スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三つ峠山

「不遇の山シリーズ」と銘打ち、そこそこの高さはあるのに
展望の悪いせいで人気がないという大室山に登るため、
丹沢方面に向かいますが、、、
高速の出口をスルーしてしまう。

この先の出口から引き戻すとして、ロスした距離と時間と高速代が痛い。。

そんな事もあり、
(何もこんなに天気がいい日に、展望に恵まれない山に行くのも
いったいどうなの??私達はバカなのか?)という話になり、急遽予定変更。

fujispring2012mitu.jpg
ほらほら、こんなに天気がいいのだから、、

という訳で、富士山の眺めがいいと人気の三ツ峠山に行く事に。
ナイス判断。

金ヶ窪澤の駐車場には沢山の車が停まっています。
どうやら登山者というよりも、作業員の方々の物が多いようでした。
この駐車場、トイレもあり、個室が広いので、中で準備もできます。
さ、スタート。

荷揚げ用のジープが通れる幅なので、とにかく道が広いです。
林道歩きの様相なので、それは正直、物足りません。

登り始めはそうでもありませんでしたが、ほどなく残雪がちらほら。
そのうちに、ガチガチに凍った部分と溶けた部分が混在する、
春先の田んぼのようにぐちゃぐちゃな状態に。。
gatigutyamitu2012.jpg

滑るかと思えば、ぐにゅっと埋まったり、歩き辛い事、この上ありません。

とうとう木無山までこんな感じでゆるゆると広い道を登り、
三つ峠山荘に到着した途端、犬に吠えられびっくりする。あー、びびった。。

bankenmitugoya2012.jpg


素晴らしく反応のいい番犬です。ナイス番犬。

今から向かう開運山の南側は切り立ったガケ、屏風岩。
「いつかあそこから来てみたいけど、何ピッチくらい?」と聞くと、
「4ピッチ。」との答えが。

いろいろルートはあるとの事ですが、4ピッチは私には無理そうです。。

そして、ほのぼのハイキング道を歩き開運山到着。1785m。
mitutougepeakspring2012.jpg

この三ツ峠山、電波塔の立ち並ぶ光景にはいささか辟易しますが、
それもこれも、里からアプローチし易く展望が開けている山という証拠だそうです。。

何度となくガイドブックで見ては気になっていましたがやっと来ました。
展望は本当に最高です。mitutenbou2012.jpg

さぞかし星も綺麗なんだろうなぁ~~。。。

八ヶ岳、南アルプス、北アルプス、富士山、河口湖、西湖も見えます。

いや~、、しかし、、本当に、こんなに天気がいいのだから、
こっちを選んで大正解です。。

しばらくほのぼのと休憩をした後、御巣鷹山方面へ。

軽アイゼンはとうとう使う事はありませんでしたが、
ここも今まで以上にぐちゃぐちゃです。。。
ミッドカットの靴にして正解です。。ゴアも正解。。

御巣鷹山頂上は開運山よりも物々しい感じの建造物があり、、、
監視カメラまであります。。
展望は無いので、来た道を少し戻って開運山と富士山のコラボを撮ってみます。
osutakakaramitu.jpg

来た道を振り返るのはなかなかいいもんです。

御巣鷹山からの下りはこれまでとは違い、やっと登山道っぽい道になります。
こうじゃないとね。
が、ぐちゃぐちゃなのは変わらず、、
慎重に行かなくてはいけないのでなかなかペースがあがりません。
しかも、緩んだ地盤のせいで浮き石になった大きな石があったり、
ちょいと危ない箇所もちらほらです。。。
ぐおう、、。
後半は、地図を見てさくさくっと下り、駐車場へ。
お疲れさまでした。

あぁ、、後半、いろいろありましたが、、めちゃくちゃ楽しかった。。。

この日は終始「もし、大室山方面に行っていたら、もっと道が悪かったかもね。
天気がいいから展望の無い事を悔しがっていたりしただろうね。
距離が長い分、後半、雲が出てきたはずだから、寂しい感じになっただろうね。」
という話題が何度となく持ち上がり、
三つ峠を選択した事が正解だったと、何度も確認したりしました。














コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。