スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蕨山 奥武蔵

2週間くらいどこにも行かずに居ると
なんだか筋力が落ちてしまうようでどうもいけません。
とは言え、病み上がりなのでどこかさくっと行けそうな所は。。

そうだ、奥武蔵に行こう!

以前から気になっていた蕨山へ。

nagopwarabi2012.jpg

名郷の有料駐車場へ車を停めます。平日500円。ちょっと高いな。。
6時スタート。気温、12度。ちょうどいい。。

今日は久しぶりに一人だ~、とてくてく歩いていると、シャガの花が咲いております。

思えばこの時期って必ず独りでどこかに行っている気が。。
いい季節です。
林道のどん詰まりまで歩けば登山道入り口。
細くなってきた沢を丸太橋で渡ります。 tozandoirigutiwara.jpg
踏み跡はしっかりついているので、この辺りで迷う事はありません。

この日は結構な強風。沢を吹き抜ける風が心地よく快適でしたが。。

尾根に出た直後から、木がギーギーと音を立ててきしむ程のものすごい北西の風!
樹林帯にも関わらず、この強風。
西側から吹き上げてきます。
葉っぱもビラビラビラビラーーーっ!とはためいております。写真じゃ伝わらないのが残念。

tutuji1warabi2012.jpg

地図に急登と書いてある道を行きますが、
kyutowarabi2012.jpg iwabawarabi2012.jpg


風がとにかくすごいので、急な登りはそれほど印象に残りませんでした。
岩場も過剰にワクワクしましたが、慎重に行けば技術は要らない感じです。

そんなこんなで有間山への分岐点へ到着。arimabunkiwara2012.jpg

ここを一旦、有間山方面に向かい、蕨山の実の最高地点を見に行きます。
標識も展望もありませんが、膝程も無いこんな小さくて可愛いケルンが積んでありました。
saikotenkerunwarabi.jpg ほのぼの。

さて、引き戻して蕨山の標識のある所へ行きますか。mosuguwarabi2012.jpg
どの山でもそうですが、この「もうすぐで頂上」っていうあたりの景色が好きです。

そして、7時37分。蕨山到着。peakwarabi2012.jpg 
尾根道よりは風が落ち着いていますが、時々突風が吹くので、
落ち着いて休憩も出来ません。

satyoviewwarabi.jpg santyonagame2.jpg

が、一通り景色を確認し、あ、あれが武甲山だー、大持山だー、
伊豆が岳だー、奥武蔵も結構登ったなぁ~、、と、感慨深く眺めながら
ドライフルーツとチーズでエネルギーを補給し、
20分も経たないウチ、7時55分、出発。風に負けました。

(あと、この前日、お昼過ぎからものすごい雷雨だったので、
雨具や不測の事態の備えはバッチリ用意していますが、
できれば雷雨に遭わない方がいいのでスケジュールを前倒しにしております。)

坂を下り南東方向へ、藤棚山 hujitanawawrabi2012.jpg

こちら側は先ほどまでの強風がウソのように穏やかです。
ほのぼのハイキングになり、景色も楽しみます。
zokibayasiwarabi2012.jpg zokibayawarabi2.jpg  

新緑の雑木林がたまらなく美しいです。

大ヨケノ頭。oyokenokasira2012.jpg 
この先、林道を横切るのですが、25000地図には載っていない林道で、
なんじゃこらと50000地図で確認。こちらには載っておりました。
こういう事がたまにあるので、地図はなるべく新しい物がいいです。

そして、名栗湖が見えてきました!nagurikomiewara2012.jpg
テンションがまた上がります。

こちらの道は、ネイチャートレッキングコースとも被っているので、
所々に自然に関する情報の書かれたプレートがあります。
祠もあったり、hokorawarabi2012.jpg

そして、ここからが私の予定外。。konpiraatowarabi2012.jpg

予定では、この金比羅神社跡から南東に下るつもりだったのが、
ついつい鳥居をくぐってしまい、ハイキングコースの展望台方面へ下ってしまう。。

そのおかげで、tutujiwarabi2012.jpg sumirewarabi2012.jpg

こんなお花のいろいろや、naguribonowara2012.jpg
こんな光景や、tobirawarabi2012.jpg
こんな扉をくぐる事が出来たのですが、下り着く場所が、
予定より500メートル多く車道歩きになるという残念な感じに。。
やっちまった。。
ま、名栗湖と棒の折山のコラボが見れたからヨシとし、
さわらびの湯のバス停まで歩きます。
10時到着。

busstopjikanwara2012.jpg


タイミングよく少し待てばバスが来ます。ラッキー。
バスで名郷の駐車場まで戻り(バス代340円)、車を回収。

さわらびの湯にまた戻り、温泉でさっぱり。sawarabinoyu2012.jpg

今回は前半、ただただ「風」の印象でしたが、
後半は桜の花びらの落ちた道を、つつじやいろいろの花を見ながら
のんびり気持ちよく歩けました。

ピストンでは無く、バスを一部利用したルート設定もまた面白いなぁと
今更ながらですが感じました。






























コメントの投稿

非公開コメント

No title

お疲れ様でした。

バスを併用すると幅が広がって良いですよね。
山奥はすぐに最終便になるので怖いですが。

もう3年くらい秩父方面には行っていなかったのですが、
今度の休みはモッサリモサモサな秩父を満喫してくる予定です。

もちろん単独・無酸素でビデオ撮りながら、、、。

うふふ。

No title

えええっ!!!!
まさか、あの、マウントオブダブルゴッドですかっ??
しかも、またも無酸素!(◎_◎;)
またそんな危険な事をっ!(◎_◎;)
でも、、。
そんな事ができるのは栗本さんだけなので、
是非、息切れしながら全世界に発信して下さい!!
動画、楽しみにしてます。>栗本、無酸素さん


プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。