スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金峰山~~からの、青梅ほのぼのハイキング

「今週は明日だけが日和のチャンスだわ。。」と、言う事で、
半ばゴリ押しな臭いも否めないまま、
随分先延ばしになってしまった金峰山に出動。

kinpsika.jpg

天気予報では「爽やかな秋晴れでしょう。」と言っていたにも関わらず、
ガスの多い日になったせいか、林道にて、バンビちゃんのお出迎えに大興奮。

kimpunkai.jpg
初体験の雲海も美しく、
kinpiriguti.jpg
8時35分。いざ!行かん~~。

雨上がり、コケがとても美しく湿っている。
kinpkoke.jpg
立ち枯れのシラビソも美しい。
kinpsirakabaric.jpg

9時45分。朝日岳に到着。
大弛峠からの楽チンルートとは言え、
標高がそこそこある中を行くので、少し気合いが入っていたせいか、
逆にそんなに大変な思いもせずに、スムーズに進む。

kinpugas.jpg

とは言え、割と風が強く、気温は8.4度。
何かあっては大変なので気をぬいてはいけません。

山頂を目の前にし興奮したせいか、
通常の道ではなく、わざわざ岩を登るルートを選んでしまう。
高所恐怖症のSちゃんを引き連れ、強風吹きすさぶ中、
ここぞって所で間違えちった。
misroot.jpg
おかげで、本当の金峰山最高点を踏む事になりましたが。
10時55分。2599メートル。
kinptop.jpg
ここには2598メートルと書いてあるが、どっちが本当かしら??
どちらにしても、気圧のせいか顔面のむくみ感があります。
自分がナマ物である事を実感。
kinpbackst.jpg kinpsorakouyou.jpg

そして、噂の五丈岩。
gojyouiwa.jpg

近くまで行きたかったが、あまりの風の強さと突風が恐ろしく、
戦意喪失。
登れずとも、触ってみたかった。。次回への課題です。

風を避け、炊き込みおにぎりとみそ汁で昼食。
ホッとします。
kinpmisosiru.jpg


写真ではとてもいい天気に見えますが、
流れの速いガスの合間に見え隠れしていた青空を、
立派なカメラ持参のSちゃんがシャッターチャンスを巧く捉えてくれていたおかげ。

実は「雨がたいして降らなかっただけマシ。」と、
慰められていた私でございます。
ありがとうございました。

kinpgezan.jpg
14時9分、無事下山。

完璧に晴れた日に、もう一度チャレンジしたい。
とてもいい山でした。





後日、、

以前から「奥多摩を歩いてみたい。」という要望を抱いていたKちゃんと、
先日トレッキングシューズを買ったばかりの息子を連れ、
ほのぼのハイキングへ。

ポイントは、「歩いてみたい。」のであって、
「登ってみたい。」のでは無い、というところ。

では、ここで無理をして山を嫌いになられては寂しいので、
ベタベタに「ハイキングコース」と名のつく場所に行きましょう。

青梅丘陵ハイキングコース。

今回は、JR青梅駅の北側から入り、軍畑駅まで歩くコースです。
みっちり6駅分ですが、
このコースは、途中の駅に下る逃げ道もあるコースで、
きつければ途中で下りる事も出来るので気楽。

oumetarokei.jpg oumehaikric.jpg
こんな感じで、歩き易い整備された道を行き、
軽装のお年寄りとすれ違いつつ、
青梅の街を足下に見ながら、運動会の音も賑やかに聞こえます。

これではいくらKちゃんでも物足りないのでは無いか、、
と、若干の心配も抱きつつ、しょっちゅう休憩を取りながら先に進む。


とりあえず、雷電山という山を目指し、ゆっくり歩きます。

日向和田駅を過ぎた辺りから、山道らしい細い道になり、
これまた高所恐怖症のKちゃんをびびらせながら、
何回かそこそこのアップダウンもあり、いい感じになってきた。

oyakooume.jpg

埼玉側の景色を眺めつつ、久しぶりの晴天を拝む。
青空、、嬉しい。。

前日、決行が決まり、電話で打ち合わせ中、
「私、雨降らしだから、雨具持って来てね、。」と伝えた所、
「てるてる坊主、持って行くね。」と言っていたKちゃん。

てっきり冗談かと思って聞き流したけれど、
本当に作って来てくれた。。

teruteru.jpg
「電車の中でヒマだったから。」と、
てるてる坊主作成キットを見せてくれた。


ほ、、、惚れてまうやろーーーっ!

(こんな子がウチの息子の嫁に来てくれたらのぅ、、)と、
思ったが、Kちゃんは私の一つ下という事で、
あまりにも年の差夫婦になってしまうので断念。
惜しいのぅ、。

と、こんな事もありつつ雷電山登頂。

raidenric.jpg

494メートル。気温21度。
てるてる効果も出て、見事な晴天。
何から何までほのぼの感タップリです。
Kちゃんの二日酔い以外は。

「山の定義ってどうなっているの??
何メートルからが山と丘の境界線なの?」と、
素朴な質問をされ、答えられなかった私。

今から調べます。




























コメントの投稿

非公開コメント

改めましてお疲れ様でした~
しかしそのあとにもお山に行ってるとは。
結構、いや、相当 山にハマりまくりですね・・・
お天気は良い曇りで(笑)そしていいお山でしたね。
確かにスカッと快晴の時を選んでぜひともリベンジいたしましょう^^
私、富士山に飢えてます。
よし、私もてるてる坊主、持参すればいいんだね??

もう息子の嫁の心配か。
うらやましいな。

Kちゃんの代わりに、わしがリコちゃんの息子に嫁ぎます(*^。^*)ポッ!!

次回はわしも参加するぞ!
爪が治ったらね。今度、写真送ります(^-^;
きっと快晴のはずです。

そうそう、お互い富士山に飢えてるよね。
登りたいとはまだ思わないけど、
あんなに至近距離に居るのに見えないという
この呪われた運命。。
すっきり頂上まで拝みたいものです。。
お疲れさまでした~。次回、、楽しみにしてます。
マイてるてる持参で。
>N改め Sちゃん

体の丈夫な明るい子募集中。
当方、ひょろひょろ。>あきらちゃん

まさかの巻き爪という事で。。
早く治して、今度はみんなで歩きましょう~。
晴れ男歓迎です。
若干の無理は感じますが、
せっかくですので一応嫁候補として登録しておきまぬ。>ネットくん

先日はありがと~v-278

おかげさまで筋肉痛はほぼ解消ですv-426


また、ネット君を誘って今回より長いコースでもチャレンジしてみましょう!

そうそう、
山と丘の違いって解決しました?
どうも日本には明確な区別がないみたい。

登頂オメデトウございます。

金峰山に行かれたのですね!
数年前に行ったのですが、11月に行こうかなーと思っていた所です。

あの山はいいですよね。
五丈岩は何とか登りましたけど、あまり登らない方がいいですよ(笑

でも、金峰山はもう1度登りたい! と思った山の1つです。。。

筋肉痛もですが、二日酔いのダメージも心配していました。
今度は「飲む前に飲む」と、「飲んだ後にさらに飲む」で、
ウコン作戦で来て下さい~。
あのくらいでも、歩くと
地味~にですが疲労はたまっていきますのよん。。
山の関して調べたけど明確な定義は無いみたいですね。
600メートルからって説もあるけど、
という事は雷電山は雷電丘ですね。
「雷電」と「丘」という言葉の組み合わせは
どうも間が抜けてしまう感じはありますが。。
また行きましょう~~。>Kちゃん

ありがとうございます~~。
行って参りました。
五丈岩に関しては、全く登れる気がしないので、
憧れのまま胸にしまっておきます~。
山梨側はガスで全く展望はありませんでしたが、
それでも本当に森が美しく、頂上付近の雰囲気も良く
いい山だと感じました。すっきり晴れた日に
また行ってみたいです。
どのルートから行きますか??
近々お伺いするので、聞かせて下さいね。>キリュウさん
プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。