スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タワ尾根 奥多摩ディープ

急遽同行させてもらう事になりまして、
(先方には脅迫したと思われている。)
「7時に日原集合」という事に。
ですが、二人とも時間には異常な程に律儀なので、結果6時30分集合。
来るの早すぎない??tyusyajyotawaone2011.jpg

鍾乳洞を通り過ぎ、奥に入って行きます。ogawadanirindoutawaone2011.jpg 
リーダー、本日は宜しくお願いします。
駐車場出発 6時53分。

monorailirigutitawaone2011.jpg まずはこのモノレールの始発点から沿って登ります。

ここからはそこそこの急登の尾根。やっと登りが緩やかになってしばらく歩くと、、
mizunaranokyobokutawa2011.jpg ミズナラの巨木。これは背中の部分。
  
横から見ると、、すごい猫背にタラコくちびる。
mizunaranotarako2011.jpg なのにこのミズナラ、登山者にモテモテらしいです。

そして、お目当ての紅葉。kouyoutawaone12011.jpg  kouyoutawaone22011.jpg

どうやら今年は寒暖の差が緩いので(そもそも温かい。。)色づきははっきりしないらしいのですが、
時々こんな感じでビビッドな赤を見つける事が出来ます。いい感じじゃん。

そして、尾根上のピーク1号、人形山。1176メートル。ningyouyamarico2011.jpg 
ピーク2号、金袋山。1325メートル。kinbukurotawa2011.jpg

鷹ノ巣山や酉谷山なんかも見えてきます。takanosutawaone2011.jpg toritanitawaoneyori2011.jpg

それにしても、この深い森。何とも穏やかな気持ちにさせてくれます。
あぁ~、、いいねぇ~。 kouyoutawaone3.jpg  kouyoutawaone4.jpg

そして、篶坂の丸。suzusakanorcotawaone2011.jpg1456メートル。 

途中、モノレールに乗って移動する作業員の人達に遭遇。
ガソリンではなく、せめてエネループにして欲しい。

さて、、ここから先は登山地図では破線もありません。わーいっ。
まずは「ウトウノ頭」に到着。1587メートル。9時52分。
ここの表札?標識?は二つあり、どちらも丁寧な造りで素敵です。
こちらは彫刻。utounokasira22011.jpg
   
こちらは陶器。utounokasira32011.jpg 
なぜかどちらも右を向いた鵜のアップという構図ですが、

お互いがこんな風に向かい合っています。  三角点と三者三つどもえです。
utounokasira12011.jpg
さてさて、本日はここが一番高い場所。では、大休憩といきますか??
と、思いきや、この先に広くて気持ちがいい場所があるとの事。
そちらまで行きましょう~。   って、。。。。

yabuwoikutawaone22011.jpg yabuwoikutawa12011.jpg 道がないよ~、わーい。

こんな場所では、急激にワクワク度が上がります。

はぐれないようにちょこちょこ付いて行きますが、
リーダーの背後に近づきすぎていたせいで、
弾かれた枝のアタックを顔面に受けてしまいます。  ごへっ!!
勉強になりました。

そして、まるで森に優しく包み込まれるかのような大京谷ノクビレに到着。10時15分。
おにぎりタイムです。

と、ふと見ると、、、傍におおきな岩があるじゃないですか??
(あの上に登りたい。。)という思いが食欲よりも先に立ち、
自作の男飯を食っているリーダーにコーヒーのお湯番をお願いし、沸かす間に登ってみる。
っつーか、リーダー、自分で作るなんてマメなのね。
結構、脆い岩でした。ricothegianttawa2011.jpg 

せっかくなので、記念に岩に名前を付ければ?と言われ調子に乗り、そうする事に。

命名「りつこ THE ジャイアント」。 

アンドレザジャイアントみたいで我ながらナイス命名。

時間はたっぷりありますから休憩を長めに取りますも、そろそろ下りましょうか。

目の前のウトウ沢を下りて行きます。
枯れ葉の下に隠れた浮き石が危うい場所もありますが、
基本的にふかふか。 taniwokudarutawaone12011.jpg taniwokudarutawaone22011.jpg


と、油断したか、リーダーが目の前で一回転。
ですが、美しい受け身でたいしたケガも無かったようで、さすがです。
まるでヒップホップダンスのような華麗な受け身でした。

sawagadetetawaone2011.jpg 細い沢が現れてきました。

暑いくらいなので、冷たい水が飲みたく沢の水を汲んでガブガブ。
そろそろ私、お腹に寄生虫が居るんじゃないかと思っているのですが。
ま、自覚症状がないうちはいいか。

しばらく際どい傾斜をサカサカ歩いていると、、、ざざざざっっーーーー!という音が。

シカ??カモシカ???

ハート模様の付いた尻が走り去って行くのを大興奮で眺めます。
うおぅ~~~。。

kutitahasitawaone2011.jpg こんな朽ちた橋もあったり、
ツタのブランコがあったり、
ほのぼのなのか際どいのかよくわからない絶妙なバランスの道は終わり、
植林地帯に入るとなんだか終わりが近づく寂しさが漂ったりしますが、
なんだかんだで無事下山。bujigezantawatanikudari2011.jpg

天祖山の姿を見ながら孫惣谷林道をテロテロ歩き、tensosantawaone2011.jpg
駐車場へ。

この辺りは石灰の採掘場なので、岩壁に穴ポコが空いていたり。
林道を歩くうちに靴の裏が石灰で真っ白に綺麗になっていたり。


今日はピークハントというよりも、
ディープな奥多摩散策というテーマだったのですが、
踏み跡の付いていない道を歩くのはとても愉快でありました。

そして、、、
サビと石灰成分?がびっしり付いていますが、
磨けば使えそう。。

titansenrihin2011tawaone.jpg




































コメントの投稿

非公開コメント

No title

先日はお疲れ様でした。

天気も良く、山日和でしたね。

奥多摩ってあんな場所が良いんですよね~。 それはその内にまた。

 “私も行きたい、ダメなら言って下さいね”

というメールを歯軋りしながら打っているのを想像してしまい、怖くなって同行OKとなりました。

でも背後からの枝攻撃には驚きました。

あんな趣味があるなんて知らなかったです。。。


No title

「ダメなら言って下さいね。」という言葉は
(合流したいけど、もしかして一人歩きしたいのなら
邪魔してはいけないわ。)
という配慮だったので、
そんまんま素直に受け取ってもらってよかったのですが、
なんでかなぁ~~??なんで脅迫文だと思われちゃったかなぁ~。

しかし、、枝攻撃は我ながらほんとにビックリしました。
あんなミラクルあるんですね。
って、趣味とかじゃないから。
あれ、狙ってできないですから。その事は忘れてお願い。>キリュウさん

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。