スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒島岳  福井だ。

「ガスボンベは機内に持ち込めないので没収です。」
。。。。ぐあっはー!!そうだった!!!!!

羽田空港にてガスを取り上げられるという、とんだマヌケっぷりを発揮しつつ、
飛行機は小松空港へ到着。komatukukoukyouryuarasima.jpg
そのまま福井駅へエントリー。hukuientoriarasima.jpg
本日福井入りする理由は、友人の「さよなら30代ライブ」でゲスト出演するため。
dreamtownhukuiarasima.jpgドリームタウンビル。
めちゃめちゃいい感じの場末感。。ふふ。
久しぶりに名古屋から来る知人に会えるのもめちゃめちゃ楽しみ。。
みんな元気そうで、、会えて嬉しかったぜ!!

ちなみにこれ、福井一のオシャレガール、Aちゃんのリハ風景。
rihaakirahukui.jpg 本番の写真は、、無し。。
衣装がめっちゃ似合ってて可愛いかったのに、。しまった。。

そして、、リハ終了後、没収されてしまったガスの代わりを現地で調達。
yusangyouguskau.jpg 遊山行。

せっかく福井まで来たのなら、、、登りたいじゃん、山頂で温かいもの食べたいじゃん、。

という事で、大きなザックにラフな服でライブハウスへ行き、
そのままの恰好でステージに上がり、。歌い。。
ライブも終盤に差し掛かる頃、異常に早い時間の最終列車に乗り、越前大野へエントリー。
etizenoonohegoarasima.jpg 越美北線。

素泊まりは人っ子一人居ない離れた部屋へ。
壁に、、液体を散らしたようなシミ。襖に、、3本の指の跡。。
夜中に旅館でラップ音。の気がする。怖ぇ、、絶対に目を開けたりするもんか。。

若干寝坊しましたが始発にて勝原へ向かいます。
越前大野の駅には水場があるのでそこで水を調達。
yokujituetizenkuzuryuukoara.jpg ekisimizuarasima.jpg

5時55分。
勝原駅から車道を歩き、カドハラスキー場駐車場へ向かいますが、
あと300メートルくらいの所でマイカー登山のおじさんが声をかけてくれ、
せっかくなので車に乗せてもらいます。おじさんありがと。5分は得したかな~。

お礼を言いお別れ。後ほど山頂でお会いしましょう~。
砂利の林道をすたこら歩きます。
しばらく行くとススキがいい感じ。susukiarasimahajime.jpg 
リフトの終点にある廃施設は、退廃的でかっちょよかった。rihutosyutenarasima.jpg

本日の天気は曇り。しかし、曇っている割には意外に遠くまで見え、途中からは白山も。
hakusanmieruarasima.jpg いつか行きたい山です。
荒島岳のブナの木は、雪の重さのせいでぐんにゃり曲がったりしています。迫力!
bunahakuryokuarasima.jpg

しゃくなげ平到着。8時02分。ここからルートを左に入り、あそこへ向かいます。
syakunagedairaarasima.jpg しばらく下り、また登りますが、katurakukanbanarasima.jpg え?マジっすか??

気をつけましょう。。  
昨夜は雨が降ったのか、麓からずっと道がぐちゃぐちゃ、岩場に差掛かった辺りは岩もつるつる。
かなり慎重に、いつも以上に気を使いながら歩きますが、
下りでは何度かスッ転び、また尻を青くしてしまいます。

ところで、、いつものパターンだと、ピークに到着した途端ガスる、となるので
今のうちに白山や他の遠くの山々の姿をよく見ておきます。
hakusankouyoukaraarasima.jpg ontaketyuouarupuarasima.jpg 
御嶽山??その奥は中央アルプス??立山??

地元の人は「荒島は紅葉はまだだ。」と言っておりましたが、arasimadatekouyou.jpg
いえいえ、素敵に色づいております。。あぁ、、来て良かった~~。。。

そして、ピーク。荒島岳1523.5メートル。9時ちょうど。 人っ子一人居ません。-arasimapeak.jpg
どんより曇りの割には結構、展望もあります。sokosokotenbouariarasima.jpg

それをいい事にしばらくはしゃぎまくりますが、
そうこうしているうちにやっぱりガスに取り巻かれ、風も強くなり。。
だんだん体が冷えてきたので、寒さから避難するべく社の後ろに回り、お食事タイム。

oyasiroarasima.jpg minigassamuiarasima.jpg
いやぁ、、日本海からの風はマジで冷たくて厳しいです。。
さ、、寒いし寂しくなってきた、、。マイカーおじさん早く来ないかなぁ、。
ウドンを食べ終わる頃おじさん到着。しばらくお話をしてお別れします。


下りは30分程は気を抜けない道が続きますが、しゃくなげ平分岐から中出コースへ。
こりゃまた歩き易く、メルヘンでいい道です。。

気を良くして小荒島岳のピークも踏んでおきましょう。
10時56分。1186メートル。
老夫婦が居たので撮ってもらいます。山の中では人見知りが治る私。。
koarasimatakearasima.jpg 

さあ、2時までに下らなきゃ、。nakaidekosuarasima.jpgあ、陽が差してきた。

中出コースは登るには親切な標識がありますが、
下り方向向けには標識がありませんので、踏み跡と地図が頼りでした。
林道の位置が地図と違う、、。今歩いている林道はどうやら載ってないらしい。。
おっ!文明の気配がしてきた!電波塔??terebidenpatouarasima.jpg

ここからは地図通りの林道で、お目当ての水場に到着。jisuikannonarasima.jpg 美味い!!

大野市はとても水量が豊からしく、いたる所で綺麗な水が流れておりました。

そして、下界へ到着。

荒島岳、100名山の割にとても静かで、いい感じの山でした。

下唯野の駅へ向かう途中の田んぼにはもう稲は無く。秋ね~。
tinjyumnomoriarasima.jpg

寒い国特有の風除けの林に囲まれた神社。いい感じ。。
飛び出し坊やが多数見受けられるも、人の気配は殆ど無し。tobidasibouyaarasima.jpg

駅到着。13時30分。間に合った。simoyuinoarasimamujin.jpg simoyuinocoffe.jpg

山頂が寒すぎて諦めたコーヒーをやっと飲みます。あぁ、、ほっとする~~。

と、コーヒーを啜っていると、、突然に雨!!結構降ってます。。
あと少し時間が遅かったら危なかった。。。

そして、前日のライブでぐったりしているAちゃんが、わざわざ迎えにきてくれ合流。
恐竜博物館へ。
kyouryuentoranceakira.jpg

。。。3週間程前「ウチ、恐竜博物館、めっちゃ行きたいでさぁ~。」
と言っていた割には興味が無さそう。。
しきりに建物だけを褒めている上に「人骨は無いんか。」とか
「ウチ、基本、動物に興味無いからな~。」とか訳のわからん事ばかり言います。
なんなんだ、こいつは。
そんなAちゃんもこのコーナーでは若干テンションが上がっていたらしい。
threedkyouryuakira.jpg 3D映像でリアルな恐竜と遊べるコーナー。

あと、間違えて男子トイレに入った時も。
こいつ、あの時だけ異常にテンション高かったな。

お風呂に入りたいと言うと「勝山温泉センター水芭蕉」に連れて行ってくれる。
550円。いいトコだ。あぁ~~、疲れも癒されます。
が、Aちゃんは「ウチ、お風呂入ってきたし、一日2回も風呂なんか入らんわ。」と車で仮眠。

ではでは少しゆっくり寝かせてあげようと1時間くらいウロウロし車に戻ると、
「なんや、たった1時間しか経ってないやんか。2時間くらいおれや。」と叱られる。
「やったら2時間くらいって言っといてよ。」とやんわり反抗するけど、
こいつに反抗しても呪われるだけなので、ここらへんで折れておく。

と、最終的にAちゃんの悪口みたいになってしまいましたが、
ライブお疲れっ!!面白かったぞ!!
そして、、、もうすぐ誕生日おめでとうな。

t-rexricoarasima.jpg








 




















コメントの投稿

非公開コメント

No title

ここ10年ほど、同じ髪型、同じ服を着たおしてるワタシを、誰もオシャレガールなどと言う者ここにおらず。

しかし、ライブとかってやるもんじゃないな。
あれ続けてたら絶対シャブ中になる自信あり!

No title

ライブなんかしょっちゅうやってたら精神が崩壊するぞ。
っつーか、すでに壊れていたように見受けられましたが。
っつーか翌日のクマはハンパ無かったな、、。
お疲れちゃんでした。>akiraちゃん
プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。