スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川苔山

自分はスタッドレスタイヤではないので、何が一番怖いって、
アプローチするまでの道路です。。

今の時期は日も短く、明るいウチに下山する為には
行動時間がタイトになるので、道路状態を気にしつつ、
出発時間も気にしつつ。。  
冬は考慮すべき事が増えるので、少し大変です。

久しぶりの単独。  川苔山。

8時35分、細倉橋をスタート。

水量が多い川苔谷、滝が沢山あります。

takikawanori12012.jpg

平地の予報は晴れですが、あれ?、、、薄曇り、、。

ま、天気はどうあれ、今日はとことん楽しみましょうね。  

わっ、落ち葉の下に魚が、、

sakanakawanori2012.jpg



霜柱がぐりぐりです。 simobasirakawanori2012.jpg

分岐は東側に取り、百尋の滝はまずはスルー。
帰りに寄ります。

ここからは若干の岩場に切れ落ちた急斜面なので、慎重に。。
滑落事故もたまにあるそうです。


北側の道は陽が当たらないので少し寒いはずなのですが、
この日は気温が8度。アンダー1枚で歩きます。

こんな所に人口堰。石垣フェチにはたまらんです。 じゅるっ。

jinkoukawanori2012.jpg

てくてく行くとほどなく明るい稜線へ。 ryosenkawanori2012.jpg

お?群馬方面に雪山が。
薄い雲も取れてきて、いい天気になりました。よかった。

そしてピーク。 10時40分。

peakkawanori2012.jpg 1364m。

fujisankawanori2012.jpg 
鷹ノ巣に天祖山、雲取山も?奥多摩の山々に囲まれてほのぼの。。。

と、登山道では人っ子一人会わずに静かな山行だったのですが、
頂上に着くと賑やかな一団が。消防士さんの訓練山行のようです。
上官と若い部下の方々のやり取りが微笑ましく、またほのぼの。。

スープとチーズでお腹を満たし、景色を堪能し、さて下山しますか。

11時20分、下山開始。

南西の急坂のルートを行きます。
と、言っても、そんなに急でもないような。。

この道はまた奥多摩らしい、とてもいい道。。
ウキウキします。

足毛岩の肩。 asigeiwakawanori2012.jpg

分岐を東に。
道は細くていい感じです。 mitihosoikawanori2012.jpg

滝。 taki2kawanori2012.jpg

しかし、本当にバリエーションに富んだいいルートですねぇ。

と、ここで、熊鈴の音が??やっと人とすれ違うか??

あれ??犬??ポインター???

正体は鉄砲を担いだ猟師さんと、その犬でした。

こっちがでかい声で歌いながら歩いているのに気が付いてくれない猟師さん。。

この間、イノシシと間違えられて撃たれた登山者が居たので、
わざと落ち葉をがさがさ鳴らして
銃の長さより近くまで近づき、、「すいません、、(道をよけてもらえますか)」、、
と声をかけると、、
「わあっ!!!!」と本気でびっくりされる。

本当なら丸腰のこっちがびびる場面なのですがね。。。


しばらくお話をし、ではさようなら、とお別れ。


そして間もなく、分岐点に合流。

またまた通行注意の場所です。慎重に。

本日のお楽しみ、百尋の滝に寄りましょう〜〜。

わー!思ったよりでかい!!

hyakuhirokawanori2012.jpg

周りが凍ってるし!!うひょー!
一人ではしゃぎます。タイマーとかしちゃったり。

hyakuhiri2kawanori2012.jpg

korikawanori2012.jpg

と、ひとしきりはしゃいで、さて行きますか〜、とザックを背負った瞬間。。

どどどどどー!どさっ!

っと、結構な大きな音が!

やべっ!ガケの崩落か???!!!!と慌てて振り返ると、
滝に着いていた氷が、川に落ちるのが見え、、また興奮。。。おほほほ。。。

びびったぁ、、、、。。。。


難を逃れたような気分、と言うか、
別に難でも何でもなかったのに勝手にビビってしまっただけですが、
下山しましょか。

owarigakawanori2012.jpg

終わりが近づくのは寂しいです。

と、センチメンタルな気持ちで歩いていると、ずるっ。
危うく谷に滑り落ちてしまうところでしたがセーフ。

karehakawanori2012.jpg

整備された階段は、この季節は落ち葉に隠れてしまっているのでかえって危険です。
危ない危ない。。

あと、枯れ葉の下に隠れた氷も危険です。
アイゼンは要りませんが、ひやっとしたシーンが一度。

気をつけましょう。

そんなこんなで美しい沢を何度も覗き込みながら13時27分、
本日も無事下山。

ただいまね。 tadaimakawanori2012.jpg


近頃ちょいとありまして、どうも冴えない日々が何日か続いていたのですが、
山に入れば浄化され。。。

山にはいつも救われている私です。





















コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

初めて岩手に行ったのが3月だったのですが、
水墨画のような世界に一目で恋してしまいました。。

東北の山はこちらとは植生が少々違っているので
新幹線から見える景色も、東北道から見える景色も(微妙に違いますよね〜。)
本当に宮沢賢治の童話の世界そのものに見えるという事もあり、
私にとっては特別な場所です。。
また行きたいのぅ、、。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

えっ????
マジっすか???

って、何が??


奥多摩方面へは今年もしょっちゅう出かけましたよ。

自分の車で通る事もあれば、違う場合もありますが、
近頃は登山に加え、御岳にも友人とよく行くので
ステップで走っている時は
(tさんとすれ違っているかも??)と思いながらいつも運転しています〜。

先日は御岳帰りの運転中に、Nライフ関係の方から電話があり、
「今、すれ違ったよ〜」との事。

どこに行っても行動がバレバレです。

いろいろたいへんかもしれませんが、
健康であればなんとかなるので、
体調に気をつけて年末年始お過ごし下さいね!

プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。