スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瑞牆山カサメリ沢~御岳ボルダー

随分話がさかのぼりますが、。

「ロープとボルダーどっちにする?」という多数決を取ったところ、
高所恐怖症のボルダー派を抑えロープに決定。

と、いう事で瑞牆山の麓、カサメリ沢へ。

途中からダートになる林道を詰め、不動沢への登山道入り口となる駐車場へ到着。
林道は落石注意です。
pkasameri20125.jpg

沢を渡り対岸へ回り上流へ向かう。sawakasameri20125.jpg

課題のある岩はいくつかあるのですが、私の技量で登れる岩は多くは無いそうで、
納涼岩あたりならいけるんじゃないの?
っていうか、ここ登れなかったらやることないよ、という事で
ここを拠点にする事に相成りました。asamesikasameri20125.jpg

正直、見学気分ムンムンですが、一応シューズとハーネスを持参しております。
もしかしたら見ているうちに登りたくなるかも、、と、、。

思った通り、やはりうずうずしてきたので、登らせて貰う事に。
しかし、唯一「ここしか登れないんじゃない?」と言われていた納涼岩のスラブ5.9は
登れる気がせず、、。
逆にもうちょっとグレードの高いコセロックの5.10aの課題に登りたがる私。。
と言いますのも、スラブは見た感じ足の置き場がつるつるでホールドも小さく、
5.10aの方はハングにはなっていますが短いクラックがあり、ホールドはガバ。
こっちの方が簡単そう。。

という事で周りの(え~?無理なんじゃね~の?)という空気を感じつつ
しれっと取り付きます。
もちろんトップロープ。
nekonotekasameri20125.jpg

ここですね。猫の手。
いきなり核心なので、最初は思ったよりは苦労しまして、、。
調子良く登り始めたはいいが、右手が滑りホールドから離れてしまう。
じゃりっと。
花崗岩は「ジャリっ」です。
指先がヒリヒリしますがなんとか核心を乗り越え、
あとは難しい箇所も無くクリアー。  わーい。

では、次はあのスラブをやってみれば?という流れになり、
滑ったら痛いな~と言いながらも取り付く。

足をしっかり乗せないと、上に進めません。
kasameri120125.jpg トラバント。

一度落ちかけ、ぐりーんとなりますが、
そこから体勢を整えた時の上から見た風景はとても美しく、
(やっぱり外はいいなぁ~)と呑気に思ったり。

そこもクリアーし、他の所も登ってみたいな~とは思いましたが、
自分よりはるかに強いメンバーが、他の課題に難儀しているのを見て、
見学モードに戻り寝っころがる私。。

一通り満足した後、沢の奥の方まで岩場の確認をしに行きましたが、
アプローチのロープ場だけでも冒険気分。
奥の方は結構な高度感のある課題がいっぱいで、
(あそこを登れたらかっこいいだろうなぁ~)と考えますが、
それだけで緊張してゲロを吐きそうです。


takikasameri20125.jpg  okunikasameri20125.jpg

ちなみに、、どこでどう拾ったか、
帰り途中のトイレにて太腿、家の中にて背中と首の後ろ、そして、ザック。
目視確認合計5匹のダニを発見。。
マダニではなく、1ミリにも満たない小さなダニでしたので事なきを得ましたが、。

以来わたくし、ダニに過剰反応しております。






御岳ボルダー


「明日、、御岳行こうかな~。」
「うっ、、そうかぁ、、私もヒマだし行こっかな。。。」

という事で、のらりくらりとお寝坊さん時間で集合。
御岳は近くて気楽ですが、
その為、ここは休日ともなると混雑しているそう。
しかし今日は平日。
3人ほど先に取り付いている方々が居ますが、それでも広々としています。

そして私は今日も見学モード。
だって、ボルダーはハーネスもロープも無い上に、
狭いクラッシュパッドオンリーだし、
落ちたらケガするから怖いんじゃないの?
もちろん、ロープが100%安全だとは思ってないけれど、。


とか、言いながら実はシューズを隠し持っていますが。。。

とりあえず、初めての外岩ボルダーなので皆さんの様子をうかがう。
(あ、パッドはほどいい場所に動かしてあげるのね。。。
やっぱ、周りがなんとなく補助するんだ。。)とか。

mitake2012614.jpg

そういった今まで思っていた細かい疑問を解決しながら
あれ、ちょっとウズウズしてきた。

クライマー返しに挑戦している皆さんから少し離れた場所にある
7級の岩に一人取り付いてみる。
チャート岩はみんなに踏まれてつるっつるです。
あ、、、登れた。。。

という事でまたまた「私でも登れるんじゃないか?な岩」を求めて
そまの小橋エリアに移動。
釣り人が数人。
白く細かい石がプライベートビーチのようでとても気持ちいい。。

デラシネボルダーにて、スラブの10級からハングの6級まで挑戦、クリアー。
5級は無いので、無謀にも4級に挑戦しますが何度やっても撃沈。

このくらいから陽が高くなっており、河原は暑くなっています。
川に入りたい。。あ、ヤマメだ。あ、カワセミだ。
ジリジリと陽は当たりますが、
それでも谷を吹き抜ける風が気持ちいい。。


さすがに4級は無理なので御岳小橋エリアへ移動。
溶けたソフトクリーム岩です。
まずはスラブの10級。
(落ちたくないなぁ、落ちたくないなぁ。。)と稲川淳二のように
つぶやきながらクリアー。
そして、時間も無いので裏側の5級に挑戦。

mitakerico.jpg

ここから足を乗せ換えます。
その後左手でキープしつつ右手を出しますが、、これが掴めない。
何度もやってみますがタイムアウト。


という事で「所詮6級の女なんで、、。」と自虐気味になりつつも、
外岩ボルダーデビューを思った以上に楽しんだ私でした。





































コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。