スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瑞牆山 ピークハントとトークショー

またも瑞牆山ですが、本日はパタゴニアのアンバサダー、
スティーブハウスとジャンボ横山さんのトークショーがメインイベント。

ボルダリングセッションがあるのでそれもぜひ見ておきたかったのですが、
ここのところ、ちゃんと登っていないのもあり
個人的な登山を優先する事に。

それに、、先日の「小さな旅」は瑞牆山を放送していたので
久しぶりに登りたくなったのもありまして、、。

ああ〜〜、、いい天気だ〜。と、この時は何の心配もしておりません。
kanmanboron20120912.jpg

不動沢のルート。いざスタート。fudosawastart20120912.jpg

登山道はつづれ織りになっていて若干距離が長くなるとの事。
今回はクライマーズトレイルを歩きます。
climberstreil20120912.jpg
けもの道ですわ、これ。

で、こんな岩やあんな岩を見て圧倒される。
瑞牆山はとにかく岩がかっこいい。。
iwa120120912.jpg iwa220120912.jpg 
iwa320120912.jpg
ここのあなぐら、寝泊まりができるそうな。

iwa420120912.jpg

山や岩を見て、かっこいいとか美しいとか気品があるなどという感覚であれば
既に持ち合わせているのですが、クラックを見て「美しい」という感覚はまだ無く。

例えば音楽家が「このコード進行は美しい」とか思う感覚に近い物なのかしら。。
いずれクラックをやり始めたら解るようになるのかしら。
なんてな事を考えてみたり。。

その感覚が理解できるようになる時が楽しみでもあり、
また怖いような気もしたり。。
ここに来ると、非現実的な話でも無いような気がして気が引き締まります。。。

さてさて、先に進みましょう〜。

hasigofudosawa20120912.jpg

クライマーズトレイルを抜け、一般道に合流してから不動滝までは
比較的こういった感じで整備されているので迷う事はありません。

そして不動滝。fudotaki20120912.jpg

が、この先の急登、踏み跡を辿りミッチェルを確認しながら歩きますが、
途中で紛らわしい踏み跡が、、。
本物のけもの道のようで、
そちらに入り込んでしまい、道が続いていない事に気が付く。
いけねぇ、、しくった。

元の道まで少し下り、正規の道に戻ります。危ない危ない。
そう言えば以前も、瑞牆山でルートファインデイングを誤る凡ミスをおかしています。。
鬼門か。。

樹林帯の急登をひたすら登り、ピークへ。peakmizugaki20120912.jpg
 oyasuri20120912.jpg etenki20120912.jpg

やっぱり瑞牆山はいい山頂です。。ああ、、頂上っていいなぁ、、。
ここんとこ無かった久しぶりの達成感。。

と、ここで雨がぱらついてきた。。おっとぉ、とっとと下りましょう。

樹林帯なので多少の雨なら影響はありませんが、
降りが酷くなり、道が滑り出すとなかなかに面倒なので
さくさく行きましょ〜。

無事下山。

すると、駐車スペースにて妙にイチャイチャしている白人のカップルを発見。
(こんな所で人目もはばからず何やっとるんじゃ、
ものすごい美男美女で絵になってはいるけども。。)と、呆れていると、
ボルダリングセッションのはずのスティーブハウスでした。

これからクライミングに行くという事で、
もうちょっと下山が遅ければタイミングも良かったのですが、、
またここから付いて岩場まで登り返す気力は無く、、。

夜からのトークショーのみ参加で。talkshow20120912.jpg

このトークショー、
大学生くらいの若いクライマーが沢山。
スティーブハウスとジャンボさんの話は勿論楽しかったですが、
それに加えて彼らのキラキラした目と、知性たっぷりの振る舞いに
おばちゃん感動。。
おばちゃん、大人数が苦手なので、
輪には入らず気配を消して隅っこに居ましたが。。。

「クライマーは行儀が悪い」と、世間から敬遠される事もありますが、
彼らを見ていると、そんな輩ばかりではないと、安心しました。

という訳で、、この日もまたいい一日でした。


おまけ。

tatiokayama20120913.jpg 太刀岡山。

昇仙峡。syosenkyo20120913.jpg


川上犬?雑種??可愛すぎる。。kawakamiken20120912.jpg
しかしこの辺り、犬を放し飼い率が高いぜ。


















コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

Kさん、コメントありがとうございます!
今でも当時の仲間にはリタって呼ばれてるんですよ。
カヨも相変わらずあの調子で元気です(^-^)/

近頃は山を上りながら鼻歌を歌うばかりで、
ちっともステージに立って無いのですが、
そんな風に思ってくれていた人が居たと思うと
あらためてとても嬉しく。。
ありがとうございます。

東北は大好きなので、チャンスがあれば
行ってます。
去年は大変な事がおこってしまいましたが、
私の東北びいきは継続中ですので、
そちらもガンガン頑張って下さいね(^-^)/

ではでは、また気が向いたらコメント下さい〜〜。
ありがとうございましたっ

>Kさんへ リタ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

姉さん!!!(≧∇≦)
懐かしいっ〜〜っ!
そうそう、
ここのブログ内検索で「京都ケントス」って検索してみてください。

ずいぶん前の記事ですが、そのゴールデントリオの
再会の巻です。
当時はまだジミちゃんもステージに上がってました。
しかも、ドラムボーカル(≧∇≦)
今はちょっと事情が違いますが。

しかし、ほんとに、あの頃の川崎は熱かったと、
自分でも思います(^-^)
私も皆様同様、今でもカヨとジミちゃんの大ファンなんです^_−☆

震災から一年半が経ちましたが、
少しづつそうやって楽しく過ごせる時間があると
聞いて、ほんとに嬉しく思います!

姉さんにもよろしくお伝え下さいねっ。>Kさん

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 伝言

もちろん、姉さん覚えてますよっ^o^
Oくちゃんだって、ちゃんと覚えてます。
あの頃はみんなに盛り上げて貰って、
ほんとに幸せでした。

ジミちゃんのデスペラードも青い影も
ワイルドサキソフォンも、
キャンの歌はもちろん、
ワイルドサキソフォンのダンスも、
たまらんです。
私もみんな同様に二人の大ファンだから
思いは同じでしたよ〜〜(^o^)/

何年も経って、自分が居ないトコで話題に登って
最高だったって言って貰えるなんて、
なんて幸せな出来事(^-^)
幸せを独り占めするのも何なので、
キャンにも報告しときましたっ。


ここに辿り着いて、
話しかけてくれてほんとにありがとです!>Kさん

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。