スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛宕山~鋸山~大岳山

4時半起床。
ベランダから外を見る。
山は霞に隠れていて見えない。
が、天気予報を見ると9時頃から晴れるらしい。

よし、、行くぞ。

と、言う事で、5時出発。6時。氷川有料駐車場に到着。
step.jpg

山に入ってしまえば踏み跡があるのでそんなに怖くないのだけれど、
毎回必ず「登山口」が判らずにうろうろしてしまう。
この日も例に漏れずあたふた迷う。悲しい。

地元のおじさんに教えてもらった登山口からしばらく歩くと、
急傾斜の188段の階段がある。それを登り、愛宕神社へ。
atago.jpg
一応、参拝。
teng.jpg
天狗様も一応。

やはりガスに包まれていた山道だが、8時前には少し陽がさした。
hikarinosuj.jpg
このまま晴れてくれますように。

岩場なんかもちらっとあり、
「鋸」という名にふさわしい、切り立った尾根を歩き、
ちょっとだけ冒険気分。ちょっとだけ。
nokogiri.jpg
まずは鋸山山頂。ごくごく標準的なタイムで到着。
朝ご飯を食べ、腹ごしらえ。

よくよく考えてみると、この日は距離が長いので、
それなりのおやつを持って来るべきだったが、
なにやらぼんやりしてしまい、手持ちの食料が極端に少なかった。。
その事に気が付いた途端、お腹と背中がくっつきそうで困ってしまったが、
みかんグミを噛みながらごまかす。

さらに先に進む。

進めば進むほど、ガスが濃くなり、進行方向はすっかり隠れてしまっている。
gas.jpg

時間的にはそろそろ晴れてくれてもいい頃なのだけれど、
行けども行けども五里霧中感は増し、
あまりの静けさと美しさに、余計に孤独を感じる。

そう言えば、、、
よくある怪談話ではこういう時、
場に似つかわしくない赤いワンピースにハイヒールのような格好をした女の人や、
アミダ婆のようなお婆さんが出て来て、道案内をしてくれるけど、
もう少しでガケから突き落とされそうになったりするのよね、
あと、後ろの座席がびしょ濡れだったり、
中華屋のバイトの幽霊とかだったらチャーハンが置いてあったりするのよね、
ああ、怖いわ。。
なんて事を考えていると、たった一人で霧の中を泳ぎながら怯えている自分が、
だんだんバカバカしく思え、愉快になってきた。
怪談ハイ。

そうこうしているウチに気が付くと大岳山山頂。1266.5メートル。
otakesantyou.jpg
山頂ではリスさんが、コガラさんとヤマガラさんの行く末を心配し、説教を垂れていた。
kanban.jpg  説教はしてもらえるうちが華です。

残りの食料を食べ、ガスが晴れるのを待つが、富士山どころか隣りの山も見えない。
30分ほど待ったが期待できそうも無いので下山することにするが、
さて、どう下りようか。

御岳山へ回るのもいいが、そっちはもっと天気のいい日に行くとして、
今回は敢えて、来た道を戻る事にする。
今日はなんとなく、無駄に頑張りたい気分。

と、山頂で一緒になったおじいちゃんも同じタイミングで動き始めた。
ごっつい荷物を背負っているので、先に行ってもらおうと道を譲るが、
意外にゆっくり歩くのと、話しかけてくれるので
なんとなく同行する形になってしまった。

こうなると旅は道連れ世は情け、という事で、おじいちゃんと私のルートの分岐点まで、
およそ2時間弱を楽しく山の話をしながら一緒に歩く。
oji.jpg

それにしても、思ったよりゆっくりでびっくりするが、
まあ、一期一会だ、時間もあるしのんびり行こう。

少しコースを変えて分岐点に到着。
「またどこかでお会いするかもしれませんが、まずはさようなら。」と、
名前も聞かないままお別れする。

なんとなく寂しさを感じながらまた独り歩き始めるが、
来た時に通った道に戻ると、すっかりガスが取れ、お日様がきらきらしていた。
tutuj.jpg hutarisizuk.jpg kiitigo.jpg 

つつじ、二人静、黄色いきいちご?
「二人静」は花が一つだと「一人静」だそうだ。
後ろから来たニューカマーの写真おじさんに教わる。

ajisaikiitigo.jpg

これはあじさい?奥には赤いきいちご?植物には詳しくない。

このあじさいのような花が何かはわからないけれど、
裾野の方に行くに連れ、群生しており、
甘くて優しい香りが辺り一面に漂っていた。
思いっきり香りを吸い込む。

後半、爪が痛くてよぼよぼ歩いてしまったため、
予定より時間を食うが、往復で約8時間。

無事下山。

久しぶりに「もえぎの湯温泉」に寄り、
湯につかり、蕎麦を食し、座敷で座布団を並べて仮眠を取る。

マクドナルドさえ一人で入れない私が、温泉で蕎麦と仮眠。
快挙です。

こうやって図太さを身につけていくのね。




















コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

ガスが神秘的ですね~
こういうところに行くと現実から離れられて
リフレッシュできそうです。
あなたはいい趣味をお持ちだ。

NoTitle

めちゃくちゃ神秘的でした。
(こうしている間に世界が終わっていて、
何も知らずに自分だけ呑気に歩いているんじゃないか)、
とか、(このまま先に行くと、別の世界に繋がるんじゃないか)、
とか、いろいろな想像をしながら歩きました。
せっかくだから雲海が見てみたかったです。>あらないさん

NoTitle

お供出来ずに残念でした。
早く治らないかしら・・・。ちょっとまだ痛いのです(笑)
しかし結構な距離と時間のかかるルートによくぞ一人。
もう、一人ラーメンも余裕ですね(^o^)丿
梅雨の中休みあたりに都合が合うといいのだけど。

NoTitle

はいはい、大丈夫です。
それより、私があの時、自転車に誘いさえしなければと
悔やまれてしかたありません。。ごめんね~。。
しばらく雨の日が続くから、じっくり治して下さい。
(これから奥多摩は暑いからちょっと厳しくはなるけど)治ったらスカート履いて行きましょう~~。>Nヨメちゃん
プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。