったかくなったらぜひ行きましょ♪

さすがに冬の北海道に一人で行くのは寂し過ぎます。。。しくしく。。
旭山動物園付きのツアーパックになっていて、すごい安くてビックリでしたよ。
ガラスはスルーしました。顔に、溶けたガラスがくっついたり、間違えて鉄のストローを吸ったりしたら
大やけどするじゃん、、と想像したら怖くて、ガラス工房には近づく事すらできませんでした。
醤油さし作るなんて、勇気あるね。。すげぇ、。

ちなみに、今回の山は、途中から道がつるっつるでした。ちょっと焦った。
あと、里近くではイノシシの足跡、上の方では新しい熊の足跡を見つけました。
さすがに、熊の足跡にはびびったので、ブツブツ独り言を言いながらアピールしてました。
来月くらいからならいい感じだと思うので誘うね~。>Nヨメちゃん

ごぶさたですね。
いつもひっそり楽しく日記を見ておりましたが、さすがにこのタイトルじゃ黙ってられないでしょ 笑
冬の北海道良かったですか?
私は夏より冬の北海道の方が好きです。
何より冬が旬の魚は美味いですからね~。
あとは雪。
無駄に興奮しちまいます。
函館も見る所が多くて良い街ですよ!


ゴローちゃん、お久しぶりです!
こちらこそ、雪の日のバイクツーリング及び、キャンプ日記にはこっそり興奮させて貰いました。
さすが、どさんこゴローちゃん。雪を恐れませんね。でも、危ないよ。
以前、ゴローちゃんが言っていた直線道路もちらっとですが拝ませて貰いました。
次に北海道に行く時は、真冬の富良野に行ってみたいと思っています。
北海道はハマりそうです。。一年くらい試しに住んでみたい、、。
函館にも行ってみたい。。網走にも行ってみたい。刑務所体験してみたい。
あまりにも北海道が楽しかったので、図書館で「北海道の歴史」という本を借りて来て
勉強しているところです。ビバ、どさんこ。>ゴローちゃん
プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。