スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

権現岳&黒岳

6時集合。天気は曇り。
今日の候補は奥秩父方面。  
しかし、、、高速から見る限り、あちらはどんより重い雲の中。。
一方、八ヶ岳方面の雲は取れ、山並みが美しく見えてきています。。
作戦会議の末、今日の山行は編笠山か、
もしくは行けるようなら権現岳のどっちかにする事に。

延命水で水を汲み、まずは登山口のある富士見平の駐車スペースに車を停め、
9時出発。hujimidairatozangutigongen2.jpg 
晴れてきました。

ポイント「雲海」。unkaipointgpngen2011.jpg 何故「雲海」??

susukigongen2011.jpg ositegawagongen2011.jpg 押手川。川は見当たりませんが何故??

ひんやり乾いた秋らしい空気の中を、秋らしい景色を眺めながら歩き、11時08分青年小屋着。
seinengoyaamigasamieru2011.jpg 後ろには編笠山。toiregongen2011.jpgあちらには権現岳。

トマトを齧りながらしばし休憩しつつどちらに行くかここで会議、、
やっぱり権現岳かなぁ~~。ひょっほい。okugagongen2011.jpg 奥のピークが権現岳。
と、登って行くうちに北アルプスも見えて参りました。あっ!槍!!kitarupusumietagongen2011.jpg

早く頂上から見たいものですが、まずは岩場を登り、
手前にある西側のピーク、ギボシへ。
おじぞうさん、、誰かが背負って来たんでしょうね。。ojizousangongen2011.jpg 
そして、権現岳のピークへ。

この日は高校の何かしらの全国大会(山岳部?ワンダーフォーゲル部??)だったらしく、
尋常でない程の若者が多数おり、一般登山者の私達を先に通してくれたのですが、
この岩場で先に通される「大人」としてのプレッシャーは、私を無口にさせてくれました。。
迅速にかつ慎重に、、石を落とさないようにしないと。。
そして、権現岳ピーク。2715メートル。
12時30分。  peakgongen2011.jpg 矢印が付いています。

と、ここでお気づきの方もいらっしゃると思いますが、ガスに包まれ遠くの展望が無い。。
足下しか見えていません。。 

またかよ、またなのかよ。。。何なんだよ、、。

しかし、何となく(今日は待てば晴れる気がする)と、執着心を燃やし、
 cupramengongen2011.jpg お昼ご飯をゆっくり取りながらガスが抜けるのを待つ事に。 
結構な強風と、気温も低いので風を避けられる場所にて待機。

すると、、晴れてきました~。やった~~。 haretekitagongen2011.jpg

急いでピークまで登り返す。これです、これです。見たかったんです。
akadakeamidadake2011gongen.jpg kitadakemietagongen2011.jpg amigasamukoutyuouarupugonge.jpg 

南アルプスの甲斐駒ケ岳や北岳、お隣の赤岳に阿弥陀岳、八ヶ岳の稜線が見えます。
そして、北アルプスの穂高のキレットも見え、槍ヶ岳も見えます。。
先月はあそこに居たんだなぁ、、感慨もひとしおです。。
そして、網笠の向こうには中央アルプスと御嶽山。
    富士山は~~、あれ、、雲の中、ま、今日はいっか。

watasigongen2011.jpg ああ、、下りてしまうのが勿体ないくらいの美しい光景です。

しかし、、ゆっくりしすぎてはいけません。立秋を過ぎたこの時期、日暮れが早くなってきています。
13時40分。三つ頭へ向かいましょう。

kiiroimorigongen2011.jpg

紅葉はまだうっすら黄色いくらいです。

三つ頭到着。14時20分。 watasigongenyari2011.jpg

先ほどまで居た権現岳ピークと8月に行った赤岳。
うおぉ、、。ずっと見ていたいよう。

しかし、やっぱり戻らねば。太陽が傾いてきております。
sayonaragongen2011.jpg さよなら権現!!

sougenmorigongen2011.jpg 下りは森らしい森が印象的ないい感じの道を行きます。

地図上にある「延命水」。「ケモノの水場になっているので飲用不可」と書いてあります。
enmeisuihakemononomizubagon.jpg え?朝「延命水」を汲んで、一日ガブガブ飲みましたが。。?
ここで、延命水と、ルートの確認をしに笹の中を歩きます。 mitinasienmeisui2011.jpg 
道が無い。。

どうやら沢筋も違うし、飲んでいた延命水とはまた別らしくほっとするが、
熊のウンコがありギョっとする。 元の道に戻ります。

八ヶ岳横断道は整備された道で標識もありますが、途中の堰があるあたりで分かり辛い場所があります。
堰からは少し登り返し、観音平キャンプ場へ到着。16時53分。

すっかり秋の夕暮れの雰囲気が出ており若干肌寒く、雲がうっすらと広がっています。
今日は星は見えません。。残念。。。

観音平キャンプ場で出会った見ず知らずのご婦人に声をかけられ、
山らっきょうとせんぶり、あと名前は忘れましたが花を貰う。
心が温まります。。山っていいなぁ、、。ohanagongen2011.jpg

翌日。

朝は黒く重たい雲がたれ込め、予定していた茅が岳も奥秩父もやっぱり見えない。。
とりあえず移動しますかぁ。。 のろのろ準備をし、のろのろ出発。
四尾連湖見るか、本栖湖でも見るか、と寄るけれどどんより。
精進湖、どんより。写真を撮る気がおきません。。   ダメだな、だめだ。。
今日は登るのはやめるか、、。と絶望視していましたが、、
一応、御坂山地最高峰の黒岳方面に向かってみると、、、

あ、晴れてきた。。マジで??

ではではせっかくですので登りましょう!まずはすずらん湧水で水を汲みます。

suzuranwakimizu20111.jpg 有料です。100円。

山梨県って、こんな感じで商売っ気たっぷりにガツガツ来る印象は否めません。。
「いやしのオアシス」と書いた旗などもありますが、
ここまでガツガツ「癒しの押し売り」をされても癒されるどころか、
むしろおかしくてテンションがあがります。
このたくましさは素晴らしいと思います。
suzuranwakimizu20112.jpg

それはいいとして、いざ、黒岳へ~。
スズラン群生地を目指し、さらにその奥、
水が沢林道の終点に駐車スペースがある事に気が付き駐車。

軽くハイキング気分なので、、、荷物が軽っ!!!出発~。 
happusan2011.jpg
 
破風山は展望はナシ。しかし途中で富士山と河口湖が見えます。hujisanhappu2011.jpg


新道峠~破風山~黒岳ピークまで約40分で到着。今日は楽ちん。kurotakepiak2011.jpg
黒岳1792.7メートル。ピークは展望ナシ。 
富士山を見たいし展望台まで足を伸ばしましょ。
hujisanwatasikurotake2011.jpg 
昨日見えなかった分、間近で見れて、、感無量です。ほのぼの。。


しばし景色を楽しみ、買って来たあけびを食べるが、あけびは山食には向かない事に気が付く。。
美味しいけどね。。

と、こんな感じで二日間に渡り山をハシゴした訳ですが、
高速道路の渋滞にハマるのだけはイヤなので
温泉にも入らず即帰京。ナイス判断。いぇい。


そして、帰ると届いておりました~。。

注文しておいたニュー靴。

現在使っているのはメレルのカメレオン2ストームのローカット。
何週間も歩く訳では無いし、軽い靴の方がいいと思っているので愛用しております。

基本を守るならソールの硬いハイカットの物を使うべきなのでしょうが、
二泊三日の槍ヶ岳もカメレオンで問題なく行けました。

デザインも色もグリップの良さも防水性もプロテクターも
全ての部分で気に入っていたのですが
そろそろ一つ、ミッドカットかハイカットも購入しようかと考えていたところ、、
日本限定のミッドカットタイプが出ていたので購入決定です。

newmerrell.jpg

ローカットと同じオレンジを選びました。
ヒモは水色とグレーの二色が付属で付いてきます。

ローカットの方はだいぶ溝が削れていますがまだまだ使えそうなので、
場面に応じて使い分けし、二つとも長持ちさせる事にします。

kaettarakutugamereru.jpg

う、、嬉しい。。



















































 



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。