スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年、登り初めは北横岳で

年の瀬に一緒に行く予定だった仲間が発熱したため計画が流れ動揺しているウチに、
自分自身、年末に風邪をひき、発熱。
それでも滅多に見せない頑張りを見せようとも空しく、
ぎっくり腰でとどめを刺され寝込む羽目に。。

そうすると、正月に予定していた初岩の計画も流れて、
この一ヶ月近くをただただひたすらにリハビリをしたり温泉に行ったりと
治療に専念しつつ、
朝は二度寝の冬眠に費やしましたが、
そろそろ禁断症状に見舞われまして。。

元々東北に行く為に開けてあった予定を天候不順と他諸々の理由で断念し、
近場で、病み上がりでも挑戦し易く天候も悪すぎないであろう場所という事で、
北横岳に行く事に。

ちなみにこのメンバーも数日前に発熱。。。
あれぇ、、。。

しかし、、、若干恐る恐るですが、、いざリハビリ雪山ハイクへGO。

startkitayokodakewi2012.jpg

ピラタス横岳ロープウェーを使い、山頂駅へ。
スキー場なので、有り難い事に冬期も運転しています。
本来なら絶景のはずのロープウェイですが、ガスです。慣れっこです。

坪庭は冬はもっさりと雪に覆われているので実力を発揮しきれていませんので素通りです。
超えた所で樹林帯へ突入。izagassyokodakehe2011.jpg

初心者向けの山なのでアイゼンはいらないよね、
あっても6本でいいよね、、と、たかをくくっていましたがなめてました。すみません。。
急遽、貸してもらった立派なアイゼンを履き(これじゃちょっと大袈裟じゃ?)と思いつつも、
前爪の威力にうっとり。。
夏に比べて足回りは格段に重くなりますが、頑張りましょう。

ちょっと風が吹くと顔がしばれるのでバラクラバもかぶり、雪が眩しいのでゴーグルを、、
テロリストの出来上がり。。barakurabayokodake2011.jpg

ロープウェイで稼いだ分だけ標高差が少なくても、標高が2000を超えているので、
ちゃんと雪山気分を満喫できわくわく。。樹氷が美しい。。jyuhyoukitayoko2012.jpg

少し傾斜が出てきてしばらく歩いた後、北横岳ヒュッテへ到着。

kitayokohyutte2012wi.jpg


小休止は~~、、ま、いっか。。
何組かのパーティが居りましたので、タイミングを同じくして
数珠つなぎになるのはちょっとイヤだな、、ということで、
ここは素通りして先へ向かいます。

(しかし、、はぁはぁ、、、年末から殆ど運動せずに冬眠していたツケが、、
久々に結構、しんどいぞ、、ああ、、くそぉ、、へぼいのぅ、、。)てな事を考えながら
息を整えつつ登ります。

南峰2472メートルを過ぎたらすぐに北峰。2480メートル到着。
気温2度。あれ??氷点下じゃないんだ。。あったかいんじゃん。。
kitayokodakepeak2011wi.jpg

わーい、何も見えない~。    
慣れっこさ。。
軽くお茶を飲んで、ランチパックを齧り、30分程ごぞごぞ休憩してから、さて、下りますか。

kuragenoyoukitayoko2012.jpg

クラゲみたい。

北横岳ヒュッテに戻ると先ほどよりもさらに沢山の人がいたので、
ここでコーヒーを沸かすのは諦める。。

七つ池も見たいけど、、この先は雪が深くスノーシューが無いと大変だね、、という説明に加え、
腰より上のラッセルを少しやってみれば?とのご指導に、池に至る雪道に入ってみましたけれど
、、、、見た目以上に大変な事がわかりまして、
池も諦め。。。うぅ、、スノーシューさえあれば。。

では雨池山経由で縞枯山荘でコーヒーを、、

となり、分岐を三ツ岳方面へ取りますが、、えっと、、トレースが、、無いですね。。

mitiganaikedomitutake2011.jpg

もっさりですね。gosoriyukimitutake.jpg 

そんなこんなでえっちらおっちら途中の開けた岩場まで行くも、
前方に聳える岩峰(三つ岳?)はどうやらガリガリに凍っているっぽく、
初めてのアイゼンであそこを登る事はかなりの無謀で、。

しかも仮に登れたとしても岩峰の向こう側の積雪量も予想がつかず、
引き返す事にでもなったらまたあれを登り返さなくてはいけないし、
時間がかかるとロープウェイの最終に間に合わず、
暗くなったら行動もできずビバークの可能性も出て来るね、、と軽く説明を受けたら、、。

あはは、、ここで引き返しましょか。。

とまたえっちらおっちら元来た道を引き返します。
雪山は行ってみなくては読めないですね。勉強になりました。。

分岐点に到着し、あとはトレースのしっかり付いた登山道を下り、
無事、下山。

bujigezanyokodake2012.jpg 

景色に関してはめちゃくちゃ残念でしたが、
アイゼンでの歩き方や行動の仕方をあれこれ勉強でき、いい経験となりました。

帰りはシカの親子に遭遇。。。こっちを見ている無表情な顔がたまりません。。

sikaoyakoyokodake2011.jpg











コメントの投稿

非公開コメント

No title

 発熱して計画を流した仲間です。

あの時は怖くて言い出せませんでした。

いつものように天候を悪化させるだけでなく、人間の体調をも変えてしまうその能力は秀逸ですね。


それにしても、だいぶ回復したようで良かったですね。

また山行報告を楽しみにしています。
これからも遠くから見守っております。 お気を付けて。。。

あれ?

遠くから見守るとかでなくて、しっかり穴埋めしてくださいね。なに、なにげに決別宣言を垂れ流してるんですか??
でも、確かに、続けてメンバーに体調不良が出た時は、自分を疑いましたが、そんな力を持ってたらもっと出世して、今頃は世界制覇出来てると思うので、単なる偶然です。怖がらないで下さい。
連絡待ってます。ぐふ。>仲間さん

No title

シカすげ~、
シカアタックにはくれぐれも気をつけてね。
イノシシアタックよりはましだけど
タヌキアタックよりは強烈。

No title

アタックマニアのキワヌカさん、
こんにちは。
アタック番付、ありがとうございます。
今日も、シカ見ました。

ちなみに私へのダイレクトアタックはお断り申し上げますので、
足腰の強そうな人にお願いしますね。>キワヌカさん。
プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。