スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金峰山 廻り目平より

前日の雨は夕方には止み、気温がぐんぐん下がった。
翌日。気温マイナス1度。 tentfasuna201210kinpu.jpg

テントのファスナーが凍り付き開かないので、ペグを抜いて脱出。
シュラフにも霜が下りています。
ぬるま湯をファスナーにかけたり、軽く朝食をとりながら地図を見てコースの確認。。。

あれ??コースタイムが思いのほか長いぞ。。悠長にメシ食ってる場合じゃないじゃん。
という事に気が付き、ささっと準備をし、慌てて出発。

start201210kinp.jpg 久々の単独行。わくわく。

廻り目平から西股沢に沿ってとにかく林道を詰めて行きます。

sekaihaboruto201210kinp.jpg あ、ボルトが〜。。

林道終点には草むらのヒーローが鎮座しています。rindosyu201210kinp.jpg
 
rindosyuten201210kinp.jpg 今日はこっち。
砂洗川に沿って南西へ向かい、八丁平から山頂を目指します。

一応、所々ミッチェルは付いていますが、白く色が抜けていたり、数も多くはありません。
ただでさえ道が細い上、秋は踏み跡も落葉に隠れていて見失い易いので、
いちいち地図とコンパスで現在地を確認をしながら歩きます。
アイフォンのGPSは電池の消耗を考え、最後の手段なので電源オフ。
細い川は地形図に記されていないので注意しながら歩きます。
ケルンもありがたい。  

hasennomiti201210kinp.jpg 

そして、大日岩への分岐。
ここからは深い森の仲を歩きます。
広い稜線なので、迷わないように気をつけましょう〜。

dainitihe201210kinpu.jpg hukaimori201210kinp.jpg

turara201210kinpu.jpg つららキラキラ。

気温が低いとデジカメの電池の消耗も激しくなります。
なので、この日はお腹のポケットにしまい、
体温とカイロで暖めながらの撮影です。

iwanotoraba201210kinp.jpg

大日岩の手前をトラバースします。 iwanotoraba1201210kinp.jpg

お隣の瑞牆山と八ヶ岳が見えてきました。八ヶ岳が冠雪!

50000地図ではまるで大日小屋の辺りまで下るように書かれていますが、
実際はそんなに下らなかった気が。。
小屋が森で隠れて見えなかったのか、ただ単に見落としたか。。。

そして、大日岩。
白くていい感じの傾斜で、まるで映画に出て来るどこかの惑星のようです。
dainitiiwayorigo201210ki.jpg 滑ったらアウト。 あ、五丈岩が見えてきた。 
なにげに結構アップダウンあるなぁ〜。頑張ろ!

bunki201210kinp.jpg

分岐点。
ずっと人っ子一人会いませんでしたが、
ここからは富士見平からの登山者も居るので人の気配、やっと先行の足跡を発見。

しかし、、この分岐からがしんどかった!!
別に、なんて事の無い普通の樹林帯なのに、何故か足が上がらない。
一瞬(今日はもうやめようか、、)と思うくらい体が重くなる。
自分でもよく解らないが、こんな事は初めて。。

それでもなんとか足を前に出し、砂払いの頭へ出た途端、、、、この展望!
あれ、、急に体が軽くなった。sunabaraino201210kinp.jpg hujisan201210kinpu.jpg 
富士山が空に浮いているみたいだ。。あぁ、、すげぇ、。

メンタルな部分がとても影響するのね、と改めて実感しつつ、
さて、山頂はもうすぐだ〜。 santyoha201210kinpu.jpg


ここからはお待ちかねの森林限界。大きな石がごろごろ。
こういうのも大好物です。
ストックをたたみ、石を渡りつつ徐々に山頂に近づいて行きます。
昨日の雨は、ここでは雪だったようで、登山道にうっすらと積もっていました。

yukinotoza201210kinp.jpg

五丈岩。gojyoiwa1201210kinp.jpg
今日の目的は実はピークハントよりも、、、アレです。。

そして、ピーク。peakmatigae201210kinpu.jpg

富士山、南アルプス、中央アルプス、八ヶ岳に北アルプス、浅間山方面、奥多摩方面、
360度、文句無しの大展望です。 

さて、腹減った。ラーメン食う。あたち、ラーメン食う。
コーヒーも飲む。飲むーー。
お菓子も食う。あたち、お菓子も食う。

食欲を満たしつつ、じっと五丈岩を眺める。
何人かが登ろうとしましたが、諦めて下りてきます。
むーん、私はどう行けば登れる?どこから登る??

と、、そう言えば、、
(あれ??以前来た時って、頂上から五丈岩ってこんなに近かったっけ??)
いっけね〜、、と、気が付き。。

peakhonmono201210kinp.jpg
ザックを置いて、本物の頂上へ。
さらにすぐ傍の石のてっぺんが本物の本物の頂上。2599m。
さきっちょタッチ。

さてと〜、戻りまして、念願の五丈岩に触っておきますか〜〜。

gojyoiwaue201210kinpu.jpg

たまたまタイミングを同じくして挑戦したキャメラマンの兄さんと
ああだこうだとディスカッションしながらここまで登れ、
写真まで撮ってもらう。結構際どい場所なのに、ありがとうございました。。

左側の肩の部分、kokosune201210kinpu.jpg  ここっすね。


中央のテラスを通っててっぺんまで行けそうですが、
テラスが狭い上に、なんと、凍っています。。
落ちたら大けがなので止めておきます。。ひょう〜、怖ぇ〜〜。

予想したより時間に余裕があるのでたっぷり1時間ちょい休憩。
景色を楽しみ、少し交流も楽しみ、
さてと〜〜、名残惜しいですが下山しますか。

下りは金峰山小屋の方へ。 

kitamiti201210kinp.jpg  来た道を振り返ります。

syakunage201210kinp.jpg kiniro201210kinpu.jpg

最終水場からクサヒロのある分岐点へ。 rindosyu2201210kinp.jpg

今夜もテント。
おうちはもうすぐ。

outi201210kinp.jpg

さてと、、風呂入って、昼寝しよう〜っと。






























コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

ありがとうございます!
近頃は天気にも恵まれ。。
写真で喜んで貰えたら嬉しいです^o^

が。。しかし、、
次のブログでは。。あぁ。。
また、近々更新しますね(^◇^;)

先日は、自由人のお相手、お疲れ様でした〜〜。
全てひっくるめてKとすを愛して下さい(^з^)-☆
プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。