スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草津白根山

台風が二つもある上に、北に低気圧。

なんだかあまり嬉しくない状況ですが、
せっかくこの日は山の為に予定を空けていたので
どこかには行きたいのです。。

という事で、関越道方面へ。

実は体調も微妙なので、
「どこかに行きたいけどハードなのは避けたい」
という、へなちょこ根性を全面に押し出す。

で、チョイスされたのはここ。草津白根山。活火山です。

しかし、予報に反して、この曇り空。。
もう少し時間が経てば雲が上がるのではないかとの
希望的見解で、ただ漠然と時間つぶしをするのもなんだしと、
せっかくなので草津の湯畑に寄る。  yubatakekusatu.jpg

湯畑って何??と何も知らないわたくし。

足湯があるのでやってみようと、湯加減も見ずに足を入れたら
思いのほか熱くてびっくり。草津のお湯は高温です。

さてと、一応山に向かってみますか。

途中、若干雨がちらついたり、またもこの雨降らしパターン?
と、思いきや〜〜〜。

hujisankusatu2012.jpg

うわっ!富士山が見えた!
雲海の中だったんじゃないですか〜。

と、テンションも持ち直し、白根レストハウス美化センターの駐車場へ到着。

コースタイムは短い山なので、のんびり準備して、さあ、行きますか〜。

弓池からスタート。yumiikekusatusirane.jpg

池の向こうにはいきなり北アルプスが見えております。
白馬岳、五竜岳、鹿島槍。
さらに登り、廻り込むと槍ヶ岳も穂高もくっきり。

木道で整備された道をてくてく歩き、逢ノ峰到着。2110m。

展望台がありますが、木に囲まれているので見えません。

そして下り、、と、ここでカモシカ!!! kamosikakusatusirane.jpg

こっちをガン見していますが、逃げる様子はありません。
角が短い。

道路を横切り、スキー場のリフト乗り場を右手に見ながら、登山道へ入ります。
ここからはなんとなく登山道っぽい雰囲気。

tanikusatusirane2012.jpg

「100名山なのに、ひとっこ一人居ないね、さすが平日。。」などと話しながら、

樹林帯を歩き、富貴原ノ池と本白根山方面への分岐点へ。
しかし、日陰は涼しいですが、陽が当たる所は蒸し暑い。。
暑さに弱いので、へばらないように水分を取りゆっくり行きます。。

しばし登れば足下に鏡池。 kakgamiikekusatusirane2012.jpg

亀甲模様の構造土だそうで、上から見るとはっきりわかります。

あっ!浅間山方面も美しい。。 asamatokakusatu2012.jpg

そして、鏡池のすり鉢をぐるっと回るように歩き、展望所への稜線へ。

コマクサの群生地、これは見事です。 komakusakusatusirane2012.jpg

群生地の間を抜けて本白根山展望所に到着。
こっちがおかまで、
peakkusatusirane.jpg

こっちが雲海。1peakkusatusirane2012.jpg

もちろん富士山も見えています。
またカモシカ!!

この山の最高所は2171mのあちらですが、
山頂付近は火山の有毒ガスが出ているため、立ち入り禁止です。
だから、ここまで。

しばし休憩を取り、さてそろそろ下りますか。

とここで、おかまの向こうに観光客らしき人の群れが。。
ん??みなさん、あちらのルートから来ていたのね。
それにしても軽装だなぁ。。

と、納得しますも、実はあちら側に到着するリフトが運行されており、
平日にしては結構な数の観光客が流れてきていたようです。
それを知らない自分らは(100名山なのに人気のない山)だと勘違いしていたのでした。

そして、軽装の観光客の皆さんの間をすれ違いつつ下山しますが、
手ぶらの人も居る中、
リュックを背負いストックを持っている事がなんだか恥ずかしく思えたりして。。
にしても、、水くらい持とうよ。。手ぶらは無いでしょ。。

と、そんなこんなで弓池を廻り込みゴール。
yumiikelkusatusirane2012.jpg kamonooyakokusatusirane2012.jpg


湯釜にも行こうと思いきや、、ものすごい数の人々が登って行くのが見え
戦意喪失。。また今度にしよ。。

仕上げにクマ笹ソフトを食べる。kumasasasohuto2012.jpg

少しざらついた抹茶ソフトといった感じでしょうか。
普通に美味しかった。

anajigoku22012.jpg anajigoku2012.jpg

せっかくなので観光したり、温泉に入ったり。

そういえば、いつか行きたいと思っていた尻焼温泉。
現場まで行ってはみましたが、、。
女子供は水着を着ていたけれど、おじさん連中は全裸。。
なので、どうも入り辛く、ここは諦め別の温泉へ。。

しかし、、あれはどうなんでしょうか、、。

あれは、、、、どうなんでしょうかねぇ、、。。。





















コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントありがとうございます。

とてもほのぼのとしたコメントに、
思わずほっこりしてしまいました。
いろいろ教えてくれてありがとうございました。

そうなんです。そこなんです。
「川」なんですが、「温泉」と名のついている場所なので
やはり全裸が自然なのか?どうなの?そこらへん、どうなの?
と、整備されていない温泉に慣れていない私は
あれこれ考えてしまいました。


しかし、自分としては
その中でどう振る舞っていいかわからず
なんとなく躊躇してしまい、
且つ、やはり恥ずかしいので今回は諦めた次第です。

皆さん水着を着ていると思い込んでいたので、
覚悟を決めていなかったのも敗因の一つですが。。

まだまだ私のような青二才には触れられない世界に感じました。。。

それぞれの世界でいろいろなルールがありますし、
自然を満喫しつつ、家族の皆様で楽しんで下さいねっ!!

No title

ほら、そこで海パンでしょ!
&葉っぱ2枚ね。

いいね~ずっとここ行きたいと思ってたけど、素敵。
あの辺は車運転してても臭いんだよね、硫黄臭が。
卵が腐ったにおいって言うけど。
そんなの嗅いだことある?(おいらは無い)

No title

あ、白根山のあたりのことね。←卵臭
尻焼って、字面から凄く・・・りこさんが好・・・以下略

No title

そうなのそうなの。
マイ水着は忘れてしまったのですが、
連れのがあったのでそれを借りて入る気でした。
が、やっぱり今回はやめときました。。
意気地無しと笑って下さい。。
ぜひ尻を焼きたかったんだけどね。。

卵臭、嗅いだ事があるような気がしますが、
記憶を書き換えている可能性もあります。。
最近、自分の記憶に自信がないです。。
むにゃあ。
草津白根は観光地なので、
リフトに乗らなくても
めちゃくちゃ楽チンでしたよ〜。

ところで、、
今日は完全に人出不足で、
超忙しくて手が離せず、
ほとんど話しができなくて申し訳なかったです。
用事の内容はさておき、
来てくれてありがとねー。>sさん




No title

しかし、随分長い間ここの存在を忘れてしまってた。
おひさしぶり。(笑)

No title

今はみんなフェイスブックやらツイッターやら
で忙しそうやからな。
ブログは押されてるみたいやし。

便りが無いのは元気な証拠。
しかし、たまには思い出して下さいな。>akiraちゃん
プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。