スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安達太良山

3/11の直前、震災以来久しぶりに東北方面へ。

念願の安達太良山に行って参りました。

天気予報の変わり方にはもはや「神」と呼ばれても仕方が無い今日この頃。。

安達太良高原スキー場よりあだたらエクスプレスを利用します。ずるい??
adataraexpress.jpg

五葉松平のあだたら山頂駅よりスタート。1350m。tozansyakokoroe.jpg
ハイヒールの方がエッジが効くのでは、、という冗談も交わしつつ、
ミッチェルと地図をたよりに山頂を目指します。michelwotayorini.jpg

天候は不順ですが、下界は見えています。

この日の雪は凍り気味でがりがり。
が、先行者のトレースがあるのでさくさく行きます。

尾根を巻くあたりから少しだけ風が出てきて、雪が顔に当たる。
2本先の竹竿までは見えますが、場所によってはこんな感じ。whiteoutadatara.jpg 何も見えない。。

そして、、あっという間に山頂はそこ。adapeaktikbipeak.jpg

adatarapeak.jpg

しかし、本当のてっぺんはあの岩の上。乳首山です。登りはスノーシューで。
tikubiyamapeak.jpg 1709m。
しかし、下りは逆にスノーシューが邪魔となり危険なので、12本アイゼンに履き替え。

付けたり外したりが面倒な私ですが、
スキー靴でどこでも歩いてしまうメンバーには、その間待ってもらいます。すいません。

そして、いざ、くろがね小屋へ!
峰の辻の分岐を北北東へ。minenotiadatara.jpg

この辺りは風もおだやか、
しかものんびりスノーシュー歩きなので、今は独りぼっち。。
誰も居ないのをいい事に鼻歌が出てきますが、
鼻歌のレベルを超えて、腹から声を出して歌います。
大声で雪崩って起きるのかしら?

そんなこんなでくろがね小屋が見えてきました。着くのがちょっと早過ぎたか。。
小屋の屋根を見ながらスープを飲んで、休憩。kuroganemietasoup.jpg

そして、小屋に着くと、、お茶とお菓子を出して頂きました。
koyanaibkrogane.jpg
石炭をくべさせて貰ったり、makikberu.jpg

そして、、あまりにも早く着きすぎたので時間を持て余すだろうと、
小屋のご主人がスキーを貸してくれました。
ご主人、とっても親切でそして面白い人!!泊まりにして良かった!
ジルブレッタ404。初心者マークと「特攻一番」と書いてあります。
シールを張っているのなら、、歩くくらいはできるかも??と、調子をこいてやってみます。

ski1.jpg ski2.jpg ski3.jpg 

。。。。skiyatta-.jpg 相変わらずですが、、。

かかとを固定される事がとてもイヤなので、かかとはフリーに。
シールがあるとスピードがあまり出ないので、怖さ半減。ひたすら登るだけならめちゃくちゃ楽しい。。
しかし、、登ったら下らなくてはいけないので、、
やっぱ、スノーシューでいいかなぁ~。へへ。

温泉付きの山小屋なのでお風呂も入れます。麓の岳温泉の源泉。PH8.5。
硫黄の匂いがします。あぁ、、さっぱり。。
夕飯のカレーを食べながらお酒を飲み、居合わせた他の登山者と話が盛り上がります。
俳句の話や民俗学の話、いろいろ趣味が合ってしまい。。。とても楽しい人達でした。

その間も雪はしんしんと降り続けます。。明日の朝が楽しみだ。。。。

深夜2時30分、緊急地震速報。震度5弱に遭遇。
寝ぼけていたせいか、怖くはなかった。
福島に行く時点で覚悟もしていましたし。
後で聞いた所によると、安達太良山は岩盤がしっかりしているので、
平地ほどでは無いとの事。

外を見てみると、雪明かりで山が綺麗です。。。

翌朝、気温マイナス4度。
昨日の自分らのトレースはすっかり消され、ふかふかの深雪に覆われた山が!

このまますんなり下山するのももったいないので、200m程登り返し、
独りもくもくと雪洞を掘って雪遊び。自分の部屋ができました。コーヒーを飲みます。

そして、、まだまだ名残惜しいですが下りましょうか。。sayonarakroganegoya.jpg
さよなら、くろがね小屋。また来ます。

トレースの無いふかふかの道をラッセル。。うおぅ。。めちゃくちゃ楽しい。。tresunonaihkahuka.jpg

だけど、終わりに近づいて来るこのなんとも言えない寂しさ。。うぅ、、。

後半、植林帯に入った直後、道を逸れるも無事下山。
下山してから沢山の登山者とすれ違う。
昨日は小屋も宿泊客は少なく静かだったけれど、
この日はなんと、予約が65人もあるそう。。ぎょえー。。

やっぱり、山は平日に限ります。。

駐車場に戻ると、車が埋まっておりました。tyusyajyoadatarawin2012.jpg



そして、麓の街は80年代に日本から独立した「ニコニコ共和国」。
nikonikokyowakoku.jpg

入国許可証を買いに寄ったら「3年前に日本に吸収されまして、。」という事で、。
当時の通過、100コスモを記念に買って帰る。

帰りにはいわき市や小名浜漁港をまわる。
一部、歩道がグニャグニャになっていたり、修理のできていない家があったりするものの、
いわきの街や、港の物産館の活気には地元の人達の意気込みを感じ、
逆にエネルギーを貰ってしまいました。


東北地方は大好きなので、
今度はその中でも特に大好きな岩手にもまた行きたいなぁ、。























コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。