スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猿少女。猿山。

感動の再会。

sarusyoujyo.jpg

小学生の頃、友人の家で読んだこの作品。
孤児院から引き取ってきた少女の頭に、猿の脳を移植するという内容。

あまりの恐ろしさにトラウマとなり、
私の少女時代に暗い影を落として行ったこの「猿少女」。

大人になって読み返してみると、最早これはオカルトではなく、
コメディにしか受け取れないのだけれど、
これを読んでしばらくは、あまりのショックに怯えて夜も眠れず、
腕毛が濃くなってきはしないかと不安に駆られていたあの頃が懐かしいような気もします。


という事で、「そうだ、猿山に行こう。」

おまわりさんに尋ねても、地元の人に尋ねても、
「え??猿山??」と聞き返されてしまうくらい、
猿がメインでは無い事を知り愕然とするが、

山と言っても小高い丘の上にある公園内に、
元々、戦時中に使われていた施設を猿舎として使っているという事。
なるほど、猿はサブだわ。

sarusys.jpg

小猿なども居て、なかなかにめんこいので、写真を撮ろうと
用意してきたバナナカステラを取り出す。

猿と言えばバナナ。
しかし、バナナは持ち歩くと黒くなるのでバナナカステラ。

banakasu.jpg

この為にリュックをごぞごぞ探っていると、どうやら餌を貰えると思ったらしく、
今まで近寄りもしなかった猿が近くまでやってきた。

kosar.jpg

もちろん、あげません。

ちなみに、この猿達はオリに入っているので恐怖感は全く感じませんが、
私の出身地、高知の柏島辺りの野生の猿はなかなかに凶暴。
撒き餌を持っていると襲われる。
ピクニックのお弁当も襲われる。
そこでは人間である自分も野生の一部と成らざるを得ない。

そして、ここからはちょっとした自慢話ですが、
この柏島の猿山でボスをやっているのが、私の親戚筋のおじさん。

親戚のおじさんが猿山のボスなんて、そうそうある事ではないので誇りに思います。
今日もワイルドに凶暴な猿どもを締めております。

そんなおじさんの事を思い出しながら、
そんなに、たいして好きでもない猿をガン見する事1時間。

そろそろ飽きてきたので、江ノ島や大島の見える海を眺める。
enosim.jpg  oosimsakura.jpg

ほんの少し咲いた桜。

春休みです。


と、いう事で、今回の日記を区切りとし、春休みに入らせていただきます。
実家に帰らせていただきます。

次回のブログは4月の5日以降、適当に更新しますので、
それまで皆様、ごきげんようお過ごし下さい。










コメントの投稿

非公開コメント

古賀新一いいですね。
この頃の恐怖マンガって今読むとほのぼのとしますよね。
猿少女も表紙からして癒されそうな予感がしますです。

猿少女、癒されました。
怖いというよりかわいそうです。
設定やキャラクターに矛盾点がたくさんあって笑ってしまいますが、
子供にとっては怖いマンガだったんです。
ここまで設定の矛盾点を無視し続け書き上げてしまう
古賀新一は、逆にすごいと思います。>あらないさん
プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。