スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガラスの仮面 舞台

先日、彩の国さいたま芸術劇場にて公演の「ガラスの仮面」の舞台を観に行って来ました。

ガラスの仮面

garasunokamen.jpg



公開前日のゲネプロという事で、リハーサルとは言え本番さながらの舞台。

蜷川幸雄さんの演出の舞台を見るのは恥ずかしながら初めてだったので、
期待に胸を膨らませ。


まるで本当のリハーサルのような光景から、
ダンサーのレベルの高さに圧倒されつつ自然と本番に入っていき、
あれよあれよという間に観客もろとも「ガラスの仮面」の世界の一部に取り込まれ、
しまいには日本アカデミー賞の観客になり、
北嶋マヤに拍手を送ってしまうような演出。

さすがです。圧巻です。

もともとが原作漫画のファンである観客だと、
どうしても厳しく評価してしまいがちなのですが、
演出は勿論、ダンスの迫力はとにかく素晴らしく、
そして物語の構成も、役者さんの演技も、原作を損なう事無く、
むしろ昇華させられているくらいの素晴らしい舞台で、
かなりご満悦な原作ファンの私でした。
ことに月川悠貴さんの美しさはというと、
人間の生臭い体温を感じさせない、男性なのですが、、まるで女神のようでした。。
うっとり。。。




小学生の頃、コミック本で「ガラスの仮面」を読んでは、
一人でお留守番をしながら、
北嶋マヤや姫川亜弓のマネをして一人芝居をしていたものですが、
原作はとうとう完結しないまま、私は大人になってしまった。

漫画を読んでしばらくは「あたし、女優になる~。」と言い触れ回っていた。

そして、原作は未だに完結していないという、
なんともじらしてくれる漫画の一つであります。



それにしても、ウォーミングアップの光景を見せて貰ったのですが、
どの人も「自分の解放」がすごい!

心のヌーディストビーチとはまさにこの事か!と、
とても勉強になり。

久しぶりにエネルギーを分けて貰った一日と成りました。


という事ですが、しばらくこのブログは夏休みに入ろうと思っております。
変則的に金曜更新となりましたが、
次回は四万十ツアーより帰ってきてからという事で。

それでは皆様、この夏を無事に健康にお過ごし下さい。

チャオ。















コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶり。

ガラかめファンとしては羨ましい限り。
月川悠貴さんって誰?
と思いつつ検索したら青木麗役なのかぁ・・・

奇跡の人らへんの話なのね。
一番盛り上がってるところよね。
そして夏木マリの月影千草。
うう、観たい・・・・・

原作の青木麗より色気がありました。あっぱれ。

夏木マリ姉さんは、ハマリ役でした。
他の誰よりも月影先生にふさわしいと納得です。

今回はもう終わっちゃったけど、
一度は観ても損は無いと思うよ~。
名古屋から来てる人も居たし。

しかし、まだ終わらないのよね、
終わらせる気がないのかも??>きーよんさん
プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。