スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

燕岳

今回も台風に踊らされ、前日まで決行を決めあぐねておりましたが、なんとか土砂降りは避けられそうなので、
予定通り山に向かう事に。

燕岳は人気の山なので、駐車場に停められるか心配。。
10時半集合で長野に向かいますが、なんと、まさかの凡ミス!
豊科インターで下りると思っていたところ、インターの名前が安曇野に変わっており。。。
知らずに通過。。
いや、知っていました。。
以前、変わった事を小耳に挟んでおりました。。うっかり。。

そんなミスもありましたが、無事、
中房温泉第一駐車場に停められ、3時間ほど仮眠。
キャンピングカー万歳!!



という事で、およそ8時半頃出発。

天気、悪くないね。



中房温泉が登山口。



で、このルートは北アルプス三大急登っつー事で、いきなり急登が始まります。
山を始めたばかりの友人も一緒なので、自分にしては珍しく、ちゃんと
こまめに休憩を取ります。

第一ベンチ。



平日ですが、そこそこ人がおります。

少し息抜きな尾根道。











紅葉を撮りながら休み休み歩きます。





急登を第二ベンチ、第三ベンチと登り、次が合戦小屋かと思いきや、富士見ベンチが挟まりの、やっと合戦小屋到着。



ここからは優しい登り。
だんだんガスが濃くなり、展望は無くなってしまいました。。



槍ヶ岳が見えるはずなんだけどなぁ。。

おてんしょうプリーズ、
おてんしょうプリーズ、
と、しつこいくらいに言いながら
一人で悪ノリ。

ガスの中、合戦尾根をてくてく登ります。しかし、いい道だなぁ。。

と、燕山荘の直下あたりで少しガスが取れてきました!



山荘のある稜線に出た途端、
みんなの歓声が上がります!

期待してなかった展望がそこに広がっておりました。

槍も穂高も水晶も鷲羽も
おてんしょうプリーズも、
東側の展望が素晴らしく、
しばし感動。










今日は燕山荘泊まりなので、チェックイン。



実はこの四日前に扁桃腺を腫らし、
発熱していたのですが、咳がまだ残っています。
チェックイン時に急に激しい喘息に襲われ、窒息して死ぬかと思いました。。コンコン。。

そんななので、この時点で山頂を踏んでおけばよかったものの、そんな頭にならず、昼飯を食らい、咳止めを飲み、昼寝になだれ込む。



ケーキフェアをやっていて、おかわり自由ですが、どうしてもモツ煮を食べたいので、通常のケーキセットとモツ煮、という組み合わせをチョイス。

5時頃に仲間に起こされ、まだまだ寝れそうですが、とりあえず起きる。。

夕飯はハンバーグ。



知らない者同士、テーブルを囲み、
話しをするのもオツですなぁ。

夜中12時半頃に外に出てみると、
星空と安曇野の街明かりが。。

やっぱ、山の上の空はいいなぁ。。

翌朝。



期待とは裏腹にガスが多いです。

朝食のテーブルにて、
oちゃんの親友と偶然に相席になるという出来事があり、思いっきり盛り上がるが、ネガティブな彼女は
「こんな所でヤツに会うなんて。。
こんな偶然、凄すぎる。。
もうすぐ私、死ぬんじゃないか?」と、心配しております。
確かに、。。
怖いくらいによくできた偶然だ。

親友さんグループは、
ガスなので山頂を踏まずに
下山するとの事。

が、しかし、
ここまで来てピークを踏まないのは
もったいない。。。貧乏性の私。。

おらっ、行くぞっ!





燕おじさんにもイルカにも会え、
ご満悦なsちゃん。



そして、ピークはガスの中~。
ま、いいです。
別にぃ、ガス好きだしぃ。

とりあえずおどけます。



燕岳。2763m。


戻り道、
自身、初めての雷鳥に会う。



こんな人の多い山で見れたのもガスのおかげ??
と、思っていると、目の前に幻想的な光景が広がり始め、山肌が見えて来ました。。



ああ。。あれがきっと
ガンダーラなんですなぁ。。

ゴダイゴを歌いながら歩きます。






もう少し待っていればガスが取れるかも?と、期待しつつ、カフェ・オ・レを飲みながら待ちますが、



ガンダーラはほんの少し姿を現しただけで、隠れてしまいました。




下りは合戦小屋あたりから小雨に変わりますも、そんなにたいした事にはならず、あっという間に下山。

急登とは言え、難しい箇所の無い
穏やかな道なので、
とても登り易い山でありました。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

カフェ・オ・レ。
カフェ・ラ・テではなかったけど(‐‐)なんで言いなおされたんだろ?

おてんしょうプリーズのあたりは槍様プリーズでもあったらしいです。
十分な天気で満足しましたが
やっぱり次は快晴希望だよね!

Oちゃん、まだ死なないで欲しいよ。(←当たり前!)
だってこれからもっと素敵な景色見に行けるもんねぇ♪
また、トリオでお願いします<m(__)m>

Re: No title

それは、ラテと・オ・レは違うので
正してくれたのです。
素直に受け止めましょうー。

まー、でも、雲が多いながらもちゃんと
姿を見せてくれたから、ヨシとしましょうー。
雷鳥も見れたし、最高ではないですかー!

oちゃんは翌日、ほんとに婆さんみたいに
腰曲げて歩いてました。
長生きしてもらわねば。

またねっ!
プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。