スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

両神山2010.11

5時30分出発。
今日はすっきり晴れています。
ここのところ調子いいぜ。

7時40分、日向大谷口駐車場着。

8時02分、スタート。
ryougamikeikoku.jpg

いきなりの警告看板。かなり脅してもらってます。

どうやら途中、土砂崩れで登山道が切れているとの事。

そう言われても、あまり技術に自信はありませんが、
どんな事になっているのか
目視確認する前から引き返す訳にもいかないのです。
とりあえず、現場まで行ってみる。

いい天気だ。
ryougamitenki2010.jpg 

ryougamitaki2010.jpg

清滝コースに沿った沢の音は長い時間聞こえていて、
こんな感じの滝も数えきれない程ある。
なんて素敵な道でしょう。

そして、、沢を何度か渡り返し。

秋の登山道は落ち葉で隠れていて所々踏み跡が見えにくくなっている。
迷わないように気をつけねば。

スタート地点の標高が660メートル。
頂上までの累計標高差1505メートルというコース。
なので、少しアップダウンのある割と急な山道を会話も殆どせず黙々と登ります。

途中、いくつもの石仏に見送られ、水場を過ぎ、休業中の清滝小屋を経て、
楽しみにしていた鎖場へ。
いくつかの岩場でちょっとした冒険気分を味わいご満悦。
両神神社では昭和の時代の落書きや、
愛嬌のある狛犬さん(オオカミさん)に出会いほのぼの。

ryougamikomainusan2010.jpg

そして、警告にもあったように、確かに登山道が土砂崩れにより切れていた、
が、(これなら全然イケるでしょう~。)と、調子に乗り、慎重に且つ、急いで通過。


山頂直下にあった岩と枯木。

santyoutyokka2010.jpg

なんだかとても力強く、ロマンチックです。

そして、いよいよ頂上へ。

ryougamitop2010.jpg

11時42分、両神山、1723メートル。
ryougamihujisan2010.jpg

今日は富士山にも出会えました。久しぶりっ!
北アルプス、先日の金峰山、浅間山、雲取、八海山等々、大パノラマを満喫。

ryougamisantyouyori2010.jpg

そして、春に登った二子山もほらそこに。二子山西岳

ryougamihutagoyama2010.jpg



あの日、二子山西岳から見た両神山はとてもかっこ良く、
「いつか登りたいなぁ。」と漠然と思っていたのだが、
こんなに早くに実現してしまうとは。嬉しいの一言に尽きます。

この日の山頂はとても温かく、一応用意してあったダウンや巻きスカートの出番は無く、
ゆったりと食事とコーヒーを済ませた。


そして、一気に下ります。12時30分。
傾斜がきついので心配だった膝は、なんとか持ちこたえたが、
足の指に水ぶくれ。
そっちか~。。

途中、沢の水に足を浸け冷やし、絆創膏とテーピングで補強する。
水は切れるような冷たさで、目覚ましにもなります。
さぁ!下りるぞ!

そして、15時07分。無事下山。
ryougamikanban.jpg

沢と紅葉と、岩場、いろんなアトラクションがいっぱいで、
登り甲斐のあるとても楽しい山でしたの。








































コメントの投稿

非公開コメント

狛犬、河童かとおもた。
妖怪村かとおもと。

この山は修験道の修行場だったらしく、
道中、石仏がたくさんあって、いい雰囲気でした。
狛犬も実はこれ一体だけでなく、
これに対になっているのと、別のカップルも居て、
全員なかなかいい表情をしていましと。>あきらちゃん
プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。