スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富良野岳 北海道

台風が2つも発生しドキドキしていましたが通過し安堵したのも束の間、
すぐに新しい台風が太平洋上に発生。。。マジかよ。。

前日の夕方まで、行くかどうか迷いましたが、、
運を天に任せる事に。。。

満を持して北海道に上陸。

初日は移動のみという事で観光し、翌日。。

tukitounkai2012hurano.jpg

いい天気じゃん。。気温5度。

十勝連峰の麓、十勝岳温泉よりスタート。tozanguti2012hurano.jpg

しばらく林道を歩いた所で、いきなりのエゾシマリスを発見!ezosimarisu2012hurano.jpg
逃げられるかと思いきや、食べるのに夢中らしく、
結構近づいても逃げようとしません。。大丈夫か??おまえさん。。

沢沿いを歩き、硫黄の匂いが立ちこめる
ゴツゴツした岩の転がる分岐点へ。ここから少し急になります。
gotugotu2012hurano.jpg

koyo12012hurano.jpg koyo22012hurano.jpg

急坂を登りながらふと振り向けば、見事な紅葉。。

kamihorotokati2012hurano.jpg

とんがりは100名山の十勝岳。手前が上ホロカメットク山。

このあたりから冷たい風が強くなり、汗ばんだ体がひんやりと気持ちいい。
とか言っているのも束の間、寒いので、
フリースと薄手のウィンドブレーカーを着ます。

やっぱり稜線は風がありますね。そして上富良野岳。1893m。
kamihuranotake2012.jpg

奥多摩の雲取山より標高の低いこの山ですが、高山植物の宝庫です。

kouzansyokubutu2012hurano.jpg

高山植物が好きなのに高山病に弱い方は、北海道に行くといいのかも。

sanpozan2012hurano.jpg

そして三峰山。1866m。
この稜線を歩ける感動。。。いいねぇ〜〜、、、。。。

ryosen2012hurano.jpg

原始が原も見えています。
gensigahara2012hurano.jpg

ヒグマがウヨウヨらしいです。

アップダウンを繰り返し、ピーク。peakhuranodake2012.jpg 1912m。

雲海の上にトムラウシ山やニペソツ山、近隣の山はもちろん、
遠く札幌の方の山も見えています。

しばし景色を堪能しながら休憩。

下りは灌木帯を巻くように行きます。

sawa2012hurano.jpg

地図には水場と書いてある沢ですが、
北海道の水はエヒノコックスが怖いので飛びつきません。

という事で、初の北海道の山、富良野岳。

初めて登るには申し分の無い素晴らしい山でございました。
















コメントの投稿

非公開コメント

No title

先日はナスとか有り難うございました。

それにしても北の山は皆雰囲気が似てますね。

もう山は寒いので紅葉がキレイですよね。 まえだこうようって感じで。

氷点下が待ち遠しいです。。。

Re: No title

先日はびっくりするくらい少量ですんまそむにだ。

私の周りは氷点下を待ちわびる変態揃いで
嬉しい限りです。

しかし、まだ秋。
まだ八ヶ岳あたりは紅葉もこれからな感じなので、
竿ばかり握ってないで
乾いた風を抱きしめに行って来て下さい。
タイムゾーンな感じで。>魚紳さん。

No title

あ、
「乾いた風をなぐって迎えに来て下さい」
の間違いでした。
男子の組合な感じで。
すんまさむにだ。<魚紳さん
プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。