スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四万十の国から 2010 たぬき

たぬきが庭に来てちょこんと座り込み「ご飯をちょうだい。」と待っている。

こんなファンシーな出来事が、四万十市ではごくごく自然におこりうる光景で。

実家滞在中:PM10:00頃の事。

母とテレビを見ている時、外から「ぎゃんぎゃん」という犬のケンカのような声がした。

とっさに「たぬきだ!」と、カーテンを開けて外を見てみると、、

子だぬきが4匹、一目散に山に隠れて行った。

田舎もんの私でも、野生のたぬきは滅多に見た事が無い上、
家の敷地内に4匹も現れたのは初体験。かなり興奮。
電気を消し、気配を消し、しばらく外を見ていると、隠れていたたぬき達が、
またそろそろと山から出てきた。

母が置いてある残飯が目的らしい。

母は、トンビも手なづけていて、
朝、8時くらいになるとどこからかトンビがやって来る。
そして家の前にある堤防の電柱に止まり、「ぴぃ~」と母を呼ぶのだ。
すると母が庭に出て、パンやら刺身の残りやら、
トンビにあげていいものかどうかわからない食べ物を投げるのだが、
母が投げるタイミングに合わせて飛び立ち、さっとそれを足で掴んではまたどこかへ飛んで行く。

これが毎日繰り返される。
トンビも何羽か来ているようで、世代交代もあったという事。
母は鳶匠である。

と、そんな母が「残飯を庭に置いておけば、何者かが食ってくれる。」
という経験から庭に残飯を置いておくようになっていた。

それを目当てに集まるたぬき。
tanu1.jpg

母にしてみれば、別にたぬきを餌付けしてやろうとかそんな気持ちは無く、
残飯さえ食ってもらえれば、たぬきだろうが、ハクビシンだろうが、イノシシだろうが、
なんでもいい訳で。
一時期はイノシシが来ていたという話も聞いたが、
今回はシーズンオフだったのか、イノシシは居なかった。

しかし、たぬきフィーバーに沸く私のせいで、
毎日たぬきを餌付けする羽目になった母。

初日は人間の気配がすると逃げていたたぬきも、二日目三日目となると、
図々しくなり逃げもしなくなった。
酔っぱらった父が外に出て「たんたんたーぬーきーのー~~~~。」と大声で歌ってみたけど
逃げなかった。
こんなに早く餌付けに成功するとは。
tanu2.jpg
かなり近くまで来て、お座りをして餌を待っている始末のたぬきだが、
そこはやはり野生の世界。

ライバルが常駐しているあの家では、たぬきも緊張せざるを得ない。
tanu3.jpg

よそから来た半ノラのシャム猫がたぬきのライバル。
とは言っても、たぬきの方が強いので、
シャムはおこぼれを狙っているだけなのだが、
一つ口にくわえて、暗闇まで運んで食べるたぬきに対して、
その場で食べてしまうシャムの方が、圧倒的に量を口に出来るという事で、
たぬきもそれを知ってか知らずか、シャムに対して威圧感を与えようと必死だ。

と、こんな調子で、たぬきのもぐもぐタイムを何日か観察しましたが、
東京から戻り、早くも一週間。

母に「そろそろもぐもぐタイムやけん、よろしくね。」とメールをしては、
まだホームシックから抜けきれずジメジメしている次第でございます。









コメントの投稿

非公開コメント

間違えて一個前の記事にコメント入れちゃいました^^;
シャム猫・・・タヌキとなんら変わらぬ風貌に爆笑です。

あの辺りもだいぶ道が整備されたりしてきましたが、
まだまだのんびりした田舎です。
(東京生まれの人は「田舎があるのは羨ましい」って言うよね~。)
ウチの実家はなぜか野良猫のたまり場になってしまうのですが、
昨日は、納屋でどこかのノラ猫が子猫を産んでいたそうです。

そして、家の脇にある四万十川の支流では、四万十川から遡上してきた鯉や鮒があふれてて、手づかみできる程だったそうです。。
たぬきも猫もトンビも、あそこなら当分の間は食いっぱぐれる事は無さそうです。
みんな、丸々してるし。。。
実際、実家で飼ってるのは猫一匹なんですけどね。。
で、その子だけがひょろひょろでゼイゼイしてるのは、何故??>Nヨメちゃん

久しぶりの四国への帰省、満喫されたようですね。
写真の四万十の自然や、ほのぼの日記からうかがえます。
お話変わって、、
ジミーさんが3月末で京都のレギュラーを卒業されたようで、、。
さみしく思っていましたが、日曜出演や営業部長として残っておられるそうなので、私もまた伺いたいと思っています。
実は、私、今月第二子の出産を控えており卒業ライブには行けなかったもので、、。
遅れた話題をすみません。

そうなんですよ。
ジミーちゃんはひとまずレギュラーは終了という事で。。
私も少し寂しい気がしましたが、。
ただ、あんなに長い間、毎日毎日歌い続けたジミちゃんは、
本当にすごい人だと尊敬しています。
並の人間にはできません。
これからは週一になるみたいだけど、
それもまた新鮮なのかもしれませんね。

みなっちさんは第二子の出産という事で、
赤ちゃんに会えるまで気が抜けないと思いますが、
しっかり踏ん張って下さいね!!>みなっちさん
プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。