スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲斐駒ケ岳 アルプスやめらんねーっ!2。

木曽駒ケ岳下山後の会議により、
翌日予定していた御嶽山、
中央アルプス近辺は
天候不良のようなので変更に決定。

あれこれ検討した結果、
半ば騙された状態で甲斐駒ケ岳に
決定。

騙された、というのは
「標高差900ちょい」という部分で、自分は今、五月に切った靭帯のリハビリ登山という事で、
標高差はせいぜい800前後に抑えたかったのであり。

登りながら気がつく自分も悪いのだか、この甲斐駒ケ岳、累積標高差は
1180m。。
だいたいの目標を大きく上回っておりました。。

ま、登れたからよかったけど。

こちらもマイカー規制があるので、
戸台の駐車場からバスに乗り換え北沢峠まで向かいます。



ひたすら樹林帯を登る。
木々の間からお隣の仙丈ヶ岳が。



尾根に出まして、双子山に到着。





双子山、2649m。

日本第二位、北岳も見えています。



鳳凰三山と富士山も。



やはり今日も雲がどんよりと多いながらも遠くまで見えておりますが、とにかく今日の予報はあまり良くなく、
不安材料はたっぷり。

雨が降り出す前に登頂したいのです。
カミナリ注意報も出ていましたし。。

今にも降りそう。。

急ぎますが、怪我をしては元も子もないので、慎重に行きます。
いざとなれば雨具を着る。

そんなこんなで駒津峰到着。
2752m。



甲斐駒ケ岳が美しく見えております。



超!!!イケメンです。うっとり。。

さて、イケメンを制覇するには
楽はできません。

ここからが核心、お楽しみ部分。

男は黙って直登コース。ぐふ。




いやー、しかしながら、
アップダウンの後でのこの
全身を使って登る岩場は、
なかなかに息が上がります。

空が暗く、雨の不安もあり、
だいぶ急がされているのですが、
やみくもに登っても仕方ないので、
息を整えながら冷静に、
着実に登って行きます。

しかし、この岩場で雨には遭いたくないものです。。

なんやかやで、無事登りきりまして、
この猫背と苦笑い。

はぁ。。。。
着いたーーーっ!!!!



甲斐駒ケ岳、2967m。









恒例の一番高いトコ立ち。


お陰さまで雨に降られる事も無く、
青空も増えてきて、明るくなってまいりました。
しばし休憩をし、景色を堪能します。

私にとっては初めての、
南アルプスのスター選手が
この甲斐駒ケ岳になりました。



さてと。。。

下りは巻道コースの砂場を行きますかっ!
岩場から見ていて、とても美しく感じたので、ここも歩いてみたかったのです。。





摩利支天は、今回はスルー。




そして、分岐点に到着し、
どちらに下りるか迷うトコですが、
天気が良くなったので、沢に下りるのも勿体無く、もう一度、この明るい日差しの中であのハイマツの道を歩きたかったので、ピストンにする事に。






そして樹林帯へ入ると







間も無く北沢峠に到着。

前のバスに乗り切れなかった人達の
おかげで臨時便に間に合いまして。
その方々には申し訳ないのですが、
思わぬラッキー。。


甲斐駒ケ岳、とてもいい山でした。。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。