スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天狗岳 敗退

月曜日から降り続いた雪で、八ヶ岳はもっさもさ。
仲間から八ヶ岳敗退情報がいくつか入ってきている。
ラッセルだなぁ、、。こりゃ。



元々「前乗りついでにどこか登れそうなら登ろう」という話だったので、
少し早めに出発するも、この曇天では気が乗らない。。

kusahirobuskawakami201302.jpg

今日一発が本番としてだったら頑張りますが、
明日の為に体力を温存しておきたいのです。
今日はのんびりやり過ごしましょう、と言っていると、あら、キツネ。

kitunekawakami201302.jpg

内地でこんなにハッキリとキツネを見たのは初めてなので大興奮。
福島で見た時は夜だったのでよく見えなかったが、
これは嬉しいハプニング。

そして、この雪では林道も危なく、
予定を建て直すべくミーティング。
しっかり除雪のされている稲子湯に滑り込み。

明日は晴れますように。。。

inagoyutengu201302.jpg

翌朝。標高1500m付近の気温、マイナス16度。
山頂付近の風速予報は20m。
今日は風と低温がネックですね。

tenkitengu201302.jpg

6時55分スタート。

moritengu201302.jpg


どうやら前日にしらびそ小屋に泊まったパーティが居るようで、
トレースがあります。これはありがたい。。

teresuaritengu201302.jpg

私はいつものごとくスノーシュー。
装備が他の人と違うと、もちろんペースも違ってきます。
スタートがちと遅かったのに加えて、
自分はメンバーより確実にペースは遅いはずなので、
休憩は写真を撮るくらいで、ひたすら黙々と歩き続けます。
本気出してます。ナメてません。

なんとしてもピークを踏むんだ。
と、それの為に体力を無駄使いしないように気をつけながら。。。

kagetengu201302.jpg

ひたすら歩く。

sirabisotikakutengu201302.jpg

あ、誰かの足跡。 

asiatotengu201302.jpg

肉球フェチにはたまりません。

そして、8時45分、しらびそ小屋到着。
いいペースなんじゃない??

midoriiketengu201302.jpg

恐らくここはみどり池の水面なのですが、
もちろん凍っています。

midoriike201302.jpg

ここまではどうやらつぼ足でも大丈夫だったようですが、
ここからは雪が深くなってきましたので
やはりスノーシューは脱げません。

さて、コーヒータイムは後回しにして、上を目指しましょう。



2100mあたりで先行のパーティに追いつき、
連れ立って歩く形になりますが、
これはまた結構なラッセルです。。

rasserutengu201302.jpg


なかなか先に進めず、時間ばかりが過ぎて行きます。。

傾斜がきつくなり、夏道では岩場になるあたりからは
条件によっては雪崩れる地形なので、
あまりモタモタしたくは無いのですが、
一歩踏み出してはずるっと滑るので、ピッケルでしっかり雪をとらえながら
山肌にしがみついて少しづつやっと登って行く感じです。

もくもくと登って行くうちに(とりあえずピークは無理としても
中山峠までは行くぞ!)と燃えていたのですが、
下の方から「もう下りようー!」との声が。

ここから先はスキーでは面倒なそうで、
途中で待っていてくれるという事になり
一人でも「もう少し頑張る。」と、
ガッツを出してはいたものの、。

この状況で仮に落ちてしまい、
後々迷惑をかける羽目になったのでは最悪だ、、

でも、あと少しなんだ、頑張れば行けそうだし、、、

と、判断を迷っていると、
黒い雲が西からどんどん流れ始め東天狗に覆い被さってきた。
上は相当風が強いな。。

、、、苦渋の決断。。
「下ります。。」。。敗退宣言。。

ああ、、もう、あと稜線まで20mも無いのに。。
そこに見えているのに。。
悔しさが体中を駆け巡ります。。。


11時35分、ここで引き返し。

haitaitengu201302.jpg

ここはまたピッケルと木を掴んでゆっくり下ります。


下でテラスを作ってくれていたので、そこで休憩。

悔しさは苛立ちに変わり、
「とんだチキン野郎だ!」と、自分をなじりますが、
いつまでも引きずっていては面白くありません。

とりあえず腹も減ったし、食って仕切り直しだ、と、両手にパンです。

wpantengu201302.jpg

稲子岳南壁と、西上州の山々を眺めながら。

腹が満たされてくると、自分がチキンだった事が
むしろ賢明だったのでは、、と冷静に思えるようになり、
そういや昨日、何も知らない母親から「どこかで遭難してないかね?」
とメールが入っていた事を思い出したりして、
(ナイス、チキン野郎、、)と、自分を褒めてみたりした。


今の実力を思い知らねばならない場面だったのです。


そう割り切ってしまうとなんだか清々しいぜっ!
と、しみじみ思いながら下山開始、しらびそ小屋に戻りまして、
行きにスルーしたドリップコーヒーを飲みます。ああ、、美味いねぇ。。

sirabisotengu201302.jpg


そして、ゆっくりゆっくり15時20分下山。

先ほど一緒になったグループの中で、山頂に向かった人達も無事下山。

結局、強風とタイムアウトの為にピーク目前、50mの所で敗退したそうな。

そこまで行って敗退の決断をするのも、さぞ勿体なかっただろうな、、と、
思いながら、むしろ、そこで諦めるのもまたかっこいいような気がし。

もしかしたらすぐにリベンジするのかもしれないしね。
いやぁ、、余裕があるなぁ、、。
自分にも、、、そんな余裕が必要だなぁ〜。。と、再び反省。





帰りの空はとても美しく、

yuguretengu201302.jpg

私をフッたあんちきしょうは?、、、と振り向くと、
冬型の雲とラブラブでありました。

tenguhurare201302.jpg




































コメントの投稿

非公開コメント

No title

敗退って素晴らしいですよね。

この前なんか、ラッセルクロウがラッセルに苦労してましたよ。

俺たち、 ⇧ HIGH-TAIS ⇩

Re: No title

 冬はハイタ〜イ〜、疲れで歯イタ〜イ〜、
雪にアイタ〜イ〜、またもハイタ〜イ〜、
タイでムエタ〜イ〜、したらムレチャ〜ウ〜
チャイナヒマラヤランデブー!


⇧ HIGH-TAIS ⇩



YOU!







>kiryu さん。




管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

ジャズフェスですか^_^
すごく楽しそう♪♪♪
そんな機会もまたあるのかなぁ〜。??



それにしても、
初恋の人のそんな記事を読むとは、
結構きついですね。。
でも、無事でよかった。。。。

近頃はほんとに春っぽくなってきてしまい、
もしかしてもう次のシーズンなのかな。。
と、淋しくもなったりしてますが、
次は次でやる事があるので筋トレしてます
♪( ´θ`)ノ

そちらも、ウエストくいくいして
輪を広げて楽しんで下さい(*^^*)
プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。