スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

棒の折山 2013

ほぼ仕事だったGWはあっという間に過ぎ去る。

今日はお休み。

とても風が強いけれど、この日を逃したらまた仕事。

気が向いたらどこか行こうかな〜と、用意していたザック。

またもやいい時間にネコに起こされたので
そのまま着替えて車に乗り込む。

うーん。。。

そうだな〜、、、あっ、棒の折山だな。

今日は白谷沢のルート。
名栗湖湖畔の駐車場に車を停め、スタート。8時10分。

pstartbounoore201305.jpg

もちろん、こんな気まぐれなので単独。。

startbounomine201305.jpg


スタート地点にいきなり水場がありますが、
ほんのちろちろ。 汲める程は出ていません。

道は分かり易く、歩き易い。

と、毛玉好きにはたまらない毛虫発見。

kemusibounore201305.jpg

頬ずりしたいけど、多分刺される。

この季節の空気の色は格別です。

kuukimidobounore201305.jpg

そして、ここからが白谷沢の真骨頂。

どんどん沢を詰めて行くと滝やゴルジュが出てきます。

takibounomine201305.jpg 

 gorujyubounoore20135.jpg

ちょっとした鎖場があったり、ちょっと楽しい。。むふ。

そして、沢が細くなり、とうとう無くなった頃に林道に出る。
林道を横切り東屋のある方へ向かうとまた山道に入ります。

makimitibounomine201305.jpg

尾根を巻くように登ると岩茸石に出る。9時10分。

どどーーん。

iwatakeisibounomire21305.jpg

テンションが上がります。

そして、穏やかな尾根道へ。

sakurahanabirabonoore201305.jpg

gonjiribounomine201305.jpg ゴンジリ峠

onebonoore201305.jpg


そして、9時35分。ピークに到着。 969m。

peakbonoore201305.jpg

kesiki1bounomine201305.jpg

kesiki2bonoore201305.jpg

kesiki3bounomi201305.jpg


隣りの武甲山、大持山、子持山、蕨山、
遠くには武尊山、男体山、筑波山、谷川岳、
足下には西武球場、そしてその向こうに新宿のビル群も見えています。
こんなに低い山のに、展望最高。



それにしてもすごい風。


遠くからゴーっっ!という地響きのような音が徐々に近づいてくる、
順番に木々を掻き回しながら山を駆け上がり、
間もなく土ぼこりを巻き上げて、それを人間に叩き付けて行く、
そんな感じでしょうか。

まさに風の又三郎です。

山頂はものすごく広いので、吹き落とされるという事は無いですが、
いかんせんザラザラで、仕方有りません。

食べようと手に持っていたチーズを口に入れると「じょり」
アイスコーヒーの水筒に口をつけると「ざら」。

そんな調子なので、カップラーメンはまた後で食べる事にして、
30分程うろちょろしてから下山開始。

山頂にあったこの葉桜も
今日で全部吹き飛ばされるのでしょう。

sakuranokibounoore201305.jpg



下りは先ほどの岩茸石から川俣へ。



実は、あの岩があったのと「川又」という地名のイメージで、
この先の道はさぞかし岩イワな道なのだろう〜、もほっ、
と思ってこちらに進んだのですが、全然そんなのではなく
普通の尾根歩き。

kawamatahebounomine201305.jpg

まあ、同じ道を歩くよりも
いろいろと参考になりますのでヨシとするか。

振り向くと棒の折山の山頂が見えております。

bounotyobounomine21305.jpg

ほんとにいい山なのです。

tutujibounomine201305.jpg


10時35分。川又の駐車場に到着。

さて、ここからまた白谷沢の駐車場へ
車道を登り返さなくてはいけないので
しばし休憩といきますか〜。

syagabounoore21305.jpg



ツツジやシャガ、藤の花、この季節はなんだかんだと
ついつい奥武蔵や秩父に来てしまいます。

hujibounoore201305.jpg


そして、、駐車場に到着し、
昼ご飯のカップラーメンを食べようと
準備をしていると、自転車に乗った人懐っこいおじさんに
声をかけられ、なんとなく流れで一緒にそこへ座り込みランチタイム。

私もたいがい外面がいいもんで。。


最初は正直、一人の時間を邪魔されたような気がして
少し煩わしいような気もしたのですが、
話をしていると、とても自由な人で。。
行き当たりばったりな旅の面白い話を沢山してくれました。



あんなに人懐っこい人も珍しいなぁ〜、、と、
なんだかほっこりした次第です。























コメントの投稿

非公開コメント

No title

棒の折って何気にいい山ですよね。

特に白谷沢のゴルジュの所なんて最高です。

それにしても山頂のお写真は自然体ですね。 色んな意味で。

また誘ってくださいね。 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

早速の写真、
ありがとうございました!

そーです。
今、ちょうど仲間が立山に行っているので、
写っている雪山を見て、ムズムズしました。。

春山に行っておいてなんなんですが。。


近くに住んでたら、
山に一緒に行きたいんですねー。。

でも、麓でも山は山。^o^
登らなくても見るだけでも楽しいですよね
(≧∇≦)
どんどん見て下さいっ!



Re: No title

押忍!!!
江田島塾長殿!!

お休みの日に私が誘ってしまうがために、
毎回天気が悪くなってしまうようで、
大変に申し訳なく思っております!
やはり、ここは切腹でしょうか!??

卍丸と塾長殿とのBBQに水をささないように
魔力を封じたいと思っております!

っていうか、塾長って、あなたでしたっけ?
Tさんじゃありませんでしたっけ?

設定がグダグダなので、
しっかり決めてから出直して下さいっ!


ところで、そーなんですよ〜〜。。

何気にいい山なんですよね。
ガイドブックに載っている理由がわかります。。

で、以前は南側からのひたすら急登ルートから
行ったのですが、棒の嶺は沢沿いのルートが
面白いんだ、と皆が口を揃えて言うので、
いっちょ行ってみるか、、と、以前から
機会を伺っていました。

ってか、いろんな意味でってどんな意味ですか?
自分撮りタイマーって、タイミングわかんないんすよー。>男塾江田島平八様
プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。