スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サス沢山~惣岳山~御前山~奥多摩むかし道

朝から気温が高くなるという予報に、突然思いついた。

そうだ、御前山に登ろう。

という事で、早朝5時30分、車で出動。
今回は急なので、久しぶりに単独行です。

7時09分、水と緑のふれあい館に車を停め、スタート。 chusyajyostartgozen.jpg

小河内ダムを渡り、展望園地から登山道に入る。
今日はリスを二匹発見するも、流れ星のようにあっという間に隠れてしまった。
足下に奥多摩湖を眺めながら、まるで秋の山のような落ち葉の道を歩く。

asimotookutamakogozen.jpg  otibagozen.jpg

何カ所かロープの張ってある急坂を上り、
8時28分 サス沢山到着。940メートル。
遠くには雪を被った雲取山や大菩薩嶺が見えた。
sasusawayama.jpg

緩い尾根道を歩いていると、木々の合間から富士山が顔を出す。jyukanhujisangozen.jpg

大ブナ尾根に入り、初めはこのくらいだった残雪も
zansetusoutake.jpg

少し行くとこうなり、zansetu2gozen.jpg

それでも早春の雰囲気が漂う森の中を歩いていると、一部木が開け、
富士山の全容が。。。上の方に雲がかかっています。 hujisangozenki.jpg


そして、シャーベット状の雪の量も目に見えて増えて来たと思うと、
いよいよ固く凍り付いた道が現れる。
kyutoturuturugozen.jpg
つるつるに滑ります。
傾斜もきつくなって来たので、滑落して後悔する前に、
面倒くさがって出さなかったアイゼンを装着する事に。。
それでもかなり慎重に、一歩一歩確実に道を捉えながら歩きます。
9時53分。惚岳山到着。1341メートル。
soutakesan.jpg  あれ、、雪が無い。。

ここから少しの間、アイゼンの似つかわしくない土の道をざくざく歩き、
(アイゼンで土を踏む事に罪悪感を感じ。)また雪が現れ、きつい傾斜の氷の道に入る。
(雪も有るが、岩も有り、ガリガリ音がする度にまた罪悪感。。)

10時17分。御前山到着。1405メートル。

なにげに奥多摩三山全制覇記念日です。おめでとう、私。
gozentop.jpg
かなりポピュラーな山なので、誰かしら居るかと思いきや、
人っ子一人見かけず、山頂に誰も居ないのをいい事に、一人ではしゃぎまくる。
せっかくなので、かなりゆっくり休憩を取り、鷹ノ巣山を眺めながら朝食をとる。

さて、ここからは折り返し。またもや続く、つるつるの氷道。
hinangoyatemaegozen.jpg

以前から気になっていた「避難小屋」という物を見学。12畳くらいはあるかしら、もっと?
hinangoyagozen.jpg yamagoyautigozen.jpg
ポーチ、水場、トイレ付き物件なので、暖かい季節であれば快適に過ごせそうです。
と、、泊まりたい。。
しかし、、御前山の水は汚染が進んでいるとかいないとか?
そんな情報も有り、生で飲む気にはなれず、。

ただこの日は1リットルしか水を持っていなかったので、
ここの水場で水筒に酌まなかった事を後々後悔する事になる。。。

栃寄ノ大滝を見ようと沢沿いの道を選ぶが、
所々現れる「奥多摩都民の森」の道標が紛らわしく、明らかに間違っている公共の道標も見かけた。
有り難い事に誰かがマジックで訂正してくれていたが、とても紛らわしい。これは問題だと思う。
その辺りで若干の不安を抱きつつも、地図を何度も確認しつつ(多分、大丈夫。何とかなるさ。)と、
コケの美しい沢を下り先に進む。
アイゼンは一度外したが、まだ所々凍っていて緊張します。
totiyorisawagozen.jpg
結局「栃寄ノ大滝」は、長くて細い滝で、思っていたのと違い肩すかしを食らうが、
地図には特に名前の乗っていないカッコイイ滝を発見。 
巨大な岩に囲まれ、幅も高さもちょうどいい。sasusawakyogantaki.jpg 修行に最適です。
そんなこんなで楽しい沢沿い歩きは終わり、林道に出る。氷川養魚場にあったかっこいい岩。hikawayougyojyoiwa.jpg

しばらく歩いて青梅街道の境橋のバス停に到着。
ここからは4~5キロの距離を駐車場に戻るルートですが、
あと10分でバスは来るけれど橋の上は風がすごい。
(後で聞いた所によると、これは春一番だったそうな。
山の中は穏やかだったので気が付かなかった。ついでに花粉も全く分からなかった。)
体ごと持ち上げられそうな強風の中、バスに乗るか、
青梅街道のむかし道を歩くか考え、
バスに乗るのは反則のような気がして歩く事にした。mukasimitiiriguti.jpg

何の事は無い、旧道です。
初めはジャリ道で、神社の階段を上がって寄り道をするくらいテンションも高かったが、
sirohigejinjya.jpg sirohigeiwa.jpg komainusirohige.jpg

途中、アスファルトの上を延々歩く事になるのと、
ここでこんなに時間がかかると思っていなかった為、
水も底をついて来た上、気温が高く19度!!ただただ苦痛でしか無く、
少々後悔しながら水筒に残った水をちびちび舐めつつ行く。
とは言え、ダムが見えたあたりからまた山道に入るので、機嫌も直る。

「境橋へ下山してまたダムへ戻る」という事はつまり、「傾斜を登り返す」という事で、
先ほど歩いて来た道が、ずっと下に小さく見えています。

そして、、最後の最後、むかし道も終わろうかという時に目の前に現れた廃線の線路とトンネル。

haisentunnel.jpg   senrogozen.jpg

むかし道はここを通らずに、そのまま青梅街道に出されるのですが、
ここを通らないのはもったいない!!
という事で、階段を上がり、ウキウキでスタンドバイミーを歌いながら荒廃したトンネルをくぐった。
気分はリバーフェニックスです。
最高のご褒美。

15時35分。無事、駐車場に到着。
出発時とは太陽の位置も違い、同じようなポジションで写真を撮るも逆光。
一日が過ぎるのは早いです。。
chusyajotoutyuakugozzen.jpg

そして、、あまりの喉の乾きに、一直線にふれあい館に入り、自販機でデカビタを購入。がぶ飲み。
登山後のデカビタは最高です。
食堂でラーメンを注文し、醤油とこしょうを足し、がっつく。

頑張った自分に塩分と水分とエネルギーを補給ですが、
こんな調子なので、山に登ってもちっともダイエットにはなりません。





























コメントの投稿

非公開コメント

マジでスンゲー

本当に感心します。(*⌒▽⌒*)
廃線を一人で…。・・
俺ならビビって逃げちゃうと思うんだケド…。

でも、廃墟系は好きですね

で、次はその勢いで、ロープウェイにチャレンジしちゃって下さいね~(笑)・・

No title

階段を上がった所に、続けて2つのトンネルがありました。
一つは奥が真っ暗で見えず、結構怖かったですよ。

むさむらの廃線トンネルの方はよくサイクリングで通りますが、
フェンスのあるトンネルはなかなかに不気味です。
すでに行った事はあるかもしれませんが、
なかったらぜひ今度行ってみて下さい~。>takasanさん

No title

あら~、ほんとだ。
修行に最適な滝ですね~、しかも初心者向け。
行きましょう行きましょう!

No title

まさに修行初心者向けの滝です。
やるなら正式にふんどしでお願いします。
まずは形からが大事なんで。>あらないさん
プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。