スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天城山

関東はほぼ全域が雨予報。   だけど、、
せめて早い時間には雨具を使わなくてもいいような所にしよう。
曇り空なら万々歳な感じで。

という事で、土砂降りはイヤなので梅雨前線から少しは逃れられるように、
とりあえず南へ向かう事に決定。

翌朝。。。hujisankasagumoamagi2011.jpg ミラクルです。umiizuamagi.jpg

izunosorakirei2011.jpg 富士山の頭の笠雲は気になりますが、文句無しの晴天。

では、行きますか。amagisanannaiban2011.jpg 百名山でお馴染みの天城山へ。

ここは今までに登った山とは雰囲気が違います。
南に来た事を実感できる植生の原生林を歩きます。苔も美しい。

キノコがぬらぬらと不気味です。kyodaikinokobukimiamagi2011.jpg

着実に歩を進め、万次郎岳。1299メートル。
manjiropeak2011.jpg 展望はあまりありません。

稜線に出てからも緑の空気が漂う原生林のトンネルを歩きます。kokemusitatonneruamagi2011.jpg 
この日は台風の影響もありとても風が強く、
そして暑かったので森がある事で随分助けられます。
aruitekitamanjiro2011.jpg 歩いて来た道を振り返る。万次郎岳。
umimierumanjirouato2011.jpg 岩場があり、少し登ると海が見えます。

おあっ!!ヘビだっ!hebiamagi2011.jpg 
お互いに動揺しているので、ヘビは上手く逃げれず、私は写真がピンボケ。

噛まれてもつまらないので先へ進みます。mukidasinonekkoamagi2011.jpg asebiamagi2011.jpg馬酔木。アセビ。


一つピークを越え(馬の背1325メートル)、伊豆の最高峰、万三郎岳。1406メートル。
banzaburoupeak2011.jpg



「天城山」というピークは無く、万次郎と馬の背と万三郎であわせて「天城山」です。
富士山が見えるはずですが、もうすっかりあちらはガスの中。

しばし山頂にて休憩を取り、あとは北の涸沢分岐点に向かって下り、くるっと東に回って戻り無事下山。

nantokarock2011amagi.jpg


そう言えば、伊豆に来るのは20歳の時に旅行して以来久しぶり。

せっかく遠くまで来たし、もう一つ登っとく?さくっと大室山行っとく?

と、朝はいきまいていましたが、天城山を下山した達成感と、
南はやはり暑く、大室山に照りつける直射はなかなかに厳しそうで、、。
朝の勢いはすっかり萎えた。
しかし、、こんな美しい火山ならぜひ火口を見てみたいのでリフトに乗ろうと行ってみるも、
「現在リフト休止中」とあり残念。
せっかく来たし、じゃあ、やっぱり登っちゃう?と思うも「登山禁止」と書いてある。

これではどうも打つ手は無いので、泣く泣く写真に収めた。
強風になでつけられる草がとても綺麗です。

omuroyama2011.jpg













コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。