スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日和田山 クライミング

午前8時過ぎ。
一応集合したものの、やっぱり小雨は降り始めた。

「どうすんの?どうすんの?」と言いながらも、車は奥武蔵方面へ。
「雨だと滑るから、ジムにする?」と言いながらも、西武秩父線の線路を超え、
「結構降ってきてんじゃん~。中止か~?」と言いながらもザックを背負い込み、
「じゃ、ちょっと様子見だけ。」と言いながら到着した日和田山。

行かなきゃ気が済まない人々。

kigasumanai.jpg 


やるつもりはなかったクライミングですが、どうも、嫌いな方ではないので、
みんなに促されるまま、気が付くとハーネスを装着していた私。

まずは、みんなの背後に見える男岩。
初心者ですが、と言うか、外岩ロープは初めてですが、
これ、行けるの??行けば分かるさ。

otokoiwatyuto.jpg otokoiwakokyu.jpg otokoiwaumareta.jpg
はい、呼吸を整えながら~、無事に生まれました。

少しだけ濡れていた岩が、一部ぬるぬる滑る中、
途中、頭がパックリ割れて死んでいる自分を思い浮かべた。
生きてて良かった。

生の喜びを噛み締めながら、
一仕事やり切った感をプンプン振りまき、お昼ご飯。

hatugas.jpg

「今日はこれで終了。」と、しばらくは気楽に山の空気を楽しむも、
やはり嫌いな方ではないので、
促されるがままハーネスガール。ハーネスミドルエイジ。
jyunbi.jpg
ロープを結んで貰います。

ガニ股ファンの皆様、お待たせ致しました。
onnagani.jpg 我ながら、いいガニっぷりです。サイコー。

onnahiki.jpg
もう少し上に。 い、、行きたいのよっと。

二の腕ファンの皆様、お待たせ致しました。
onnaiwaninoude.jpg
御陰様で、すくすく育っております。

この後、、こうなります。
tinsamu.jpg


当初女岩を登るのは、落ちる事を前提での
ちんさむ体験が目的だったのですが、
緊張していたせいか、それとも大丈夫な体質なのか、ロープの張りが絶妙だからか、、
ブランコを楽しんでしまい、仲間から「岩!ぶつかるから!」と心配してもらう羽目に。
ありがとうございます。

ぶらぶらしながら見えた日高の町並みが印象的でした。

今度こそ、気持ちだけはやり切った!という事で。
二カ所しかやってませんけどね。

dannjyoyarikitta.jpg

冷たい岩が気持ちいいです。














コメントの投稿

非公開コメント

おぉぉぉ!!

いいもの見せて貰いました・・・二の腕ファン1号より(^人^)

他にそんなトコのファンが居るのか??という
話ですが、大サービスです。
よく皆さん、二の腕のたるみを「カーテン」と言いますが、
だんだん「鉄のカーテン」化しています。>ネットくん

つば付き帽子あるあるだね

黒もあるらしいあるあるです。>マルカーノさん
プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。