スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての北アルプスなのにね。

やっちゃった感は否めません。

kitaarupukumorizenkei.jpg


初めての北アルプスですが、こんな調子なので予定変更。
標高の高い冬山を、気分だけでも気楽に味わえる候補はいくつかあったのだけれど、
これではいかんせん標高が高ければ高い程良景は望めず、
ただただ条件が厳しくなるのみなので、断念。

毎回の事ながら「低気圧女ですみません。」と周りに謝るのですが、
最近ちょっぴり開き直り気味。

とりあえず朝ご飯を食べましょう、
という事で立ち寄った洋食屋さんのご主人と話をしているうちに
いつのまにか立派なスノーシューを履かせてもらい、
お店の横のたんぼでスノーシュー初体験をする事に。。

こんな展開になるとは驚きですが、犬があまり得意でない私が
スノーシューハイになりつつ犬と二人、田んぼをお散歩。
目ん玉べろべろなめなめ攻撃には怯みましたが、
巨大犬ハルと仲良しに。

harutyanshef.jpg

旅先での温かい出会いを経験し、気持ちがほっこりしました。

実は今回はスノーシューを使う気はなかったのですが、
これをきっかけに、やっぱりスノーシューを使おうという事で、
スキー場界隈のレンタルショップで借りる事に。

人がたくさん居る所はイヤなので、スキー場からは脱出。
小日向山近くの
人のあまり来ない林の中を登ります。

hayasihiyodori.jpg


はじめ、傾斜のきつい所はなかなか登れず、
登り口でいきなりつるつる滑って泣きそうになりましたが、
歩いて行くうちにすこしずつコツも掴めてきた。

余裕が無いのと手袋を外したりするのが面倒なので写真はほとんど撮れない。。

15分くらい歩くともう汗びっしょりで、中に着ていたシャツと帽子、ネックウォーマーを外す。
アンダーウェアとウィンドブレーカーのみで充分。
髪の毛はびしょびしょ、アゴを伝って汗が滴り落ちています。
それにしても、私だけ、、汗、かき過ぎでしょう。。。

という事で、ガスガス上がって行きますが、
高い所に登って景色を楽しむという従来の楽しみ方は無理なので、
他の楽しみ方をする事に。

setudouhori.jpg

雪洞を掘ってみました。

掘りながら雪の層を確認したり、ビーコンを埋めて雪崩捜索体験をしたり。

1メートル以上積もった雪の下には
けっこうな大きさに育ったつぼみを付けた桜があり、
見えない所で春の準備が進んでいるのを発見し、またもほっこり。
そっとそこだけ埋め直します。

登りは傾斜が有り、ジグザクに歩きますが、下りは登りのトレースは気にせず、
新雪に飛び込みます。動物の足跡を探したり、ちょっと滑ったり。
すっかりスノーシューの扱いに慣れてきた頃には林を降り切り、
(もう一度登って駆け降りたいなぁ、、。)という欲求も生まれている。

そして、閉館まで少し時間があるので、
テンションは上がりっ放しで山岳博物館へ。

剥製はあまり好きでないのですが、ここの剥製を作った方はかなりの腕前です。
山に関する事や、登山や有名なクライマーの歴史等、
興味深い内容がてんこもりです。
ミクロ動物園もあります。
おすすめ。

sangakuhakubutukan.jpg

その後、日本一アルカリ度の高い温泉に入り、お肌つるつる。
(お宿には看板ネコのタマが居ます。
翌日やっと対面し、抱っこさせて貰う。)
という事もありますが、心地よい疲労感とともに、おやすみなさい。。

そして、、もう一つ、旅の小さなお楽しみは、在来線に乗る事。

JR大糸線。
jroito.jpg

線路から見えるこの日の景色は、アルプスの手前の山々や湖です。

hakubaekitikaku.jpg aokiko.jpg

松本に近づくにつれ天気が回復。

餓鬼岳?

jiigatake.jpg

少しづつ山が見え始めたので、どうしても森林限界より上が見たくなり、
松本で昼食を摂り、松本城の天守閣に登り、
そこから雲が取れるのを待つ事に。

matumotosoba380.jpg 

せっかく長野に来たのだから、特産品でも食べるか~、
とソバとおやきを食べましたが、そう言えば昨日、
長野のB級グルメ、ソースカツ丼を食べていました。

ちなみにソースカツ丼は卵とじではなく、
その名の通りソースがたっぷり乗っています。
その為、それがご飯の蒸気と合体し、
食べようと丼に近づくと目にギュンギュンきます。
これから挑戦する方はその点に気をつけましょう。

話は脱線しましたが、松本城にあった気になるウンチク。

kiyomasa.jpg

江戸によった帰りにとは。
ついでに寄るほど近くはないぜ、
それともそのルートしか無いのか??
すごいぜ、戦国武将。

そして、、、、馬は1頭だけにしてほしかった。
「1頭だけにしてね。」って意味を、優しく汲んでほしかった。
おかげで大赤字。


と、あちこちにツッコミを入れながらぶらぶら歩いていると、
やっと顔を見せてくれました、、常念岳。

ありがとう。

matumotojyoutojyounen.jpg jyounen.jpg

雲の流れが速いが、槍の頭もちらっと見えて、、張り込んでよかった。。

本来ならばこんな感じらしい。
松本城敷地内の博物館よりの光景。

hakubutukannkarano.jpg

会えてよかった。。

最後に、松本市の博物館に展示されていた下駄スケートを。
さすが、雪国。

getasuket.jpg



これがクリスマスプレゼントだったらかなりテンションが上がるが、
友達と一緒にスケート場に行くのは恥ずかしいという代物。


長野、万歳。































コメントの投稿

非公開コメント

ああさようなら

とうとうその道に手を出したのですね・・・(笑)
おいらは板を履いて滑るほうで手いっぱいということで(^o^)丿
あたたかくなったら常念さんも行ってみたいな~
そっち、戸隠スキー場ってのがあるんだけども
ずっとずっといってみたいとこなのよね~
嗚呼、りこさんがスキーやればなぁ~(^皿^)イッシッシ
おつかれさま。そして今後もどうぞ気を付けて・・・

そうだ戸隠と常念岳はすごく近いわけじゃなかった・・・
良く見えるってだけだわw失礼!

No title

スノーシュー、めちゃめちゃ楽しかったです。
本当に雪にあんまり埋もれずに歩けるのね。
考えた人はすごいです。

スキーねぇ~~、、、。
できたら楽しいだろうなぁ~、、とは思いました。
あの日、スキーを履いて立つ事すらできなかった私には
とうてい無理なんじゃないかと。。
でもなぁ、、できたら楽しいんだろうなぁ、、。

温かくなったらいよいよ上高地よっ。楽しみっ。>sさん

プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。